2005年08月04日

友達って……

オンライン書店ビーケーワン:透きとおった糸をのばして
『透きとおった糸をのばして』
草野 たき 講談社

 友達って何だろう。友達と知り合いの違いってなんだろう。それはなんとなく「感じる」もので、説明できるものではない気がする。 同じ時間に同じものを同じように楽しんでいた、そんな気がしていたのに、なぜかいつの間にかすれ違っていることにふと気がつく。どうしてこうなってしまったのだろう。どうしたらいいのだろう。――元に戻る、ということはなかった。
 友だちという存在は家族とは違う。お互いがお互いをどれくらい必要としているかわからなくなることがある。そして、切れそうなつながりはどうしていったらよいのか、わからない。
 本当の友だちとはどういうことをいうのだろうか。この疑問にはっきりと答えを出すことはできないけども、友だちという関係は流動的で現在的であり、どうにかしてどうにかならないことがある。
 
 あんなに仲良かったのに、いつの間にかすれ違っていた友だちとの関係。もうだいぶ時間がたっても思い出すかつての「友だち」のことを思い出させる本。主人公香緒とちなみの関係がどうなっていくのかを緊張しながら、そして様々に自分のことを重ね合わせてしまう気がした。
 
 草野たきさんの本は変化する友だち、周りとの関係の描き方に惹かれるものがある。この先この主人公たちはどうなるんだろう? 安易に「みんな仲良く」なんていうことはできないし、かといってひとつの出来事が起こったあとはもう今まで通りの関係ではいられない。どうなっていく? そんな物語。
 『猫の名前』も気がつかないうちに変化していく人間関係が気になって、一気に読んでしまう本。

オンライン書店ビーケーワン:猫の名前
『猫の名前』
草野 たき 講談社
 
 
posted by kmy at 17:22| Comment(6) | TrackBack(1) | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今晩は〜。↑の小説、私も読んでみたいと思います。人間関係のお話しって私も気になります。これまで、草のたきさんという作家さんのこと知らなかったけど、今度本屋さんで探してみます。
Posted by みるりん at 2005年09月23日 22:14
みるりんさん、こんにちは♪
『透き通った……』のほうは現在品切れのようです。どちらも図書館で借りたんですが、主人公はどちらも中学生ですが、友達とどういう関係を自分は持ちたいのかということでなかなか考えさせられるいいお話です。もう一度読み返してみたい、と思う本でした。人と人との関係というのは流動的だといつも感じるものです。
Posted by kmy at 2005年09月24日 16:05
はじめまして。
草野たきさん、良いですね。
いま娘が「猫の名前」を読んでいます。
どうなるのだろう?と、言いながら。

Posted by 香香 at 2006年08月05日 21:11
香香さん、はじめまして! コメントありがとうございます。
草野たきさん、最近読んでいませんが、思い返すと、この人間関係の変化についていろいろ考え直すところも出てきました。『猫の名前』、10代のころの生活や思い、それを見ている大人にも単に「大人的」視点でものを考えているのではなく、個人での深い思いがあると感じさせるものでした。楽しい読書になるとよいですね。
Posted by kmy at 2006年08月07日 17:59
kmyちゃん、おげんき?
(ちゃんづけで、呼んでみた。。(*^^*) )
なつやすみ、かな。。。

ブログやっていた名残か、新着コメント、というところをつい見てしまうのだけど、こうしてkmyさんところは、過去ログも色々引っ張り出して皆さんが楽しんでいかれるのが良いね。
’友達’ということばが、今とても新鮮に響いたわ〜。

お盆の頃は、ここ数年欠かさず蓼科に行っています。
わざわざ松本へ出て、同じ川に寄って食料を買出ししたら、あとは山ごもり。
kmyさんを思い出しましたよ。
Posted by あり at 2006年08月23日 01:31
ありさん、こんにちは♪ 
うちの子供たち、夏休み終わりました。
主人の調子がちょっと悪いので、今年は医者三昧?の夏でした。
「友達」というテーマは結構永遠に続くのかな、と思います。いろいろな別れを経験してみて、草野たきさんの本、最初は「こんなにうまくいくことない」なんてひねくれていましたが、しばらくたってみると、本としての結末がとても心地いいというか、そういう感じです。
蓼科、いいですね〜。諏訪に住んでいたときはよく出かけていました。山の生活はいかがですか? 楽しい夏を過ごしてくださいね。
Posted by kmy at 2006年08月24日 12:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5614975

この記事へのトラックバック

『ハチミツドロップス』
Excerpt: 『ハチミツドロップス』 草野たき 講談社 2005/07 厳しいクラブ活動から
Weblog: 会社ともおの読書日記
Tracked: 2005-09-23 00:42