2014年12月09日

クロが

昨日の晩、ニヤは帰って来ました。家出たのが土曜の午前、戻ってきたのが月曜夜9時でした。何か外で物音がすると思って、裏の窓から「ニヤ」「クロ」と呼ぶと、ニヤがにゃーと返事をしました。カニカマ持って娘と見に行くと、隣の家の床下にいるのを発見!娘がおびき寄せること20分。ようやく出て来て、捕まえ帰って来ました。

でも、クロが帰って来ません......。今日もずっと時間あるときに探しているのに気配なし。あ、黒い猫!と思って見に行くと、3回ともクロスケ。あとはひなたぼっこしてるミー。クロはどこにいるのでしょう。早く帰って来て欲しいです。
posted by kmy at 20:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

帰って来ない

ニヤとクロがまだ帰って来ません。土曜の午前にいなくなって、その日は隣の家の床下にいるのを見たのですが、昨日と今日はいる気配を感じません。日曜朝は雪が積もって、足跡がありましたが、どれがニヤとクロのかは不明。昨日は野良のクロスケが晴れた土手で、ミーが石段でひなたぼっこしてただけ。今日はクロかと思ったらまたクロスケ。行動範囲が広いのはたぶんクロスケ。床下も全然いないし。どこにいるのかなあ。さみしいです。
posted by kmy at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

またまた

昨日雪が降ったので、雪かきしている間に猫が家出しました。一日半帰って来てません。いつも鍵かけているのに、家の周りの雪かきで、子どもが家にいて油断しました。早く帰って来ますように......。
posted by kmy at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

初雪

5DB7133D-9F4E-4ACA-B2ED-9263EDA0441E.jpg

強烈な寒波襲来とのこと。朝起きたら雪が舞っていました。地面へもうっすらと雪。だんだんと風が強まり、舞ってると思っていた雪が吹き付ける感じになりました。近くの街頭温度計は、お昼の12時頃0℃を指していました。本当に寒い。

昨日の雨や今日の雪を予想して、日曜日にタイヤ交換をしたのですが、昨日空気圧を見てもらった際に、タイヤのピンがうまくはまっておらず、空気が抜けたのにきちんと気づかず、タイヤ一本ダメにしてしまいました。ちょっと音が大きいけどもタイヤ替えたから?と思ってしまったのです。前にも釘刺してダメにしたのに、全然生かされてなくて...。次は気をつけてと思いますが、次はないように、事故にならないように、気をつけねば! 反省した雪の日。
posted by kmy at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

最近の語学学習

このところ、学習論の本を読みつつ、外国語の学び方や習得過程など考えている。まず、母語と第二言語を習得する過程は異なることや、オーディオリンガル法はポイントとなる例文暗記と練習で、反復学習を繰り返す方法。コミュニカティブ・アプローチはコミュニケーションを重視し、状況における会話として話される内容に重点を置いている学習法ということのようです。オーディオリンガル法はあまり効果が上がらず、コミュニカティブ・アプローチ法が取り入られられているこということらしいです。母語を確立させることの大切さや、発音は幼児期においてはネイティブ発音に近くなるものの、大人になってからの発音はネイティブ並みにはならないこと。あれこれと読んだのですが、自分の学習は完全に使う機会がなさそうで、コミュニケーションすることなく、そうなると身につく感じではないかもしれないと思います。ただ、黒田龍之助さん著書を再読しつつ、楽しむ語学でもいいよね、と思います。少しは前進してると思いつつ。
「言語はどのように学ばれるか――外国語学習・教育に生かす第二言語習得論」(パッツィ・M.ライトバウン、ニーナ・スパダ著 白井恭弘、岡田雅子訳 岩波書店)
「外国語学習の科学」(白井恭弘著 岩波新書)

最近は、ラジオ講義を楽しんでいます。10月からの応用講座は、ちょっとした文学講義のようで、内容自体やその背景知識、似たような表現のニュアンスの違いなど、興味深いです。
ラジオまいにちロシア語 木・金応用編「ロシア語大好き!12の扉」

