2010年03月12日

読書感想文

 娘が夏休みの県の読書感想文コンクールで金賞を受賞しました。金賞入選者は冊子に掲載されるということで楽しみにしていました。年度末に出来上がり、我が家にも1冊いただけることになりました。

 校長先生はもともと国語の先生だそうで、校内俳句大会を行うなど国語教育に力を入れています。そんなこともあって、感想文が入選したことをとても喜んでくださいました。「郡で金賞はひとりだから」ということが誇らしいようで、こちらもうれしかったです。

 肝心の内容はということで、賞状をもらってきた秋のある日に「どういうこと書いたの?」と聞くと「全然覚えてない」という娘。照れがあるのか、本当に忘れてしまったのか……どうも後者のようでしたが。

続きを読む
posted by kmy at 22:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

もう2月だった……

 最近だらだらしているので、ブログもなかなか書けていません。このごろちょっとがんばったのはクロワッサンを一度作ったことくらい。ロシア語もサボっています。それでも、昨日、テレビでウクライナについてのちょっとしたコーナーを見ていたら、断片的な初歩単語がわかったのと、町のロシア語がちょっとだけ読めて面白かったので、少々やる気になりました。

 先日のテレビのロシア語会話で、村上春樹さんの本を翻訳している方のインタビューがあり、もちろんよく分からないのでテキストを見ましたが、これがなかなか興味深く思いました。この翻訳家さんの方針として、日本の固有のものなどについて逐一説明を載せているそうです。布団をマットと訳さず、布団にして布団とはどういうものか書いているとか。なかなか面白いと思います。私の語学力では本を読むのはまだまだ辛いですが、ロシア語版村上春樹を読んでみたい気がしました。どういうところにどういう訳がついているんだろう?って気になります。村上さんの小説は地名や店名、書籍、音楽など実在するものを載せているので、そのあたり説明があるらしいです。外国の方から見ると、北海道と東京、四国など舞台となるところ、どれも「日本」というくくりなのかもしれませんが、説明があるとイメージが違うかもしれませんね。

 そんなわけで何度目かの「ねじまき鳥」再読。それまであまり意識していなかった「ねこ」の種類に初めて気を留めました。そういうねこだったのか〜。興味がないと目につかないものです。小説も自分の経験次第でより実感沸くものです。

 とはいえ、もう少ししゃきっとしようと思うこのごろでした。
posted by kmy at 20:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

休刊にがっかり

 学研の「科学」と「学習」が休刊というニュースが流れました。子供のころ、わたしではなく姉が買ってもらっていました。貸して貰って実験の真似事をしたり(でもラジオはならなかった気がする)、学習に載っている読み物を読んだ覚えがあります。
 勉強的なドリルではなかったのと、自分の家にもあった覚えがあるので学研の「科学」と「学習」のイメージはなかなかよかったのです。そんなこともあって、昨年、娘に「科学」の年間購読を申し込みました。理科がとても好き、というわけではなさそうだったので、どちらかというと雑誌の記事を熱心に読んでいました。それでも夏休みに「科学」の実験セットを使って食品成分の自由研究をしたところ、初めて賞状をもらったのです。自由研究って楽しい!という気持ちになったようでした。ただ、申し込んだところが翌年継続利用できなかったので、なんとなくやめてしまいましたが、最近になって息子のほうがこういうものが好きなのではと思い、とりあえず単月購入を申し込んだのです。
 
 物を組み立てたりするのが好きなので、今年入学した息子に「1年の科学」の11、12月号を注文。娘は社会が好きで、日本の地理に興味があるらしいので「学習」を単号購入してみました。息子は「科学」に大喜びで、自分で組み立てて家の中やお風呂で楽しく遊んでいました。実験や理科という感じではなく、組み立てて動く、自分でやってみるというのが楽しいようでした。娘も「学習」のほうが気に入ったようで、2人で次の号も買いたいと言いました。12月になったら次の号を単月で頼んで、来年年間購読してもいいかな〜と思っていたところに、「休刊」のニュース。朝のテレビでそれを見た子供たちががっかり。「1月号は頼んだ? 来る?」としきりに気にするのです。これからこういうのが来る、ああいうのもいいな、とチラシをみてわくわくしていた息子だけに、本当に残念。しかも1月〜3月号が購入できるかかなり怪しくなってきました。
 先日購入したサイトでも注文が殺到してるということで、もし確保できればメールをいただけるとお返事いただけましたが、あまり期待しないでいようと思います。今焦って買えても、今後は出ないと思うと本当に残念です。時代の流れや採算の取れない雑誌、休刊、廃刊というニュースは最近よく聞かれますが、これから買おうと思っていたものがなくなると寂しいですね。何か「科学」のような組み立てで楽しめるものが定期的に届くものってあるのでしょうか。ちょっと探してみようとは思っています。
posted by kmy at 11:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

知らなかった!

