2012年07月21日

『NHK「100分de名著」ブックス ニーチェ ツァラトゥストラ』



 ニーチェといえば「超人」。実際に、その言葉の意味するものについては分かっていなかった。ただ、超越するような人、というイメージだったのだが、全然ちがった。

 まず元となる重要な概念が「ルサンチマン」。うらみ、ねたみ、そねみに取り付かれることであり、「もし〜であったら・・・だったのに」「なぜ、・・・なのか」というどうにもできない苦しみや無力感だと著者は説明します。このルサンチマンに囚われると、自分はこう生きようという主体性を失うと説いています。ルルサンチマンから「善/悪」(神の視点、他人のため、人々のためから見てどうか)が生まれ、これは「よい/悪い」(自己肯定から生まれる価値観、自発的)とは異なるというものです。この「善/悪」の価値観をまずは捨て去ることが「神は死んだ」という有名なフレーズにつながっていく。

 キリスト教的価値観が崩壊した後生まれる「末人」と「超人」。この末人というのは、まさに現代的な人々と思えてしまう。著者によれば「愛も憧れも創造も知らず、健康に気を配り、労働も慰み程度に必要とし、平等で貧しく富んでもおらず、わずらわしいことはすべて避ける。安楽を唯一の価値とする人間たち」(P55)が末人だが、日々の生活が安穏としていればそれでいい、と思ってしまう。無用なことをしたくない。なるべく平穏に生きたい。そんな風に考えてしまう。しかし、このような末人になるのではなく、高揚感と創造力を持った超人を目指せと説く。超人は「幼子のイメージ」というが、そういえば『2001年宇宙の旅』はニーチェを意識していると言われるが、確かに、このイメージに重なる、とふと思い出した。

 そして、「永劫回帰」へつながるが、今生きていることを常に肯定できるような人生を送るということと理解した。理解はしつつも、ルサンチマンから脱するというのは難しい。「もし〜だったら」の世界を捨て、今現在が苦しくとも、それが必然だと受け入れる。生きていくというのは難しい。このニーチェの考え方を少し理解すると、現在が生き易くなるというのではなく、自己を肯定し、現在を肯定していくといのは非常に困難に思えてきてしまう。

 最後の斎藤環氏との対談を読むと、少し希望が見える気がする。ニーチェの思想を受け入れ、自己肯定的な生き方を是としていくのは大切なのでは、と感じる。「こっちよりあっちのほうが」という比較の思想で考えるのではなく、自分はどうしたいか、が大切なのだと感じる。斎藤氏によれば、「人の正しい生き方は自分の欲望を諦めないこと」であるものの、自分が何を欲しているか分からない状況にある。しかし、世間から評価される自分ではなく、自分が本当に「わくわくする」ことを考えるといいという。

 ニーチェについて読んでみると、先に読んだ『約束された場所で』のオウム信者のことを思い出した。自分がしたいということをするのではなく、善とされることを与えられて行う人々であり、自身を肯定するのではなく、他者に肯定されることを望む人々という感じがした。

 せっかくこうした思想に触れたのだから、忘れないで心に留めておこうと思っている。なかなか「超人」になることは難しいとは思うのだけど、それでも自己を肯定し、今どうすべきかではなく、どうしたいかを考えていこう。
 

2009年10月14日

『夜と霧』

夜と霧―ドイツ強制収容所の体験記録
フランクル
みすず書房 ( 1985-01 )
ISBN: 9784622006015
おすすめ度:アマゾンおすすめ度


 いつか読もうと思っていた本。最初の資料を読んでいたら、なんだか怖くなってきて、夢にまで出てきて、その凄惨さや残酷さばかりを感じてしまいました。ところが、本文は違う。もちろん、悲惨で壮絶な収容所の暮らしぶりを描いてはいるものの、そこには「生きる」とは何か、こうした状況でも人間は人間としての尊厳を忘れないでいられるのか、この状況で生き抜くというのはどういうことなのか――「生きる」ということについて考えつつ、さまざまな状況だけが人間を規定してしまうものではない、と思う本です。読んでよかった、と本当に思います。

続きを読む

2009年07月29日

『サム・ロイドの考えるパズル』

サム・ロイドの「考える」パズル
伴田 良輔
青山出版社 ( 2008-06 )
ISBN: 9784899980896
おすすめ度:アマゾンおすすめ度


 何年かに一度くらいは、パズルに興味が沸きます。前にパズルが気になったときに買ったのはブルーバックスのパズル本だったのですが、数学が得意ではないだけに、解けない問題多数で、本は処分してしまったようでありません。新しくわたしでも解けるようなパズルの本がほしい、と思って買ったのがこの本。

