2007年09月19日

"Arrival"が到着

 6月に予約した"Arrival"の絵本が届きました。
0439895294The Arrival
Shaun Tan
Arthur a Levine 2007-10

by G-Tools


 以前より価格が安くなっていたので、増刷で何か変わったのかな〜と思っていたのですが、理由がやっとわかりました。

 届いた本を見ると何か違う、それが何かというと、うーん、何だろう?という感じです、微妙な違いで違和感を感じるということがあります。はっきりこれとは言い切れないけど、たぶん違うという感じ。裏表紙にいろいろ賛辞があるのですが、あったかなあ?と思って。表紙も中身も一緒だと思うのだけど、うーん――出版社の説明らしき文章で気がつきました。
Arthur a Levine, an imprint of Scholastic Inc, Publishers since 1920, by Lothian Books, Melbourne,Austraia.

 届いたのは「アメリカ版」でした! 軽くショックを受けております。確かに値段がだいぶ安くなっていると思ったのだけど、同じ本のようだし、と思って予約したのです。「予約可」となっているのはその商品だけだったので、次の入荷からはこれになるのだろう、と勝手に思い込んでいました。そういえば前にプレゼント用に買ったのはLothian Booksだった……チェックが甘かった! 出版情報でScholasticのロゴはランタンでと書いてあるのですが、背表紙に確かにランタンのマークがプリントされています。こういうちょっとした違いが違和感を生んだのかも、と思いました。洋書を買うときはよく出版元を確認しなくてはいけませんね。

 ちなみにオーストラリア版はこちら。
0734406940The Arrival
Shaun Tan
Lothian Children's Books 2006-10-12

by G-Tools


 値段が高いこちらはイギリス版なのかと思うのですが(出版元を検索してみたらco.ukで出たので)。
0340969938The Arrival
Shaun Tan
Hodder Children's Books 2007-11-15

by G-Tools


 出版された国によって微妙に色が違ったりということもあるので、これから購入される方はご検討を。最初に見たときの印象がすばらしかったので、その記憶で手元にないものはよく見える、それだけなのかもしれませんが、気になるなあ。



posted by kmy at 10:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あっ、これはちょっとショックかも…。
わたしもハードカバーを買うときにはなるべく安いUS版にしていますが、最初に見たものっていうのは、忘れられないものですよね。
毎日ウィッシュリストとにらめっこしていますが、そのうちペーパーバックが出てくれないかな〜と思っています(笑)。
するとこんどは表紙のイラストが換わったりするんですよね。印刷技術には世界で大した違いがないと思うので、やっぱりこれは編集者の好みやお国柄の違いなんだろうな、と思ったりします。

あぁでもkmyさん、粘ってオーストラリア版、買っちゃいそうですね♪
Posted by ヤヤー at 2007年09月19日 23:18
ヤヤーさん
微妙に気になるところですよね。中身はほとんど変わりないと思いましたが、背表紙と裏表紙がちょこっと気になる……買いたくなる気持ちが結構あるので困ってしまいます(笑)
それほど洋書買わないけど、買うのだったらもともとの出版のものがなんだかいいような気がしてしまいます。
翻訳されたものだとまた表紙が違ったりして、そのお国柄のようなもの、出ますね。
"Red Tree"は大型本のようだけど、日本語版はかなり小さい絵本になっていますから。
Posted by kmy at 2007年09月20日 15:33
こないだアマゾンをチェックしたら、やや廉価版が出るようで、つい予約を入れてしまいました。
なにしろ実物を見たことがないので、こだわりもないのです。

とはいってもあんまり自慢はできないかな。
わたしもアンジェラ・バレットの絵本は原書も邦訳もだぶって持ってるものありますから(笑)。

いまはただ届くのが楽しみです♪
Posted by ヤヤー at 2007年10月12日 21:40
ヤヤーさん
安いのだと2冊買えそうな値段になってますね。
洋書は価格変動するから、先に買ったほうが得なのかどうなのか、とも悩ましいものです。
見ていればそれなりに慣れてきますが、最初に見たものはなんとなくよく見える、というものなのかも。
『レッドツリー』は日本語版を買いましたが、これは原書のサイズとはだいぶ違うみたいですね。こういうものなのかな、と思ってしまうと、それはそれであまり違和感もないのですが。
原書を買うときは気をつけようと思うのでした。
Posted by kmy at 2007年10月13日 10:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。