 フルートを吹きたい!と思い立ったものの、長年吹かずにいたのでメンテナンス道具がありません。改めてきちんと買い揃えて、修理から戻ってくるのを待つことにしました。当時とは多少異なると思い、ネットでお手入れ用品を検索してみると、部活当時の知識が誤っていたことがわかりました。グリスは使わない、シルバーポリッシュという研磨剤で磨きすぎない、クロスはよいものを使う……など。これまでの間違いを直して、これから楽器を大事にしようと思いました。そんなわけで、知っているようで知らなかったフルートのことをいろいろ勉強しなおしているこの頃です。

続きを読む
posted by kmy at 17:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

本棚を作ってみる

 カフェボッサにてマイ棚を作ってみました。以前にブクログで本を並べてみましたが、読んだ本を記録するのが意外とうまく行かなかったので、とりあえず読んでみたものはメディアメーカーにつけています。ときどき何の本を読んだか思い出しつつも、内容を思い出せないことが多々ありますが……。

 カフェボッサは見た目がきれいなので、好きな本や気に入っている本、また読みたい本などを並べてみていますが、センスがないのか、自分がどういう本が好きなのかよくわからなくなります。思いつきで作ってみたものの、うーむ、まだまだうまくいきません。サイドバーに貼り付けてみました。たぶん、どんどん本を追加していくのがいいのかもしれません。ちょっと実験的に使ってみたいと思っています。本棚のパーツの下の「マイ棚を見る?」のリンクからカフェボッサの棚が大きく表示されます。いろいろな方の棚を見るのが結構楽しいのです。いい本が見つかるかも?とちょっと期待してます。
posted by kmy at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

ちょっと気になる「廃部」

 近畿大学のボクシング部が廃部になるとのニュースを見て、いろいろ昔のことなんかを思い出しました。学生時代、ボクシング部のマネージャーをしていたのです。とはいいつつも、なんとなく縁があってマネージャーになり、それから顧問の先生と仲良くなり、先生の研究室でパソコンゲームに耽っていたほうが多かったかもしれません。それにルールもろくに知らず、マネージャーというと世のマネージャーさんに失礼に当たるような気がします。気がするではなくて失礼になるでしょう。部室でモノポリーをやるときはちゃんと参加するくらい? そんな中、部の活動で唯一まともな活動をしたのが、当番が回ってきたからということで、関西学生リーグのアナウンスを一度だけやったことがあるのです。その会場が近大だったのです。

続きを読む
posted by kmy at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

やってみたいなあ

 栽培するということは殆どやったことがありません。友人がプランターで育てたらたくさん出来ちゃって、といってもらったルッコラがあまりにおいしかったので、自分でもできるかも、と大き目の植木鉢で一度栽培してみたものの、その1回で終わってしまいました。それでも、なんだか育てて収穫してみたいものがあります。――ひょうたんです。

 志賀直哉のの「清兵衛と瓢箪」を読んでいたら、ひょうたんに惹かれました。清兵衛はひょうたんを栽培していたわけではないですが、子どものころ、ひょうたんを作ってくりぬいて、というのをやってみたいと思ったことを思い出したのです。

続きを読む
posted by kmy at 21:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

去年思ったこと、今年思うこと

bread_619.JPGstollen3.jpg

 2009年になってもう10日。毎年今年こそ、今年はなんて新年に思うものですが、振り返ってみると、実のあることができたかどうか、気になります。昨年作ったパンの写真。シュトーレンはレーズン少な目なのです。しかし、偏って入っていますね。もう少し均等に入れなくては。今日はメロンパンを作りました。

 melonpan.jpg

 さて、年の初めと言えば「今年はこうしよう」などと書くものですが、それも1ヶ月くらいで忘れてしまっていたような気がします。ええと、何を書いていたのでしょう――。

続きを読む
posted by kmy at 16:20| Comment(7) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

