2006年09月13日

『旗本フライパン』

4897846897旗本フライパン
斉藤 洋
リブリオ出版 1998-04

by G-Tools



 これがどうしても欲しくなって購入した本です。斉藤洋作『旗本フライパン』。内容については「続きを読む」に譲るとして、今回どうにか入手しようと思い立ち、なんとか入手したのですが、その後いろいろ思うことがありました。
 出版社にも問い合わせたのですが在庫がなくて、だめでもともとだからとアマゾンの予約注文を利用してみました。やっぱり買うなら多少きれいな本を買いたいと思うのです。でも新品同様を求めるには少し年月がたちすぎているし、そこまで要求してなかったら無意味。古本を買うことに抵抗はないですが、書き込み本には抵抗があります。小口の染みや経年並みのイタミ、スレはまあよしとしましょう。予約注文でポイントとなるのが本の状態。アマゾンでかなり書き込みがある本でも読むことに支障がなければ「可」となり、これは最低ランク。それでもって本当に書き込みあり、汚れありの本が来てしまうと悲しい。でも、「非常によい」という本は結構厳しいような気がする。多少のスレがあると「良い」ランクで出されている気がしているので、一応「良い」のランクで予約を出すことにしました。
 結果的に届いたのは初版で中身は本当にきれいな本でした。カバーの背はかなり白く日焼けしていましたが。まあ、満足です。届いたときに感じたのは「あるところにはあるんだ、こういう本でも」ということ。たまたま運がよかったのか、どうなのか結構気になる〜。定価より少し高い(本当に本の少しです。送料程度)値段を希望したのがよかったのかも? そんなことも考えてしまいました。

 価格を自分でつけるのに悩んで、予約注文で価格を決める参考になるサイトがないかと検索してみたものの、当たるのはだいたいせどりサイトばかりです。買い手としての情報よりも売り手としての情報が圧倒的に多い。でもって、売る人はいったいいくらで売ろうと思っているのか気になって、せどりノウハウのようなもを読んでみると、アマゾンの予約注文が入っている本がどれかわかるというシステム(プロマーチャントのみ利用可能)があるとのことでした。予約商品の希望価格もわかるそうなので、ここで調べた高値の絶版本をBOOK・OFFなどで手に入れるとかなり儲かるとのこと。なーるほど、ね。わたしが欲しかった『旗本フライパン』も当然予約注文リストに載っていたのでしょう。
 とはいえ、いくらでも出すので欲しい!というほどの値段ではなかったので(こういうリストでは5000円以上の本を見つけるのが狙いらしいです)、狙って売ってくれたのかどうかは不明です。
 
 あんなに、「ない、ない!」と思っていたこの本、最近またチェックしてみると、マーケットプレイスで売っていました(2006/9/13現在)! え? ご、ごせんごひゃくえん? ごめんなさい、そこまで出してはちょっと買えません。そんなに高くなってしまったのね――なんとなく驚き。わたしが買ったこととは無関係なのかどうなのかも少々気になりつつ、5,000円出さないで買えてほっとした本なのでした。では、本の内容については「続き」をご覧ください。

続きを読む
posted by kmy at 19:50| Comment(8) | TrackBack(0) | 斉藤洋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

『ながぐつをはいたねこ』

 翻訳が「斉藤洋」さんなのですが、知らずに買いました。スタシス・エイドリゲビシウスの描くながぐつの絵に惹かれて。

4593502780ペロー童話 ながぐつをはいたねこ (ほるぷ海外秀作絵本)
Stasys Eidrigevicius Kurt Baumann 斉藤 洋
ほるぷ出版 1991-11

by G-Tools

続きを読む
posted by kmy at 11:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 斉藤洋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

『風力鉄道に乗って』

4652004710風力鉄道に乗って (童話パラダイス)
斉藤 洋
理論社 1990-10

by G-Tools


 続けて同じ作家の本を読んでしまう癖があります。またまた斉藤洋さん。挿絵は佐々木マキさん。進学教室の模擬試験に行くために新宿から電車に乗った渉くんですが、気がつくといつもの電車と違うのです。お客も車掌もどうも妙な感じで動物みたい。乗った電車は風を動力にして走る「風力鉄道」だったのです。

続きを読む
posted by kmy at 10:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 斉藤洋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

『ドローセルマイアーの人形劇場』

4251066545ドローセルマイアーの人形劇場 (グリーンフィールド)
斉藤 洋
あかね書房 1997-03

by G-Tools

 この物語、翻訳作品ではありませんが、主人公もドイツ人、舞台もドイツです。日本の作家がドイツを舞台にドイツ人を登場させるのが最初ふしぎに感じましたが、このちょっとふしぎな物語にすんなりと入っていってしまいます。
 高校の数学教師をしているエルンスト。かつて世界の真理のように思えた数学にも情熱はわかず、そして数学に大して興味を持っていない高校生に教えることも大したことがないと感じる毎日。ある水曜日、ドローセルマイアーという人形劇をしている老人に出会い、曜日を間違えて時間が余っていたエルンストはドローセルマイアー氏の荷物運びを手伝い、そして人形劇を見るのです。ドローセルマイアーの人形劇との出会いはエルンストにとって「運命」との出会いでもありました。

 この人形劇、変わっています。ドローセルマイアー氏は何体もの人形を同時に操り、さらに様々な声色を出しているようなのです。エルンストは思わず魅入ってしまいます。そしてゼルペンティーナという女の人形にエルンストはどこかで会ったような気がしてならないのです。エルンストが導かれていく運命について、作者自身があとがきで語っていることばが印象に残ります。

 だれしも、運命が扉をたたく時というのがあるのだと思う。そのノックの音に気がつかなければ、それはそれでしかたがない。しかし、気づいていながら、気づかぬふりをすることのほうが多いのではなかろうか。P147


 いつもという毎日の中でとある「契機」が訪れるとき、どう対応するか非常に悩むことがあります。無かったら無かったでまたそのまま「いつも」の時間が流れていくのだけど、やってみようか、やめておこうか、もしかしたら、これがきっかけになるかもしれない。カバー見返しにかかれていることば「迷い続けて、一生を終えるのだ。それなら……」(本文にも出てきます)、迷い続けることが生きているということなのかもしれません。迷い込みそうなときには読み返したくなります。
posted by kmy at 19:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 斉藤洋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

サンタクロースに悩むわたしに。

 クリスマスイブ、自分のために一冊本を買ってきました。それがこれ『クリスマスをめぐる7つのふしぎ』。サンタクロースについての難問をテーマにした楽しいクリスマス本。作者の斉藤洋さんの本はいくつか読んでいますが、お気に入りの一冊になりました。
4652007493クリスマスをめぐる7つのふしぎ
斉藤 洋
理論社 2005-11

by G-Tools


続きを読む
posted by kmy at 15:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 斉藤洋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

『月夜のオーケストラ』

4097272128月夜のオーケストラ
Jens Rassmus 斉藤 洋
小学館 1999-12

by G-Tools



 最近図書館で目について気に入った絵本です。空が海のように変わり、そこを横切って月に向かうアンナと仲間たちが印象的な表紙です。
 この絵本の重厚な青い色に惹かれますが、面白いのは内容に応じて本をひっくり返すこと。
続きを読む
posted by kmy at 11:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 斉藤洋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。