2015年06月04日

読了!!!

5/31(日)「カタツムリの法則("Закои Улитки")」、読了しました! この本を読むにはロシア語を勉強しなくてはいけないと思い込み、教本、テレビ、ラジオで独学すること数年。読めるレベル目指してとりあえず原書とCDを買ったのが2012年の晩夏。ようやくです。ささやかな目標が達成したことと、続きがどうなってどう完結するかを読み終えることができ、ひとりでじんわり感慨深い気持ちになりました。

最初の邦訳版「ペンギンの憂鬱」は謎めいた雰囲気の中進む物語で、それぞれが孤独であり、孤独同士が一緒に暮らしている感じ。主人公ヴィクトルが書く追悼記事や死の報せ。様々なことが散らばったままラストを迎えて、ヴィクトル、ペンギンのミーシャ、一緒に暮らすことになったソーニャとニーナ、それぞれどんな続きが待っているのか、本当に気になっていました。読むためにロシア語とその時は思ったものですが、英語版があることを知ったのはロシア語学習を始めてから。「欧米各国で絶大な賞賛」と邦訳版の帯に書いてあるのだから、英独版があって然るべきと考えれば英語版を買っていたかもしれません。結果的に原書であるロシア語で本を読んだということは、よかったなとしみじみ思います。幼児のソーニャとの会話はわかりやすく、生き生きとした感じでした。舞台は旧ソ連の国々であり、時代は現代。実在の通りや店などをロシア語で読むことができ、馴染みの事物がロシア語表記で書かれているのがまた面白かったです。車のメルセデスやレクサス、スポーツのアディダス、マクドナルドにハッピーセットも出てきました。ウクライナや旧ソ連の国について検索して写真をみたり、旧ソ連圏固有のものを調べたりするのも面白かったです。傷口に塗る日本で言えば赤チンのような薬(だとわたしは思っていますが)緑の薬があったり、「ルスランとリュドミラ」(タイトルしか知らなかった)や鶏の足の上に建った小屋のようという描写(子どもの頃愛読していたロシア民話の有名な小屋)、チェチェンのことやダゲスタンというロシア連邦内の共和国が出てきたりと、ウクライナ〜ロシアの様々なことが描かれています。初めて知ったことも多く、興味も湧きました。
色々な描写ももちろんですが、やはり前作で散らばったそれぞれの登場人物のその後も面白かったからこそ、読み終えることができたと思います。この続編だけでも伏線が散りばめられ、これがこういう意味を持って続くという物語の流れに引き込まれました。

再読はCDを聞きながらやろうと思います。膨大な単語をメモしてあるので、今度は辞書なしで読める予定です。

それにしても最後の方は辞書引きながら「この単語はもう何十回も引いている」と感じる単語多数でした。確かに以前引いた覚えがあり、辞書の見開きどの辺りにかいてあるのかは思い出すのに、意味だけはおもいだ出せないという自分の記憶のメカニズムに苛立ちを何度も感じました。単語の音と意味はとりあえず別々に記憶されるようです。これも興味深いです。

posted by kmy at 21:33| Comment(4) | TrackBack(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

3月

新年度から子どもの進学に伴い、いろいろ生活リズムも変わりそう。準備も大丈夫なのか心配。引越したりはないけども、慣れない通学に慣れるのはすぐなのかもしれません。

10月から欠かさず聞いていたラジオのロシア語講座も3月で終了。基礎編もかなり難易度高かったけども、会話することがないわたしには「あなたにも読める三つの文章」、いい内容でした。さらに応用編は文学を読んだり、歌を読んだりですごく勉強になる講座。ロシア語学習を兼ねた文学講座でした。これはもう一度復習しなくては!欠かさず聞いていたけど、多分全然覚えていないことは確実です。一文に関係詞が複数回出る文章の訳はとても参考になります。