餅つきをする

 祖父母が引っ越して空き家になっていた家を片付けていたら、餅つき機が出てきました。古い扇風機や食器などは処分しましたが、これは使えるのかも!と取って置いたものです。
 先日開けてみると、本体が汚れているものの、スイッチを入れると動きました。説明書もちゃんとあります。しかし、付属品ののし板とのし棒はありませんでした。フッ素加工のしてある釜は傷もあまりなくきれいでしたが、水を入れる部分にやや汚れがあったので、1、2回くらいは使ったのかもしれません。それにしても、餅つきをしたなんて聞いたことがありません。ときどきまわってくる町の電気屋さんに勧められて買ったものではないかと思いました。かなり古いもののようで、東芝製なのですが、会社の電話番号03の後ろがまだ3桁の時代のものです。
 割と大型のもののようで、1回につける量が1.8リットルからだそうです。餅だから1升という単位になるようで、1升から1升の餅が1回に出来上がるようです。なるほど、だからもち米が1.4kg(=1升)という単位で袋に詰めて売っているのですね。初めて知りました。
 殆ど無知なので、一人でやると失敗しそうなので、実家に行って母に手伝ってもらう事にしました。

続きを読む
posted by kmy at 21:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

語学の学習法

 『ハリー・ポッター』シリーズは原書を購入し、辞書を引き引き(完結までに電子辞書を買い換えた)読みましたが、全然英語的な表現は頭に入っていませんでした。このフレーズが、と思い出すこともありません(汗)この場面がよかった、この辺り、いいこと言ってたな〜というのはありますが、それが英語で出くることもないのです。これでは「原書を読んだ」と言っていいのだろうか、とときどき思います。このあたりから、さらに英語コンプレックスが進むような気がしています。それにも関わらず、外国語を学ぶというのは何か特別楽しいことのような気がしてしまいます。外国語の本を読むというのにかなり憧れてしまいます。
 
 辞書を引きながら本を読む、読めるというのはそれはそれで内容がわかって嬉しいというところもありますが、根本的に外国語を学習するというのは、どういう方法をとるものなのだろうか?とあらためて気になりました。ということで、2冊本を読みました。





続きを読む
posted by kmy at 21:01| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

寒い中でのパン作り

 いろいろ書こう書こうと思いつつ、書きそびれてしまって一ヶ月も経ってしまいました。この一月の間に読んだ本も、昔買った本の再読だったり、なんとなく借りてみたものの相性が合わなかったりで記事にならず。書こうという気持ちはあるのに、気分が乗らない。そんなわけで。気分を変えるために、デザインを変えてみました。季節が冬ということもあるので、冬の雨のイメージにしてみたら、なんだか本当に寒い感じになってしまったので、記事タイトルの文字色をやや明るめにして温かみを。冬本来なら「雪」のイメージかと思いつつも、やはり雨にこだわった感じにしてみました。似たり寄ったりのデザインになってはしまうものの、変えるのは気分も変わって楽しいものです。

 さてさて、このごろどうやって効率よくパンを作るかということに興味が沸いて、いろいろ実験しています。寒くなってきて、なかなか発酵が進みません。夏場はほったらかしでもかなりいい感じに発酵していたのですが、この外気温10度以下、時にはマイナスの寒い季節、家の中まで10度以下ということも。夕方作って寝る前に翌朝の分を焼くつもりが、なかなか発酵が進まず、焼けないので寝れない、焦って焼くとやっぱり発酵不足ということがあるので、どうにかうまくできないかなあと考えています。

続きを読む
posted by kmy at 14:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

聞く、声に出す

  春からはじめたロシア語、テキストは図書館でたまたま借りた本と同じもの買いました。発音や文字の部分ではあまり気にならなかったのですが、進んでいくうちにテキストの文章と、課のタイトルがいまひとつだな、と感じます。昔の英語の「これはペンですか?」よろしく、「これは辞書ですか?」「いいえ、これはノートです」のような例文。課のタイトルと最初の基本テキストはほとんど無関係。タイトルが「あの店はうまい」なのに、基本テキストでは「そちらでは何をやっていますか?」「白鳥の湖です」「チケットはありますか?」のような内容で、「あの店はうまい」って何?と思っていると、その後の例文で「そのレストランはうまい料理を出す」という文章が一回でてくるという感じです。