続きを読む

2008年05月23日

語学エッセイで元気がでる

4768467849外国語の水曜日―学習法としての言語学入門
黒田 龍之助
現代書館 2000-07

by G-Tools

 今年度のラジオ講座の先生でもある黒田龍之助氏の本です。黒田氏はロシア語の教師としての評判もよく、語学書、エッセイも評価が高いので、ラジオ講座も聞きたいところだったのですが、電波が悪くまったく入りません。初心者があれこれ手を出すと途中で全部ダメになるかも、と思い、ラジオはあきらめることに。
 この『外国語の水曜日』は黒田氏が実際に大学で教えた実例や、学習方法などについて語ると共に、英語だけでなく、未知の外国語にも興味を持って欲しいという願いがこめられていました。ご自身も、イタリア語や韓国語を学んだ体験について書かれています。教鞭をとっていた大学は理工系大学だったそうですが、語学は文系の人だけに求められるものではないし、実験などで忙しい理工系学生が敢えて文学を読んだりというのを読んでいると、もっと勉強しておけばよかったかも、と反省することしきり、です。試験問題も凝っていて、こういう「考える」ことが大事かも、と思いました。ただ単に単位が取れればいいやという科目はまったく身にならなかったのを思い出します。
『「日常会話」という幻想』の章は興味深く感じました。日常会話レベルの外国語というのを考えたとき、話題は多岐にわたり、レアリア(言語外現実)を把握していないと理解できない話題が多く、文法や語彙がわかっても、中身が理解できるかどうかという話がありました。話すというのは話の中身が大事なのだと思います。その共通の理解と共感を得られる話は面白いし楽しいけども、表面的な会話であるお店での注文や案内などのその場限りの用件のみが伝わり分かるという学習は、わたしはいまひとつ楽しくないような感じがします。「日常会話はある意味では会話能力の総決算、最高段階なのである(P147)」と書かれていることに共感しました。

続きを読む

2008年05月17日

後からわかるもの

 ロシア料理の本を図書館から借りてきました。テレビ講座の沼野恭子先生がエッセイを書いています。ボルシチとピロシキしか知らないので、どんなものがあるのだろう?と思い、簡単でおいしそうなら何か作れるかも、と思ったのがこちらの本です。

4309280609家庭で作れるロシア料理 ダーチャの菜園の恵みがいっぱい!
荻野 恭子 沼野 恭子
河出書房新社 2006-07-06

by G-Tools


 先日テレビでも紹介していた「ブリヌィ(блины)」が掲載されていました。テキストにも分量が載っていましたが、きびを使うレシピだったので、それよりはこちらのほうが簡単そうだと思い、作ってみました。
 卵、強力粉、砂糖、塩、バター、イーストとパンと同じ材料です。牛乳が多く、パンのようにはしないでとろとろ生地にして発酵させて焼きます。ロシア風クレープと書かれていることが多いそうですが、クレープと違って発酵生地なのでやや厚めです。パンケーキとクレープの中間くらいの食感でした。本来はロシア名物キャビアとサワークリームで食すとのことですが、もちろんそんなものはありません。エッセイでゴーゴリの『死せる魂』ではバターに浸して食べると書かれているとあったので、粉砂糖やマーガリンなどで(バターが本当にこのごろ高い!)食べてみました。なかなか好評でしたが、次回はイクラやサワークリームでちょっと本格的にしてもいいかも、と思っています。
 この本を読みながら、ふと思い出したのが本の中の食事シーン。
続きを読む

2008年03月14日

仏像に興味

 旅行に行ってみてから、寺、神社、仏像などに興味が沸いてきたので、いくつか本を読んでみました。仏像の様式とか、時代、作った仏師などよりも、その仏像が意味するもの、役割、どのようにまつられてきたか、文献にみられる姿などが面白いというのがわかりました。日本は神道と仏教が融合して神仏習合の信仰であるとか、さらに陰陽道の思想が混ざっているということを改めて知りました。ほとけの種類(如来、菩薩、明王、天部)とその役割、それにまつわる縁起と呼ばれる説話などの関連について分かりやすく書かれている本がこちらです。 

4062720310仏像が語る知られざるドラマ (講談社プラスアルファ新書)
田中 貴子
講談社 2000-08

by G-Tools



続きを読む

2007年11月28日

やる気のないときの『魔女の1ダース』

 だいぶ前に本屋さんで買って、時々読む本です。うむ、やる気がおきない、というときにいい本です。あー、このままでいいのかなあ、というときにもいい本です。平穏無事に過ごしていけたらいいのに、なんて思っているときには特にいいかもしれません。

4101465223魔女の1ダース―正義と常識に冷や水を浴びせる13章 (新潮文庫)
米原 万里
新潮社 1999-12

by G-Tools


続きを読む

2007年08月04日

タイムマシンについて考えていた

4794212232タイムマシンをつくろう!
P.C.W. デイヴィス 林 一
草思社 2003-06-18

by G-Tools



 『夏への扉』からタイムマシンについて引き続き考えてみようと思い、図書館にあった本を借りてきました。この本を読んでみて、改めて物理がぜんぜんダメだということが判明しました。
 全然知りませんでしたが、移動速度を速めた物体では時間の進み方が遅くなるというのです。なので、光速に近づけて動く物体に乗れば、その乗り物は時間の速度が遅くなり、理論上未来に行けるというのです。でも、これには障壁があります。E=mc²、エネルギー・質量保存則だそうです(すっかり忘れています)。これが重要。運動エネルギーは質量を持つので、エネルギーは重力を持つ、光速に近づけて加速するとより粒子が重くなり加速が困難になるというのです。ということで、理論上は可能でも、実際には無理ということになるのですが……。

続きを読む

2006年03月28日

『翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった』

 220冊もの本を翻訳されている金原瑞人さんの翻訳についての気取らないエッセイ。そもそも最初は翻訳家になる予定ではなく、カレー屋になるはずだったという書き出しからして金原さんの人柄がうかがわれる楽しいエッセイです。
4895000834翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった
金原 瑞人
牧野出版 2005-12

by G-Tools


続きを読む

2006年03月26日

『翻訳はいかにすべきか』

 『チョコレート工場の秘密』の新訳を手がけている柳瀬尚紀氏の翻訳論。これを読んでみるとなるほどなるほど、『チョコレート工場の秘密』の翻訳への理解も深まると思います。忘れないうちに、内容についてメモしておきます。
4004306523翻訳はいかにすべきか (岩波新書 新赤版 (652))
柳瀬 尚紀
岩波書店 2000-01

by G-Tools


続きを読む