クルコフの「カタツムリの法則」はペースダウン。主人公(ウクライナ人)はチェチェン語がわからないが、チェチェン人はロシア語がわかる。ダゲスタン人はまた別の言葉を話すようだし、世界にはいろいろな言葉があるものだと感じる。実生活に迫られると、多数派の言語は相応にできるようになるのだろうと、この本を読んでいて感じる。わたしみたいに、必要に迫られてないとすぐ忘れる。会話は全然できないな。本のニュアンスを読み取るのが目的で、それは本当に楽しいけれど。

そう考えると、母国語多くの本が読めるのは幸せだと思うものです。日本語だからさらっと読んでいるけども、じっくり考えて読んでみると、日本語の本だって意味もわからず読んでいる部分が相当あると感じているこの頃。
posted by kmy at 14:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

『カタツムリの法則』50章まで

 "Закон улитки"「カタツムリの法則」途中経過。やっと50章まで読了。エピローグ入れて50/108、279/527ページです。最近ちょっとだけ読む速度が上がった、と思う。単語を一括で調べて、章毎の通し読みで読書。日本人にはなじみのない地理や文化があるので、ときどき調べたりしては、全然知らないロシアのことが分かったりして面白い。「カフカス人のようで、チェチェン人でない」と書いてあるが、カフカス人とチェチェン人の区別がよくわかない。これは調べてもわからなかった。チェチェンは紛争で有名な地域だが、名前だけしか知らなかった。パイプラインがあることなど描写されていて、ロシア語ではなくチェチェン語を話すことやイスラム教徒の地域だとわかった。ついでなので、池上彰氏の本でチェチェン紛争を読んだ。



周辺のロシア連邦の共和国についてはほとんど知らなかったが、この小説ではゲスタン人を知った。アゼルバイジャン語、アヴァル語が話されているとウィキペディアで知る。小説では通訳としてロシア語とチェチェン語を操る青年が出てくる。レピョーシカというパンがおいしそう。普段イメージしているロシアとは違ったロシアを感じる。現代のロシアで、実在の地名が多く出てくるのがまた面白い。

 ロシアのアニメの絵がついたコップという描写で知ったロシアアニメ。有名なチェブラーシカのほか、"Ну, погоди!"(ヌー、パガジー)と"Винни-Пух"(ロシア語版くまのぷーさん)。くまではなくたぬきかと思った。





 まだまだ物語がどうなっていくか全然わからないのがまたわくわくする今日この頃。
posted by kmy at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

節分

0588D962-74DF-4082-AB64-F5E828FD5E48.jpg
節分。恒例でん六豆のミニお面。鬼役はニヤ。「おニヤうち〜♪  鬼は外、福はうち」毎年お面のデザイン違います。赤塚不二夫さんデザインだそう。
posted by kmy at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

黒いものが好き

娘に最近言われたこと。「お母さんは黒いものが好きだよね。猫もコーヒーも小説も」確かにコーヒーはブラック、可愛がっている飼い猫は黒猫のクロ。ブラックユーモア、後味悪い結末のブラックな小説が好きです。

でも、最近は古い小説が読みたくて、昔の文学全集の一冊を出してきました。昨日読んだのは坂口安吾の「盗まれた手紙の話」。ブラックではないけど、奇妙な話でした。
日本文学全集 第55 武田麟太郎・坂口安吾・織田作之助集 新潮社 1962年より
posted by kmy at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月02日

謹賀新年

今年一番のネットおみくじ。
4F527876-F9A0-492F-B2CA-4B3E2AF72637.png

いいことありそう。

寒波で車のフロントの雪が凍りついて結晶になっていました。きれいです。

0E94F291-C146-4DEC-8AD1-AF3710FF3782.png
posted by kmy at 13:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

もちっ子 NEW!

