2005年11月16日

かばのかばん

 服飾・宝飾セールに誘われて、近くのホテルに行ってきました。お目当ては毛皮でもバックでもなく、ホテルのバイキングです(笑)


 普段は温泉付き3,000円のところ、1,000円でご優待というランチ付きセールなのです。母が主催者と知り合いで、よかったらお昼を食べに友だちときたら、というので行ってみたのです。でなければ、普段素敵なバックを持ってでかけるご縁のないわたしには無縁のセールです。
 一応受け付けで記帳し、会場に入ると、はあー、ため息。デザインといい価格といい、わたしたち向けではないよね、と。今回は冬を迎えるに当たってということかな、メインは毛皮。マネキンが着ている値札を見ると、38万円とか。安いので12万とか。うーん、買えませんねえ。ちらちら見ながら回ると熱心な販売員がカメオを勧めてくる。でも、カメオつけてどこへ行く?
 ぐるっと回ってから、友人と母と母の知り合いのNさん(年配の方です)と一緒にランチを食べました。

Nさん「とっても素敵なバックがあったんだけど、桁がひとつ多くてね」
わたし「いくらなの?」
Nさん「92万円だって。桁ひとつなければ清水の舞台から飛び降りたつもりで買うんだけどね」
わたし「えーっ! 92万?」
 
 桁ひとつどころじゃないですね。軽自動車が買えます。いくら素敵でも、ね。

わたし「どういうバックなの?」
Nさん「かば皮だとか……」
わたし「かばのかばん? 見てみたーい!」

 かばのかばんがあまりに気になったので、92万円もすることで到底買えないのはもちろんですが、見に行ってみることにしました。どれが高いのかよくわからなかったので、かばのかばんってどれ?と教えてもらって見に行くと――ありました。確かに他のバックとは一線を化すデザインで素敵です。へえー、これがかば皮、と思って値札を見ると

「西ナイル産クロコダイル。この製品はワシントン条約に基づいて輸入された……」

 かばじゃなかった(笑)Nさん曰く、「販売員さんはかばって言ってたのに」。でもかばのかばん、持っていたら楽しいだろうななんて思っちゃいます。お、「しゃれ」ですよね。


posted by kmy at 20:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kmyさん、こんにちは!

たしか魔女いも(妹)の大好きだった幼児番組に、
「かばさんのかばん」だか「ばくさんのばっぐ」(!!!)
っていうのがあったので、その話かと思ってたら・・・!!
kmyさんのおっしゃれ〜♪なまとめかたに、爆笑です!(^0^)
Posted by 本棚の魔女 at 2005年11月21日 02:08
本棚の魔女さん、そうなんです。カバって高いんだなんて本気で信じて見に行ったのに、本当に冗談でした(笑)
笑ってもらえて嬉しいです。
本物のカバのかばんってあるのかないのか、想像の世界だけにしておくほうがいいかもしれません。
ばくさんのばっくもいいなー。

Posted by kmy at 2005年11月21日 11:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。