続きを読む
posted by kmy at 14:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

不確実なこのごろ

 最近、原油高、物価高など暗いニュースが続きます。秋葉原の事件、殺人予告、一日いちにちは生きのびているけども、その先ってどうなるんだろう? 大丈夫なのかな、なんてふと思うこのごろ。
 栗本薫の「滅びの風II」のような最近。10代のころ、雑誌に掲載されていたのを読み、強く印象に残っていました。雑誌は処分してしまったのですが、以前古書で安く売っているのを見て、数年前にとりあえず購入。「滅び」をテーマにした短編集ですが、「滅びの風II」だけ時々読み返します。読んだ後暗澹という気分になること請け合いです。このごろの暗いニュースを聞くと、余計思い出してしまう作品。
4150303878滅びの風 (ハヤカワ文庫JA)
栗本 薫
早川書房 1993-02

by G-Tools

 アマゾンで写真出ませんね。娘が幼児のころ、カバーを破いてしまい、処分してしまいました。どんな表紙だったか忘れてしまいました。明日もう地球が滅びる、なんとかしなくては、というのではなく、もうどうにもならないかもしれない、でも明日はとりあえずあるかも、でも長くはないに違いないという、滅びへの過程が描かれています。
続きを読む
posted by kmy at 20:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

つまらないっていいのかなあ?

 わたしが学生時代のころ、外国語学習といえば主に本と辞書とテープでした。ときにはビデオを利用して会話などを学んだりすることがありましたが、ビデオデッキもまだ高価だったので、一人暮らしの学生が買えるものでもありませんでした。もちろん、パソコンもまだ普及していませんでしたし、DOSでした。そう思うと「時代を感じる」と思ってしまいます。十年一昔という言葉が理解できてしまう年齢なのです。
 昔に比べて、語学書もCD付のものが多く、アマゾンのマーケットプレイスで買えばかなり安いものがあります。多少わかればDVDを買って音声を聞きながらというのも出来そうです。いろいろお金をかけなくても、ネットで探すときちんとした教材もあるので驚きました。東外大言語モジュールは各国語が発音や文法など、初級で独習するには立派なものが無料で利用できるのです。IEでないとうまく動作しない部分や、MP3データがわざわざDLしなくてはならない仕様が一部あったりしましたが、解説もあるし、会話の聞き取りなんかは何度も手軽にできます。凄い!
 ということで、興味のある外国語を適当にいろいろ眺めたり聞いたりしていたのですが、気になる会話がありました。

続きを読む
posted by kmy at 16:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

お茶を想う

 電車に乗ってふと思い出したのは、子どものころ電車で出かけるときに買ったポリ容器に入ったお茶のこと。熱いお湯とTバッグが入っていて、だんだんお茶が濃くなってきたような、そういうものだったと思う。そうそう、こういうのだった。いつの間にか見かけなくなってしまったと言うのは当然で、暖かいお茶も冷たいお茶もペットボトルで買えるから。そういえば、こんなにペットボトルでお茶を買うようになったのはいつごろなんだろう?と思った。というわけで調べてみた備忘録。

続きを読む
posted by kmy at 15:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

油断は禁物

 先日テレビ番組で嫌なお客のクレームにどう対応するかというのをクイズ形式で紹介していました。そのときに話題になっていたのが、クリスマスプレゼントとして息子におもちゃを買ったのだが、開けてみたら壊れていたというのです。在庫がなく、取り寄せても3日後になってしまうというのです。さて、こんなときに店長が取った対応はどうだったかという内容でした。さんざん文句をつけて、工場までとりに行けとか、大事なクリスマスで壊れていたとは何事だ!と怒る様子を何気なく見ていて、ああいうお客っているんだよね〜と思っていたのです。
 でもって、そのクレームへの対応はというと、店長がサンタの格好で家を訪れ、子どもに「3日後には必ず届けるから」と約束して子どもは「サンタさんが約束してくれた」と喜んでくれたとか。
 しかし、予期せぬ問題をはらんでいたとは気がついていませんでした。

続きを読む
posted by kmy at 18:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

嗜好&指向

 カテゴリを整理し、記事にした本を国別に分けてみました。自分自身ではアメリカという国にはあまり興味がありませんが、読んで面白かった本はアメリカが意外と多い、と思いました。SF・ミステリ要素があったり、オチがある短編といえば翻訳されているのはアメリカ・イギリスが圧倒的なのかもしれません。探しやすいち読んでいる人も多いので選びやすいというのもあるのでしょうね。

 昨年はブッツァーティが面白かったのでイタリア、ドストエフスキーも読んだのでロシアもありましたが、あれ?ドイツがない……と気がつきました。わたし自身はドイツが好きなはずですが、記事的にはグリムかハッケの本がメインで他の本はほとんど手につかず状態のようです。ということで、今年はもう少しドイツの本を読もうと考えているところです。でも、たとえばダールの短編のようなドイツの短編って誰なんだろう? 全然思い当たりません。検索して探してみようと思っています。