昨年、不注意で餅つき機のうすを落とし、歪んでしまって、ピッタリとはまらなくなりました。旦那が叩いて補正してくれて、使えないこともなかったけど、蒸す時に蒸気が漏れる。やっぱり買い替えかもと思いました。

家電店では、展示場所でもちっ子のテーマ曲が流れています。毎年流れてる忘れられないメロディ。変な歌です。もちっ子の機能を軽快なリズムに乗せて歌っているので、特徴を覚えます。「食べたくなったらすぐできる〜、なんとかかんとかもちっ子だ〜」とかいう歌。実は結構好きだ。この時期しか聞けない。一気浸しで一晩水に浸さずになんと120分でできるという! 凄い!と感心してましたが、よくよくパンフレットを見ると、一升用で最小量二合で作る場合とのこと。お正月用に作るなら二合ないし、パン生地も捏ねれるなら今ある二升用じゃないと。自分では600gまでは捏ねれるし。結局一気浸しなしのタイプ二升用に決めました。

取り置きお願いしようと電話をかけると、展示品現品限りだそう。他店舗から取り寄せも出来ますが、と言われました。展示品は箱がないが、多少安くしてくれるとのこと。日もないし、とりあえず取り置きで翌日見に行きました。

今までの後継機でコンパクト。展示品と言っても、店で餅ついたわけではないし、値引きしてくれたのもあって購入。

開けてみると、ほとんど一緒。もしかして、最新型のうすも使えたりして...。試してないけど。前日に米を浸たしておきました。さて、今日はいよいよ餅つき。使い方一緒なのでスムーズ。旧機種は水抜き栓があったけど、新型はなし。水量間違えたないように。蒸気ももれず、うまく出来ました。のし板もあったのでラップを敷いて使いました。少し硬くなったら切る予定。

旧機種は東京の電話番号(お客様センター)の市外局番が3桁時代の製品でした。東京の市外局番が4桁になったのはいつなんだろう? 気になり調べたら1991年だそう。そんな前の餅つき機だった。でも2014年製造機種もほとんど機能変わらず。シンプルな機械なんだと思ったのでした。
コンパクトになった分、収納できるようになってすっきりしました。

posted by kmy at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月25日

С Рождеством Христовым!

メリークリスマス☆
ロシア語勉強中のため、タイトルはロシア語。でも、日本語でクリスマスおめでとうって言わないよね。めでたいとはちょっと違う感じ。日本人にはお祝いではなく、冬のイベント。雰囲気を楽しむ、そういう日。

友人とプレゼント交換(宅急便交換だけど)。自分では選ばない、買えないものをもらって、温かい気持ちになりました。

娘からのプレゼント。なぜこれか? 最近好きなので(笑)
5F30892C-A580-4994-8DE8-AFE93FEAF28C.jpg
posted by kmy at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

寒波

火曜は雨だったのに、水曜は猛吹雪。雪はさらさらで風に煽られ、あちこち吹きだまりができた。積もるというより溜まるという感じ。
近くの水車が凍りついてた。昨日は本当に寒かった。

EFD50C4D-A5DF-4A61-965D-A86D36DF2257.jpg
posted by kmy at 17:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月10日

戻って来た

火曜深夜一時、寝る前に旦那が裏手の窓をたまたま開けたところ、猫の目が光ってるのを見つけました。すでに寝ていたわたしは呼ばれて起き、慌てて外に。名前を呼びながら、裏の土手をうろうろ。全然見当たりません。鈴の音がして、名前を呼ぶとふーんと小さい声で鳴く。旦那がいたと言っているのもよく聞こえず、一人で焦っていました。ニヤと同じく隣の床下に入って行ってました。
旦那が餌皿を持って来てくれたので、床下から出て来るように必死で呼ぶけど動かない。全然出て来ない、と退いてみると、近づいてきていました。焦らない、焦らないと心の中で祈りながら、ちょっとずつ近づいてくるのを待ちました。体の八割くらい出たところ、餌皿に頭を垂れたところで捕まえました。
ニヤもクロも3日で痩せました。探して気配のないときはやっぱり近くにいないみたい。いなくなった2日目には大抵出て来ない。戸を開けておいても入って来ない。でも、次がないように気をつけようと思います。
posted by kmy at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。