2007年12月25日

発表会

 日曜日、娘のピアノの発表会がありました。今年の4月から習い初めて8ヶ月。初めての発表会です。子どもよりも親のほうが緊張〜。わたし自身ピアノを習ったことがないので、ピアノの発表会というシチュエーションも初めてでした。
 10月下旬に発表会用の曲ということで、先生が何曲か用意してくださっていました。決まったのが映画「ハリー・ポッター」でおなじみの「ヘドウィグのテーマ」です。

 わたしがハリー・ポッターを愛読していることを友人もよく知っているので、「kmyさんがこれにしてって頼んだの?」と言われましたが、まさか、ピアノを習ったことのないわたしとピアノ習いたての娘がリクエストできるはずもありません。先生が当初初学者用の曲集から2曲選んで弾いてくれたのですが、なんだかぴんとこない様子。それを見て「アニメの曲はどう?」と「星に願いを」と「ハイホー!」を弾いてくれたのですが、娘は「どっちも知らない」という返事(汗) 有名だけど、知らなかったみたいです。家で観たり聞いたりした覚えもそういえばなかったし。
 娘の反応がいまひとつなので、先生は新たな楽譜集を取り出したのです。それが「炎のゴブレット」のピアノ譜集。「ヘドウィグのテーマ」を弾き「これは知ってる?」と聞きました。娘、もちろん知っています。これがいいと(母に気を遣ってもくれたらしい)先生に返事をして「ヘドウィグのテーマ」に決定しました。意外なところでまたハリーとご縁があって驚きました。そういうこともあって、やっぱり読まなくちゃ、と7巻の原書、急に読む気が出てきたのです。ほんと、わたしが頼んだわけではないのでした。

 それにしても、練習は大変でした。最初の緩やかなメロディから後半は少々ダイナミックな感じに変化するので、出来るのかかなり心配でした。事実、最初右と左が全然合わない、♯、♭、ナチュラルが出てきて音がどれかわからなくていらいらしてばかりいました。猛練習あってか、やっと楽譜なしでも弾けるようになりましたが、娘いわく「楽譜の音がどれがどれかは実はわからない」と言っていました(大汗)ファのナチュラル、ラのフラット、ドと覚えるのではなく、この鍵盤、次この黒、次これというように覚えたらしく、自動的に指が動くようになったと言っていました。

 発表会はお友達とのアンサンブル曲もあり、こちらは「ミニモニじゃんけんぴょん」でした。お友達がピアノ、娘は電子オルガンで合わせるのですが、これがまたなかなか合わず、練習を見ては冷や冷やしました。

 さて、発表会前日は準備。町の会館で行うため、準備は保護者の仕事だとか。ステージバックの飾りつけはなんと保護者がやるとかで、不器用なわたしは手伝えるのかどうか微妙に不安でした。しかし、いざ行ってみると、元保育士さんというお母さんが何人かメインでもう飾りを作ってきてあるということで、色画用紙や布などを使ったかわいらしいリース、ベル、ひいらぎなどがバランスよく貼られていきます。発表会のためにステージにはグランドピアノと電子オルガンが用意されています。わたしは椅子を出す手伝いをしたくらいです。すごいね、保育士さん。器用でないと出来ないというか、仕事柄慣れているというか。後はお花を並べたりして完成です。並べるくらいならわたしでもできます(笑)

 日曜日、いよいよ始まります。くじ引きで順番は決まったとかで娘は4番目。最初弾く子どもたちの曲は短いのであっという間に出番。ピアノに向かって弾き始め、何度も聞いたメロディ、少々つっかえたところもありながらも、無事最後の三連符の並びの部分が終わり、ほっとしました。見ているほうも緊張。いえ、見ているほうが緊張でした。娘「全然緊張しなかった」。子どものほうが大丈夫なのね。

 休憩時間にはお茶やコーヒーとともにシュークリームが配られました。このサービースは出演者だけでなく、来ていただいたお客様全員に対してなのです。なかなかうれしい。高学年のゆったりしたクラッシックを聞いていたら寝てしまった下の子も、シュークリームで目が覚めました。

 第二部のお友達とのアンサンブル、こちらも無事に終了。オルガンとピアノもまあ合っていて、よかったです。終わってしまうと本当にあっという間でした。

 今年はクリスマスよりもその日がどきどき、待ち遠しいような緊張するような、そういう時間でした。来年はどんな曲を弾けるようになっているのでしょうか。


posted by kmy at 14:04| Comment(7) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kmyさん、子育てで一番良い思い出となる時期ですね。
そんな時がとても懐かしいです。
舞台をみんなで仕立てるというのも、素敵なことです。
そして、娘さんが選ばれた曲がお母さん好みだったというのも、すてきです。
趣味や嗜好は、遺伝子で似るのか、後天的に影響されるのかはわかりませんが、一緒に暮らしていくうちに、自然と似てくるのでしょうね。
後々、一緒に旅行に行くようになっても、とても理解しあえる存在となって、娘っていいなぁと思いますよ。
でも、それだけに、ぶつかる時期もあるんですけどね。
あー、それにしても、ぽろんぽろんとピアノの音が日常生活にあった頃が懐かしいです。
Posted by noel at 2007年12月25日 22:29
わぁ♪
娘さんの成長を感じられた一日になったのですね。
ピアノが弾けるってわたしも憧れます。
しかもそれがはからずも親子が好きな曲だったら、
こんなに嬉しい偶然はありませんよね。