 好きなものは「こういうのいいなあ」って分かるものですが、読む前に自分の好みに合いそうなものを見つけ出すというのは結構難しい気がします。凄くいいものを読んだりすると、これと似たテイストのものがもっと読みたいと渇望しますが、なかなか「次」が見つからなかったり。「好き」を見つけるまでが、大変なのです。見つかるように、日々探索&検索、です。
posted by kmy at 15:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

本という「形」

 新風舎の民事再生法手続きのニュース、気になっていました。自分の本が書店に並び、誰かが買って読んでくれるかもしれない。そういう希望や夢。お金をかけて「形」にしたら、夢が叶うかもしれない。有名な作家も出している出版社。共同出版から出たベストセラー。そういうものが入り混じって、複雑な幻想を作り上げていたと感じます。
 でも、その出版に至るやり方は、本当にいい内容の本だからというのではなく、誰でもかれでも本にしてと持ちかけていたらしいということになれば、そこから出版された本に対して一気に不信感が生まれてしまいます。内容がよくて出版した本は本当にあるの?って。

続きを読む
posted by kmy at 14:35| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

クリスマスの一品に?

 まもなくクリスマス。チラシも華やか。利用している生協もクリスマス特集で通常載らないような豪華さを演出する惣菜・料理がたくさん掲載されていました。チキンだけでなく、フォアグラテリーヌにローストビーフ、ロブスターテルミドールなどは洋風ですが、海鮮おこわに手巻き寿司のネタ、北京ダックに点心セットになるともうなんでもありです。そんななか気になったのがこれ。

続きを読む
posted by kmy at 16:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

11月も半ば過ぎ、雑感いろいろ

 11月、霜が降りるようになって、冬に向けての変化が見られる時期。その冬支度が何だか面倒で、たまにまだ暖かいと思えば急に冷え込んで、どっちつかずでやる気がおきません。

 この半端な気候がなんだか漠然とした不安感につながります。些細なことがきっかけになって一瞬で崩壊してしまう「バリヴェルナ壮の崩壊」のようなことが起こるような不安感。

 前出の「ダンシング・オン・エア」を読んでいたら考えたことですが、自分が誰かに「こうしてほしい、こうなってほしい」と思っていても、その誰かが考えていることはまったく違うことかもしれない。自分の規準で正しくとも、誰かの規準では違うかもしれない。誰かに何かをしてもらうこと、誰かに変わってもらうことは、誰かから自分が変わるかどうかと同じくらい難しいことなのでしょう。いろいろな変化に対処しながら生きていくのは、結構大変なのだと思う。いつまでたっても「慣れる」ということがないように思うのです。

 ヴォルデモートは不死を望んだけど、ずっとずっと生き続けていくというのはこの「慣れる」ことの連続かも、と思ったりするのです。いつの間にか慣れる以上のものになっているのでしょうか。
 そんなことを考えたのも、先日ボランティアで特養老ホームのお掃除に行きました。ずっと寝ている方もいました。静かな境地なのかもしれません。年中暖かく、ストレスや争いもきっと少なく。ふと「指輪物語」のエルフ族を思い出しました。いろいろ考えさせられる場所でした。

 今年、という年も残すところあとわずか。毎日やり過ごして「今日も一日が終わった」というほっとした気持ちですごしてばかりではなく、少しは攻めの姿勢でやらなくては、と思う11月半ば過ぎ、でした。

posted by kmy at 13:43| Comment(9) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

思い出せないとある短編

 10月中旬からDHを最後まで読み終わるまで他の本はなるべく控える、と決め、11月1日に読み終わりました。いつもの通り、真ん中あたりで気力がたるみ、なかなか15章前後が進みませんでした。そこを超えるとわたしにしてはハイペースになったのですが、とりあえず筋を追うのに専念して細かい部分や表現についてみちえさんのブログを参考に拾い読みしている最近です。物語そのものが面白いのは確かだけど、多義的な言葉を選んで読者に謎かけをしたり、ジョークにしたりと、原文を読む意味は大きいと思います。背景となるイギリス社会状況をからめた解説で、なるほどと思うことしきりなのです。

 ということもあり、あまり他の本を読んでいない最近なのですが、気になることがあるのです。物語のちょっとした筋は思い出せるのだけど、作者とその本がどうしても思い出せない短編(?)があるのです。

続きを読む
posted by kmy at 14:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

買うのに一苦労!

 最近凝っているSF小説です。特に時間モノに惹かれます。これは読まねば!と思う素敵な本があることがわかったのです。ほしい本はいつも絶版。ということでどこかの古本屋で買えばいいか、と安易に考えていました。アマゾンのユーズドも500円くらいで2冊出ているし、大丈夫だろうと思っていたのです。
 ところが簡単にはいきませんでした。

続きを読む
posted by kmy at 20:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

ちょっと誇張?のプロフィール

 先日、本を作るお手伝いをしました。実際に掲載していただいた文章は本全体からするとごくわずかで、あとは内容確認、イラストについての提案などでした。大体が終わったあとに、プロフィール用の文章もお願いします、と言われました。
 本の著者でもなく、翻訳者でもないわたしは、特別書き添えておくようなプロフィールが思いつきません。サイトの紹介ときっかけは書いたのですが、「普段何をしているか」を入れてくださいといわれました。普段何してる? 家事をしている、料理をしている、本を読んでいる? 書くような内容じゃないなあ。外殻として表現するようなものは特にないのです。

続きを読む
posted by kmy at 10:29| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

共通のようで非共通

 今日、図書館に行ったら友人家族に会いました。みんなで本を借りに来ていたそうです。どんな本を借りてるの?と見せてもらったら、子育ての本、料理のレシピ、それにファンタジーノベル大賞を取った長編小説(『クロニカ』未読)などなど。特別読みたい感を抱かず。本の趣味というのはなかなか合わないものだ、とつくづく思ったりしました。「ハリー・ポッター」も読んでいるそうですが、たぶん、わたしがマニアの方に入るので突っ込んだ話はやめておきました。ここのこの部分が気になるというような微細な点についての意見を求めるのは、やはりマニア相手でないと、なかなか話が合いません。

続きを読む
posted by kmy at 19:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

含まれている、宇宙、その中

 先日、BSで「2001年宇宙の旅」の映画をやっていました。最近、SFをよく読むので観てみようと思ったのです。クラシック音楽が流れる中、まあ、当然ながらよくわからないのですが、台詞が少ないので、見ている中で何かに気をとられて話がわからなくなる、ということもなく、ただ単にわからないまま途中で眠くなり、見逃しました。
B000IU4MYC2001年宇宙の旅
キア・デュリア ゲイリー・ロックウッド ウィリアム・シルヴェスター
ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-12-08

by G-Tools


続きを読む
posted by kmy at 16:37| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

「ザスーラ」観ました!

B00174W9D4ザスーラ
ジョシュ・ハッチャーソン (千葉皓敬), ジョナ・ボボ (海鋒拓也), ダックス・シェパード (咲野俊介), ジョン・ファブロー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2008-06-25

by G-Tools



 映画「ザスーラ」をようやく観ました。前から観よう観ようとは思っていたのです。原作の絵本も好きなので。
 「ジュマンジ」もそうでしたが、元が絵本なのでストーリーを膨らませて映画ができています。原作が長編小説だとどうしてもあらすじ的になって端折りが多くなるので、「ここが違う」「これがない」というのが目についてしまいますが、こういう絵本が元だと、この後どうするつもりだろう?とどきどきしながら観れます。


続きを読む
posted by kmy at 18:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

ないと気になる

 ちょっと「タルコフスキー」が気になりまして、ちょっと映画を観たくなったのです。でも、タルコフスキーの映画というのはレンタルしていないらしい……近くのショップやオンラインレンタルにざっと当たってみたけど、なかったのです。買わないと観れない?

 ないと思うと何でも気になる。もしかしたら面白いというか趣味に合うかもしれない。でも、この映画の苦手なわたしがDVDを買うのは躊躇してしまう。
B00006RTTSストーカー
アレクサンドル・カイダノフスキー アナトーリー・ソロニーツィン ニコライ・グリニコ
アイ・ヴィ・シー 2002-12-16

by G-Tools



 なんと!アマゾン価格6090円。文庫10冊分だ。原作がA&B・ストルガツキイだそうで、先日この作者の本を挫折したのですが、いずれ読もうとは思っているところなのです。ちょうどいいタイミングで読めば凄く面白い本のはず(←と思い込んでますが)。本とは違うそうなので、そういうものだと違和感なく観れそうな気がするので、観たいな〜と思っているのです。

 いつ観れるかどうかはかなり未定です。
 
posted by kmy at 11:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

気になる曲

 なんとなくテレビがついていて、「チャーリーズエンジェル」がやっていました。日曜日の話です。そこで妙な日本風のパーティー?が行われているシーンがあって、これが日本のイメージなんだ〜と思いつつ、流れている曲に聞き覚えがある! えーっとえーっと、何だっけ?と気になっていたら、曲が変わってしまいました。「スキヤキ」はわかるんだけど、最初の曲何だった?

続きを読む
posted by kmy at 20:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

北京まんじゅうを作る

 謎のおやつ北京まんじゅうですが、保育園の先生が気を利かせてレシピを聞いてきてくださいました。というわけで、作ってみたのがこれです。

続きを読む
posted by kmy at 19:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

パソコンがなかった時代

 3月24日はシャットダウンデーだそう。何かを検索していたら――たいてい、その検索目的は忘れて気になることを調べるもので、だからパソコン使用時間が長いのだ――「パソコンや携帯のなかった時代は」という記事に当たって知ったのです。シャットダウンデーはともかく、パソコンや携帯のなかった時代、何していたんだろう?と思いました。

続きを読む
posted by kmy at 21:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

気になる原作と映画

 映画を見るのが苦手です。小物を見ているとストーリーが分からなくなる。俳優の顔を覚えられない。今の何だったの?と思っているうちに話が進んでもっと分からなくなる。原作を読んでいると、原作と違うところばかりにが気になって集中できないなどなど、いろいろ原因はあるのです。

 前に『ダ・ヴィンチ・コード』のDVD版を見ました。この映画で一番印象的だったのはソーセージ。ソーセージが出てくる場面があって、凄く美味しそうでした。太くて皮がパリッとしてこれぞ本物、食べ応えありという感じのするソーセージ。映画ほどではないけど頂き物のソーセージがあったので、観ている途中で焼いて食べました。そんなわけで、『ダ・ヴィンチ・コード』はソーセージが美味しそうだったはず、と見直したのですが、わたしが思っているよりはソーセージの出番が少なかった。この映画については、原作を先に読んでみたので、原作と違うところ(特に結末の設定あたり)が気になってしまいました。映画になることって、原作の解釈のような感じなので、どうしてもそのあたり折り合いをつけることができない性格なのかもしれません。原作=本物という意識があるからでしょうか。映画は別物として楽しめる実感はあまり味わったことがありません。

 そんなわたしなのですが、今回気になる映画があります。「パフューム――ある人殺しの物語――」です。パトリック・ジュースキント原作のドイツの小説。この小説は未読ですが、表紙が印象的で、思い出す場所があります。

続きを読む
posted by kmy at 14:22| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

出版社占い

 出版社占いというのを見かけたのでやってみました。

続きを読む
posted by kmy at 18:59| Comment(10) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

古本たちはどこへ行く?(追記あり)

 「楽天フリマが変わります」こんなタイトルのメールが今月に入って配信されました。何か変わるのでしょうが、これまでとそれほど大差ないと思っていました。「変わる」のではなく、楽天フリマは「なくなる」のです。そのまま「楽オク」に移行するのかと思いきや、そうではありませんでした。

続きを読む
posted by kmy at 14:28| Comment(5) | TrackBack(1) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

シュークリーム日和

cream.jpg

 シュークリームを作ってみました。普段あまりお菓子は作りません。家で食べる人がいないから。でも、どうしても卵と牛乳が余ってしまって、2日連続でシュークリームを焼きました。一個で写真を撮ってみたけども、こういうのってたくさん並べて撮らないと写真もさまになりません。いまひとつな感じですが、味はまあまあ、ですよ。

続きを読む
posted by kmy at 21:10| Comment(8) | TrackBack(1) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

クマを食べる

 クマのニュースが流れていていますが、身近に感じます(笑) 我が家の近くでもクマの出没が相次いでいるのです。先生も「今年はクマの当たり年」と言っていましたし、「熊出没のため、通学にはご注意ください」という通知が学校からくるくらいです。そんなクマですが、捕らえられたときは「クマ料理」に変身します――。

続きを読む
posted by kmy at 19:23| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

悩ましき絶版本

「欲しい本があるんだけど、絶版だった」
「欲しい本っていつも絶版でしょ?」
 よくあるうちの会話。この本いいなあ、読みたいなあ、と思って調べてみると「絶版」。図書館で借りてみようか、と思えば最寄の図書館の蔵書にはない。うーん、こういうときってますます欲しくなったりします。本屋さんで平積みになっている本って全然欲しいと思わないのに。絶版の文字ってなぜか購買欲をそそります。手に入らないとなると、欲しいものなのです。

続きを読む
posted by kmy at 16:50| Comment(7) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

スパゲティの友?

タバスコ ペパーソース【60ml】

 お休みのある日、お昼はトマトスパゲッティを作りました。トマトの水煮缶を煮詰めた簡単なソースです。たいしたものではありません。食べるときにタバスコを粉チーズを用意しました。お決まりですよ、ね?

