2008年01月04日

あけましておめでとうございます!

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 毎年のんびりムードのお正月。唯一ともいえる我が家恒例の行事は二年参りです。有名な寺・神社ではなく、秋祭り以外で人に出会ったことのない近くの神社と、お葬式のときだけにぎわう近くのお寺です。この大晦日の深夜から新年になる境目のこの1時間だけは地元の人がたくさん来ます。みんなのお目当てはお参りの後の「おみくじ」。

 おみくじと言っても、よくみる「待ち人来たる、探し物見つかる、方角東南、結婚よし」のような紙のくじとはちがいます。吉、大吉など書かれていますが、凶はありません。書かれた運勢によってもらえる景品が違います。おみくじというよりはくじ引きです。
まずはお寺。一回300円です。箱に竹の札がさしてあって、引くと文字が書いてあります。息子が「大吉」を引き、何か重いものが入った箱をもらいました。わたしは中吉です。だんなと娘は吉。一応何かもらえますが、何が入っているかは帰ってからのお楽しみ。お参りも忘れずに。除夜の鐘をつきます。
 次に神社に。手を清めて鈴を鳴らしてお参り。神社係の地区のおじさんたちが火をたいてお神酒をサービスしてくれますが、飲めないのでそこは素通り、くじを引きに並びます。こちらは500円。子どもたちが最初に引いたのですが、どちらも「吉」。わたしも「吉」お寺も神社も「吉」は参加賞です。年末の福引に近いものがあり、商品はボックスティッシュ1箱です。ここでまたティッシュだったらかなり残念。近所のおじさんが「お父さん、がんばって当ててってよ」と声をかけてくれます。すると――「特大吉」がでました。おじさんが「当たり〜」と鐘をからんからんと鳴らしてくれました。なにやら大きな箱を渡されました。でも軽い。特大吉というのは大吉の上? あまり細かいことはよしとして、いただいて帰ってきました。

 さて、気になる中身ですが、お寺で当たった大吉は液体洗剤と台所洗剤のセットでした。道理で重いわけです。中吉は定価500円の指定ゴミ袋、吉は新品の祝儀袋でした。神社のティッシュは見ただけでわかりますが、気になるのは特大吉、大きい割りに軽いこの箱の中身は――贈答用海苔セットでした。金色の豪華(?)な缶に入っています。箱に○○-40とあるので、たぶん定価4000円のでしょう。得した、かも!?

 それにしても残念がっていたのは園児の息子です。曰く、

「お母さんが助かるものしか入ってなかった」

 とのこと。子どもの喜ぶものはたいてい入っていないおみくじでした。以前大吉が出たときにはシーチキンのギフトセットで、中吉は天ぷら粉とサラダ油(小)のセットでした。子どもの喜ぶものじゃなくて、ごめんね。でも当たるっていうそれが嬉しいものなのでした。今年は中吉&吉、まずまず、かなあ。


posted by kmy at 19:40| Comment(5) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kmyさん、あけましておめでとうございます!

私は二年参りってしたことないんです。出不精なので。
お子さん連れで夜中に外出されるkmyさん一家はとても元気だと思いました。

おみくじがくじびきというのは、面白いです。
そして、景品がなんだかお歳暮臭いですね(笑)
売れ残り?まさか使い回しでは?と勘ぐってしまいました(酷い)

ご主人が特大吉で良かったですね。ご家族のご健康をお祈りしています。
Posted by 二尋 at 2008年01月04日 20:29
kmyさん、あけましておめでとうございます。

二年参りって初めて聞いた言葉です。
土地の風習なのでしょうか。
それにしても、特大吉も当たって、出だしは好調なスタートのようですね。

今年もよろしくお願い致します。

Posted by noel at 2008年01月05日 01:50
二尋さん♪
田舎の地域行事という感じで、地元の人が楽しみにしています。
子どもたちは福引が好きなので、何かもらえるこのおみくじもやりたいようです。
景品は地元の商店さん(酒も売っている食料品店で、ガス屋や宅急便の承り、年賀状、文房具、雪かきシャベルなど、なんでも売っています)が用意していて実用的なものというので、時節柄お歳暮っぽいのではないかと思います(笑)
今年もよろしくお願いします☆


noelさん♪
二年参りは当たり前かと思っていました。こうしてお話を伺うと、自分の中の「当たり前」がそうでもないんだな、と分かって面白いものです。
高校生のころ、長野市の近くに住んでいたので、友達と電車で善光寺に二年参りに行くのが楽しかったものです。
夜中のお参りのために、特別電車が運行されているくらい当たり前のものでした。
家族と初詣にも行きましたが、夜中に行く二年参りってなんとなく特別感があるようなそういう気がしました。
今年もよろしくお願いします★


Posted by kmy at 2008年01月05日 15:18
kmyさん、明けましておめでとうございます♪
年のはじめからいいことありましたね!

二年参りという言葉は初めて聞きました。
これはたぶん長野の風習なのでしょうか?
お寺と神社をかけることを言うのかしら。
面白いです。
しかも福引きの要素が強いってことは、ホントにことし一年の運試しには持って来いですね。
おかあさんが助かるものばっかりだったってことは、きみにもいいのだよ、息子くん!

未だ初詣に行ってなくて、ご利益に与りたいヤヤーでした。
ことしもよろしくお願いします♪
Posted by ヤヤー at 2008年01月05日 22:07
ヤヤーさん♪
今年もよろしくお願いします。
二年参り、かなり地区限定の用語のようで、さらにびっくりです(大汗)
大晦日(2007年)と元日(2008年)という二つの年にまたがった時間におまいりをするという意味で二年参りなのです。
だんなも県外なので知らないと言っていました。
しゃれたものは入っていないけど、確実に使えるようなものを選んでいると思っておくことにしています。中吉を引いた友人によると「缶に入っていない海苔セット」だったらしいです。
Posted by kmy at 2008年01月06日 15:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。