 外国語ではないですが、岩波ジュニア新書の「日本語のニュアンス練習帳」(中村明著)は面白かったです。「故郷、郷里、出身地はどう印象が違うか」や川端康成の「雪国」冒頭のイメージは英訳できないとか、その微妙な違いがわかる感覚は日本語を母語とする日本人だからなのだなと思います。日本の小説を楽しめる幸せはあると思いつつ、外国語でこの微妙なニュアンスを感じとるのは至難の技だと改めて感じました。


posted by kmy at 22:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

蜂の巣

蜂があまり通わなくなったので、巣を落としました。
85FB77EE-D982-4BFC-A2DC-C6B16D6BDD80.jpg

巣の材料は木の繊維と唾液だそうですが、こうして綺麗に作る能力を生まれながらに持っているというのはすごいことですね。

posted by kmy at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

フルート

今月初め、地区のお祭りがありました。子どものダンスなどのちょっとした催し物があります。今年はそこでフルートをほんの少し吹きました。
進んで披露というのではなく、誰か何かやってもらえないかなという感じ。安易に受けたのです。全然練習してないから、娘に伴奏してもらって、吹けるとこだけで頑張るという予定。選曲で娘と揉めました。童謡とかでいいんじゃないかと思ったのだけど、そんなのはダメだと言われる。じゃあ娘が弾ける曲に合わせるというと、そんなさらっと弾ける曲ないよと言われる。娘の楽譜を見て、「千本桜」のピアノバージョンがなかなか良かったのでそれやろうと言うと、それは難しいしキーボードじゃペダルないから無理と怒られる!険悪ムードで全然決まらない何日かを過ごして、結局「千本桜」と「let it go」をやることに。でも、わたしが下手過ぎて発表危うし。少々検討し、演奏はどちらも1番のみ。わたしはサビのみ。建前は長いと飽きるから。本音は間奏や転調が難しいので、1番だけ集中練習で仕上げることに。一週間猛練習したのですが、間違える、同じところを間違える。あーどうしようと思いつつ、サビだけだし頑張らねばと。迎えた本番は五分足らずですが、なんとか間違えることなく終了。どどっと疲れました。まあ、娘が聞けるレベルの演奏で、わたしは添える程度でしたが。
「千本桜」は吹いていても楽しい曲です。発表終わってからは全然やって無いのはダメですね。娘は終わってからも練習しています。そのやる気が羨ましい。わたしもやらねば。
posted by kmy at 21:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

東京

子どもからお土産。
CF9AC077-BE05-4D68-B22C-11F4C54AE436.jpg

修学旅行は東京でした。こういうのは自分で買うことないなあ。ザ・東京という感じで好きです。本人曰く「東京でしか売ってないものにした」そう。大事に飾っておきます。
posted by kmy at 22:11| Comment(5) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月03日

「カタツムリの法則」

先月から読み始めた"Закон улитки"「カタツムリの法則」はのんびり読書で9/106章、68/528ページ。期限は決めて無いものの、もう少しペース上がらないと。知らない単語と忘れた単語が多すぎる。これはよく見るけど意味は忘れたというものも結構ある。タイトルの意味する内容が判明して、面白くなってきたところ。前作は謎が謎のまま終わった感があり、その決着が語られるか気になる。新たな謎も出てきて、どう繋がるのか楽しみ。

バーコードをスキャンしたらAmazonで売っていることが判明!

Zakon ulitki
Andrej Kurkow
Amfora ( 2005-11-23 )
ISBN: 9785942789671


結構お買い得。わたしはMP3の朗読CDも買ったので雰囲気は楽しんでます。

わからない単語をWEB検索したところ、Google bookで売っていることも判明! 310円でした。でもPCで無いとよく見れない上、WEBページのテキストなので読みにくい感じ。選択するとGoogleの翻訳も使えてサクサク読めそうな気もするけども、細かい熟語とかはうまく検出出来ないかも?もっと読めるようになったら、Google bookで試し読みして購入とかできると便利そう。今のところこの本が終わる予定が立ってないな。がんばろうっと。
posted by kmy at 21:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

"ЗАКОН УЛИТКИ"

記録的豪雨とか、台風とか、天気ばかり気になるこの夏。「ペンギンの憂鬱」原書再読が終わったので、"ЗАКОН УЛИТКИ"を読み始めました。いちいち辞書引いてメモ取っているので、時間かかります。訳もないから、誤った勝手な解釈したり飛ばしたりするかもしれません。続きを読むという目標達成に向けて頑張ろうと思います。
DE806675-BF3D-4465-B711-1C8B68F5EB74.jpg
posted by kmy at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする