2005年12月17日

『ジュマンジ』と同じ恐怖

4593501814ジュマンジ
クリス・ヴァン・オールズバーグ
ほるぷ出版 1984-07

by G-Tools




 オールズバーグといえば、まずは『ジュマンジ』を思い浮かべます。ゲームと現実が融合してしまった不思議な世界がセピアカラーで描かれる不思議な絵本です。妙にリアルな雰囲気があって、ひょっとして、今にもライオンが……と思えてきますが、『ジュマンジ』のような現実が家の周りにはありました。
続きを読む


posted by kmy at 10:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

『アルド・わたしだけのひみつのともだち』

アルド・わたしだけのひみつのともだち

『アルド・わたしだけのひみつのともだち』
ジョン・バーニンガム作 谷川俊太郎訳
ほるぷ出版 (1991.12) 


 この絵本に出会ったときには昔懐かしい友だちに出会ったような気がした。そうだ、わたしにも「アルド」がいたのだった。名前は「アルド」じゃなかったけども。

続きを読む
posted by kmy at 10:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

かぼちゃとおばけ!

 今日はハロウィーン。そんなことはすっかり忘れていましたが、昨日かぼちゃを煮ました。期せずしてかぼちゃ。パイなんかにしておけば雰囲気が出たのに、どうということもないかぼちゃの煮物です。ただ、かぼちゃだけは少々特別。このかぼちゃは買ったものでも、作ったものでも、もらったものでもないんです。なんと、うちの裏に生えていたものなのです(笑)

続きを読む
posted by kmy at 19:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

気になるモグラとおばけの中身

 病院で時間をやり過ごすために何度も読んだ本は、これ。

4894230925バムとケロのそらのたび
島田 ゆか
文溪堂 1995-10

by G-Tools

4593503949おばけ、びょうきになる
Jacques Duquennoy 大沢 晶
ほるぷ出版 1999-08

by G-Tools

 病院にいる間は見るところが多い本と病院らしい本を選んで持って行きました。『バムケロ』と『おばけ』はどちらもシリーズです。『バムケロ』を見ていると飛行機って自分で作れるのかしら?なんて考えてしまいます。ところで、ケロちゃんに絵を描かれたモグラ氏はちゃんとおじいちゃんちに来ているんですが、飛行機に乗ってきたのでしょうか? モグラ氏はカバーの折りこまれた部分も出ていて、遠くに宅配便が来ています。裏表紙のモグラ氏のところにはたくさんの荷物が届いています(土の中を移動して受け取っているようですね!)荷物は飛行機かな、と思うのです。この飛行機を組み立てておじいちゃんちに行った、と思ったのですが、でも、バムたちは一週間もかけて作ったはずだから、そんなに簡単にはできないようにも思えるし・・・・・・。モグラ氏はどうやって来たのかちょっと気になっています。

 『おばけびょうきになる』はアンリ、リューシー、エドワール、ジョルジュの仲良しおばけのシリーズです。このおばけたちも気になるところが。遠足に出かけるおばけたちは厚底風の靴を履いているみたい。おばけに足がないのは日本だけなのかもしれないけど、靴履けるんだー。服は着てないみたいだけど、あのひらひらした裾をめくってみるとどうなっているのだろう? めくってみたいー。靴はどういう具合に履いているのか確認したくてたまらないです。
posted by kmy at 11:43| Comment(6) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

『終わらない夜』

4593504384終わらない夜
Sarah L. Thomson Rob Gonsalves 金原 瑞人
ほるぷ出版 2005-08

by G-Tools


 夜になるといつもと違った風景が浮かび上がってきます。

続きを読む
posted by kmy at 20:44| Comment(2) | TrackBack(1) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

思い通りに夢を見る?

4309262317まさ夢いちじく
Chris Van Allsburg
河出書房新社 1994-09

by G-Tools

0395673461The Sweetest Fig
Chris Van Allsburg
Houghton Mifflin (Juv) 1993-10-25

by G-Tools



 表紙の通り、ちょっと頭が後退してきたおじさんのビボット氏。時間外の患者を決して親切心で治療してやったわけではないんです。もちろん、もう少し儲かるかな、という気持ち。だから、いちじくなんかもらっても、と怒って痛み止めもやらずに追い返しました。続きを読む
posted by kmy at 17:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

きゅうり占拠事件

 夏の朝、白いビニール袋を提げてご近所の方がたずねてくる。食べてね、といって手渡されるのはきゅうり。しばらくするとまた別のご近所の方がやってくる。食べてね、と。中身はやはりきゅうり。さらに夕方、また白いビニール袋が届く。きゅうり、きゅうり、きゅうり。こうして我が家の冷蔵庫はきゅうりに占拠されつつあった。続きを読む
posted by kmy at 10:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

おばけになってみる?

4834002187ねないこだれだ (いやだいやだの絵本 4)
せな けいこ
福音館書店 1969-11

by G-Tools



 ねないこはおばけになってとんでいってしまう……それはそれは恐ろしいお話です。夜中に遊んでいるとおばけになって二度と戻ってこれない、だから寝なさい!と諭す母親。おばけになったら、どうなっちゃうの?続きを読む
posted by kmy at 15:51| Comment(4) | TrackBack(2) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

どんなきぶん?

 「今まで出会うことのなかった人と出会うことができる」それがネットです。それがネットの魅力だった時代もありました。続きを読む
posted by kmy at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

ひとめぼれしました!(『ゆうびんやさんのホネホネさん』)

4834019454ゆうびんやさんのホネホネさん (こどものとも傑作集)
にしむら あつこ
福音館書店 2003-04

by G-Tools



 ホネホネさん、表紙を見た瞬間「何?この人って……」絶句しました。(ネタばれです)続きを読む
posted by kmy at 21:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

ことばがでてこない、そんなときに。

 物語の魅力を伝えるのは物語を読むよりも難しい……。下手なレビューを何度も何度も書き直してみるけれど、前に書いたものほどうまくなっているとは言い難い。どうもわたしは本の重要なネタをさらりとよけ、それでいて「読んだらどうなるんだろう?」と思わせるような、そんな素敵な記事を書くことは向いていないと今さらながらに確認したところである。「この本読んでみて」ではなく、「この本読んだので」という記事を書くほうが向いているようだ。結局先日書いた記事は失敗だったと思う。続きを読む
posted by kmy at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。