2007年03月15日

『まぼろしブタの調査 〈社会科〉Kノート』

 最近凝って読み耽っています、佐野美津男氏の本。古いし少々マニアック?なので、興味をそそられる方が少ないのではないかと思いますが、たまにはこういう本の情報もネットにあると便利かもという勝手な思惑を持って記事を書いています。

 今、流通しているものは少ないので、図書館頼みですが、近くの図書館にないので借り受けてもらうことしばしば。これ、タイトルがわくわくするでしょう?(わたしだけ?) 「まぼろしブタ」って何?って。ブタだけに食べるのかと思ったら全然違いました。


佐野 美津男, 山口 みねやす / サンリード(1983/08)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:


 作者自身が「はじめに」で語っています。
 子どもだって、むずかしいことを考えるときがある。
 子どもだからこそ、むずかしいことを考えるのかもしれない。
(中略)
 神さまはいるか、いないか、これはむずかしいもんだいである。むずかしいもんだいだから、わたしはこの童話を書いた。
(本文P3)

 佐野氏は「神さまはいるかどうか」ということについて真剣に考えていると思います。曖昧模糊とした言葉で済ましたり、遠いイメージのものとして書くのではないところがまた面白いのです。考えても大人だって結論がでないかもしれない。子どものような考え方をもって見つめてみたらどうだろう? そんな感じで子どもたちが神さまについて考えてみたお話がこれなのでしょう。

 て、ここで出てくるまぼろしブタの正体は――。

続きを読む
posted by kmy at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐野美津男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

『午前2時に何かがくる』

2.jpg

『午前2時に何かがくる』
佐野美津男作 大古剋己絵 国土社
国土社の創作児童文学15 初版発行1974年 198p

 ユミは同じ組の山田くんに話があるといって呼ばれます。給食の後の休み時間にハト小屋の近くの砂場で“その話”を聞かされました。あるところの、警察の所長さんが工事現場で事故にあい、死んでしまった。手も足もなくなってしまって、死んでから手と足を欲しがり、ゆうれいになってでるらしい。この話を聞いた人のところに、3日後の午前2時にゆうれいがたずねてくることになっている。ゆうれいの被害にあわない方法も山田くんは話したのです。ユミは気になってこんな話を誰にすればいいのだろう?と考え、なるべくなら仲良しの友だちよりは嫌いな子に話してやろうと決めるのです。

 こんな感じで話が始まるので、てっきりゆうれいがたずねてくる話なのかと思えば、物語は全然違った方向へ向かっていくのでした。

続きを読む
posted by kmy at 20:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 佐野美津男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

『だけどぼくは海を見た』

創作子どもSF全集 全20巻


『だけどぼくは海を見た』
佐野美津男作 中村宏絵 創作子どもSF全集より 国土社

 『犬の学校』に続き、期待を裏切らない作品でした。ある日突然日常が非日常に変わってしまったとき、そのとき、家族はどうするか考えています。設定も違和感なく感じました。
 ある朝目を覚まして見ると、宏幸の家の周りは海になっていた。隣の家も見えない、一面の海。驚き妹の昌代を呼んでくると、昌代は海に飛び込んで楽しそうにイルカと遊びだす。お母さんは買い物に行かれないと嘆くが、それどころじゃない。仕方がないので宏幸とお父さんも海へ出て行き、手がかりを探そうとします。


続きを読む
posted by kmy at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐野美津男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

『犬の学校』(創作子どもSF全集4)

4835480406創作子どもSF全集 全20巻
山藤 章二 杉浦 範茂 田島 征三
ブッキング 2006-05-31

by G-Tools



『犬の学校』(創作子どもSF全集4)
佐野美津男作 中村宏絵 国土社

 最近、ペットブームなのか、近所でも犬を飼う方が増えています。我が家でも「犬を飼いたい〜」と言う声が聞こえるのですが、断固として反対! だって、わたし、犬が苦手なんですから。
 小学生のときに、つながれていない犬に追いかけられて(犬に悪気はなかったと思いますが)、それ以来だめです。怖いです。たまにつながれていない犬がいたりすると、遠回りして帰ります。室内犬もあまり好きではないのです。
 そんなわたしにとって『犬の学校』は恐怖! しかも凄く面白い! 佐野美津男氏の文章は歯切れがよく、一気にに読ませてしまいます。
 物語は主人公の宏幸がおばさんから子犬をもらうところから始まります。母親がおばさんちの犬のピロ、父親は片目の黒犬、通称ブラックジャックなので、ジャピロという名前をつけます。ある日、ジャピロを犬の学校へ入れたらどうかと奈良山苦楽という先生がやってきて、宏幸はジャピロを犬の学校へ入れるのです。ジャピロの様子を見に行った宏幸が見たものは――。


続きを読む
posted by kmy at 15:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 佐野美津男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。