続きを読む
posted by kmy at 11:58| Comment(10) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

もうすぐ、だというのに。

【予約】 ハリー・ポッターと謎のプリンス

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』

 発売日はまもなくだというのに、どこにも予約していません。3巻発売のころは発売日に予約しておかなかったら品切れに、なんていうこともあったようですが、5巻はかなり余ったとかいう話を読むと、6巻は焦らなくても大丈夫かも、と余裕で構えていたら5月です。もうすぐだけど、どこで買おう?

続きを読む
posted by kmy at 14:46| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

成分分析

 最近流行っているとかいう成分分析です。調べてみました。kmyは以下のような成分でできております。


kmyの46%は蛇の抜け殻で出来ています


 それはもしや「スリザリンの抜け殻」かも。もともとkmyというハンドルで表されるアイディンティティはハリー・ポッターが出発点なのです。さらにいえば「スリザリン」というキーワードからいろいろと文を書いたりサイトを作ったりし始めたものですが、最近は少し距離を置いていることを感じる成分です。抜け殻って言われると少々複雑〜。

kmyの37%は税金で出来ています

 結構税金割合が高いです。税金のおかげで生かされている? 知らないですまされないのかも。どきどき。

kmyの9%はマイナスイオンで出来ています

 マイナスイオンの発生源だったとは! わたしの周りにはしょっちゅう雨が降っていますので、もちろんマイナスイオンも発生しています(笑)

kmyの6%は成功の鍵で出来ています

 成功の鍵で出来ている……いつか成功するに違いない、何を? これって能動的ではなく、他人に作用を及ぼすような意味に感じます。誰か、成功の鍵として使ってみてください。

kmyの2%はミスリルで出来ています

 最後はミスリル。『指輪物語』読み直しをオススメされているって解釈しておきましょう。
続きを読む
posted by kmy at 13:55| Comment(4) | TrackBack(1) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

ハンドルネームの由来バトン

ぴぐもん’sらいぶらりのぴぐもんさんよりハンドルネーム由来バトンを頂きました。と、いうことでハンドルネームkmyについてお話します。

【Q1:あなたのハンドルネームの由来は?】

 以前のハリー・ポッター友の会に入ろうと思ったときのことです。たぶん、「kumi(だったと思う)」で登録しようと思ったらはじかれたのです。ネーミングセンスゼロのわたしは非常に困ってしまいました。で、どうしようかと思って自分の名前の母音抜きの文字列が「kmykm」なので、これを使ってみることに。本来kmが名前なのですが、これだと読みようがないので、名字の「kmy」をハンドルにしてついでに「クミ」と読んでもらうことにすればいいかも!ということになりました。ということでkmyは名字でもあります。よく「キミー」さんとか「キム」さんとか「kym」さんとかに間違われます。そのため、メールなどでお返事するときは最初に「kmyでクミとお読みください」と断ることがあります。

【Q2:別のハンドルネームを名乗っていたことはありますか?】
 
 あります。ハンドルというほどのものでもないと思いますが。昔のハンドルを書くのは妙に恥ずかしい気がします。97年〜98年は「みく」でした。その後しばらく「kumi(たぶん、ひらがなだったかも?)」、2000年以降はkmyで通しています。(あまり代わり映えがしないのはセンスがないからです)

【Q3:他の方にどのように呼ばれていますか?】
 
 学生時代の友人は本名呼び捨て、あるいはちゃんづけで。結婚後はさんづけで。あまり代わり映えしません、こちらも。(というか、変わった名前にすると自分で違和感を感じて自分の気がしなくなるのです)

【Q4:同じハンドルを使っている人を見つけた。さあ、どうする?】

 amazonで同じハンドルの方がいましたが、わたしではないので、悪しからず。なんて読むんでしょう? 「読ませる」ハンドルではないかもしれません。記号的なハンドルではなく、同じ読みだったら面白いですね。どうもしないのですけど。

【Q5:ぶっちゃけ、改名しちゃいたかったりしますか?】

 ネーミングというのが苦手なので、なるべくならしたくないです。これで精一杯なんです。

【Q6:ハンドルの由来が気になる人にバトンを渡してください】

 では、TORCHのありさんに。ハンドルもそうなのですが、実はブログの記事投稿されている名前(?)「McBieal」の意味が気になっています。強制ではないので(もちろん!)秘密だったら秘密のままというのもいいかもしれません。
posted by kmy at 15:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。