会場のお客さまをもてなすのも上手な会ですね。
こうして暖かい雰囲気に包まれた発表会って、
アメリカの教会のバザーのイメージがあります。
ちょっと洒落た物語の一部を拝見した気持ちになりました♪
Posted by ヤヤー at 2007年12月26日 00:04
noelさん♪
初の発表会で準備から何から心配でしたが、無事終わりほっとしています。
小さな町なので、顔見知りさんとその知人、友人という感じで、わきあいあいと進みました。
当初は大手のピアノ教室に通うつもりでしたが、時間が合わず、個人教室でいい先生を紹介してもらえてよかったと思います。
noelさんと娘さんの旅行のお話などを聞いているといいなあと思うのですが、今のところ、まだまだそういう想像はできません。
でも、娘は結構気を遣ってくれることがありうれしい存在です。


ヤヤーさん♪
手作り感あふれるいい発表会でした。
飾りも眺めているだけだからかもしれませんが、とても素敵でよかったと思います。
お茶で一息という時間があるっていいものです。
来年はどんな曲が弾けるようになっているだろうと思うと楽しみですが、自分自身は子どものころまったく興味がなかったことが少々悔やまれます。
アメリカのバザーのイメージ、そう言っていただけるとかなりいいイメージになりますね。
田舎なので、本当に人が動いてやっていると思う気がします。
Posted by kmy at 2007年12月26日 13:24
kmyさんのドキドキが伝わってきましたよー。
がんばりましたねー
終わったときは 
一緒に弾き終えた気持ちだったでしょう。
うまくいってよかったよかった!

子どもの習い事って 
小さいうちは親が知らん顔できないので大変ですね。
我家の娘は引越しを機会にピアノ教室をかわり
発表会もなくなったので良く言えばノビノビ自由に、
悪くいえば親は放任、
めったに練習しなくなりました!

それにしても公民館を使ったり
保護者が飾り付けをしたり 
休憩時間にお茶とシュークリームがでたり
アットホームでとてもいい発表会ですね。

メリークリスマス!
来年も「雨木」楽しみにしてます♪。
Posted by めぐりん at 2007年12月26日 15:57
おお!気になっていた発表会、無事終わり何よりです♪お疲れさまv

それにしても、お母さんを気遣う娘!何ていい子なの!(笑)とそこでも感激してしまいました〜。私も聴きたかったくらいです☆

来年も楽しみですね♪私も幼い頃はやっていましたが、続かなかったので(汗)
Nちゃんはずっと続けられますように♪
Posted by みずき at 2007年12月27日 05:49
おお!気になっていた発表会、無事終わり何よりです♪お疲れさまv

それにしても、お母さんを気遣う娘!何ていい子なの!(笑)とそこでも感激してしまいました〜。私も聴きたかったくらいです☆

来年も楽しみですね♪私も幼い頃はやっていましたが、続かなかったので(汗)
Nちゃんはずっと続けられますように♪
Posted by みずき at 2007年12月27日 05:50
めぐりんさん♪
親のほうもほっとしますね、出番が終わると。
発表会の詳細も秋くらいまでほとんど知らず、昨年のDVDを見せてもらって感じがやっとわかり……。
高学年や中学生の子は普段着よりは少々おしゃれというくらいで、いわゆる発表会ドレスの子もいなくて、安心したような残念だったような(笑)
めぐりんさんちの娘さんのピアノのお話もよく覚えています。先生が変わると違うのだな、と。
楽しんで弾けるということ、持続すること、自分なりに努力することが大事なんだな、と思いました。
うまくなることだけじゃなくて。
来年もこんな感じで続けていきますので、どうぞよろしく♪


みずきさん♪
まだ習いたてで弾ける曲がかなり限られると思いますが、奇遇にもヘドウィグのテーマが弾けてよかったです、ある意味上達しちゃうと発表会では弾かないでしょうしね(笑)
娘に気を遣ってもらいましたが、お友達の曲などを聴いて、次回はクラッシックで聞いたことのある曲を弾いてみたいと言っていました。
ショパンとか弾けたら素敵でしょうね……かなり先の先でしょうが(そこまでいくかも不明ですが)
楽器、弾けないので、吹きたくなります。
Posted by kmy at 2007年12月27日 13:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。