2005年09月11日

本物のサンドイッチ?

 ここ最近、すっかり村上春樹さんの小説・エッセイにはまってしまいました。この一冊だけ読んで面白かったという作家ではなく、長編、短編ともどこかしらに繋がるようなその独特の世界がとても気に入っています。おいしそうな料理が出てくる小説ということも有名だそうで(これもまた最近知った。今さらではあります)、物語に食べ物が出てくるとかなり気になり、実際にその料理を調べたり作ったり買ったりすることもよくあります。今一番気になるのはサンドイッチ。
4062041235ダンス・ダンス・ダンス〈下〉
村上 春樹
講談社 1988-10

by G-Tools


4062041235ダンス・ダンス・ダンス〈下〉
村上 春樹
講談社 1988-10

by G-Tools

 
 サンドイッチは村上春樹さんの小説によく出てくるようで、作ってみたいのはこれ!
ぱりっとした調教済みのレタスとスモーク・サーモンと剃刀の刃のように薄く切って氷水でさらした玉葱とホースラディッシュ・マスタードを使ってサンドイッチを作る。紀ノ国屋のバター・フレンチがスモークサーモンのサンドイッチにはよくあうんだ。
『ダンス・ダンス・ダンス』(村上春樹作 講談社文庫 上 P294)

 ホースラディッシュって、スモークサーモンにもあうんだ……というか生のホースラディッシュを一度入手したことがあることはあります。しかし、はっきり言って馴染みのない食材をはじめて恐る恐る食べてみて、「これはこういうものなのだろうか?」と訳がわからないまま味の記憶もないのが悲しいです。村上さんのレシピ本というのも出ているそうですが、まだ小説を全て読みきっていないわたしような未熟な読者がまだ開けない領域の気がします。

posted by kmy at 18:25| Comment(6) | TrackBack(1) | 村上春樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは♪おいしそうな料理で有名な作家さんだというのは私も初めて知りましたが、
私の場合やはり『海辺のカフカ』の話になってしまうんですけど、カフカにもサンドイッチが出てきたなあ・・と思い出しました。
カフカにとても大好きな司書さんが居るんですけど、
その人もそう言えばいつもオシャレな感じに
サンドイッチを食べていたな・・と。カフカでサンドイッチが出てくるのも楽しみにしててくださいね(笑)。
本の中のお料理を実際に作ってみる、というのはとても素敵ですね♪また何か作ったらお話聞きたいです。
この気になるサンドイッチも、作ってみたらレポートしてくださいね!(^^)
そして、読んでいて食べたくなるほどおいしそうな食べ物が出てくる本は、やっぱりとても魅力的だなぁと改めて実感するこの頃です(^^ゞ
Posted by みずき at 2005年09月12日 02:28
みずきさん、こんにちは♪
こういう書く場を設けてみると、かなり自己満足というか誰に向けてというわけでもなく書くというのは楽しいものですね。見てくれる人が少ないというのは気楽なものです。
この記事は実は書きかけで、「本物の」という表現は上記引用ではない部分に出てきます。村上さんの本のサンドイッチは「本物のからし」らしいんですが、何を持って本物かどうかがまだわからなくて研究中です。サンドイッチに関してはまだまだ楽しんで調べてみようと思います。
『海辺のカフカ』までなかなかたどり着きません……。『ねじまき鳥』と短編2冊読んでから、と思ってはいるんですけど、先に読んでもOKかな、と悩んでいます。
Posted by kmy at 2005年09月12日 09:41
村上春樹さんの本ではないんですが、サンドイッチと言えば真っ先に思い出す絵本があります。アメリカの家庭料理としてはかなり凝ったサンドイッチが出てきます。TBさせて頂きますので、もし興味があれば読んでみて下さい。

村上さんの文章はいかにもご自分で料理をなさる方のものですね。おいしそうです。
ところでホースラディッシュってかなり好きな私ですが、生の物を入手したことはありません。わさびみたいなものだろうと思っていたのですが、違うのでしょうか? ローストビーフのサンドイッチには欠かせない薬味ですねー。
Posted by えほんうるふ at 2005年09月15日 02:29
えほんうるふさん、コメント&TBありがとうございます。TBで紹介されていた本はぜひ読んでみようと思っています。ついでに作ってみたいところです。
生のホースラディッシュ、結構昔のことですが、野菜売り場で働いていたことがあって、そこに「新野菜」として入ってきたんです。で、もちろん誰も買わないから(ついでにちりめんキャベツとか、チコリとかあったなぁ)、あげるよといわれてもらったんです(苦笑)細い大根みたい感じだった気がします。結局きちんとした料理のために入手したのではなかったので、ふーん、という感じで味見して終わったというもったいない話です。(結局その一回しかそのお店には入ってこなかったですね。値段も少々高かったような気がします)全然参考になってないですね(汗)
Posted by kmy at 2005年09月15日 09:13
ホースラディッシュマスタードというマスタードの種類です。
Posted by みん at 2006年05月05日 19:58
みんさん
フレーバーマスタードがあるようですね。参考になりました。
Posted by kmy at 2006年05月05日 21:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

サンドイッチに愛を込めて
Excerpt: ジャムつきパンとフランシスラッセル・ホーバン リリアン・ホーバン 松岡 享子 我が家の朝食は、いつもパンだ。パンでなくちゃいやだ、というわけではないが、夫がコーヒーがないと夜が明けない人なので、つい..
Weblog: オトナノトモ
Tracked: 2005-09-15 02:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。