2005年07月20日

メルマガはどこへ行く?

 ほんの少し前、自分でブログを始めようとも思っていなかったのに、着々とネットの世界はブログ化していくのだな、と思うこのごろのこと。
 利用していたメルマガ配信サービスmelma!がリニューアルするとのこと。メーリングリスト部門は廃止になるそうです。そしてメルマガ部門はトラックバック機能やプロフィール機能、レビュー機能などがついてメルマガを配信できるブログに変わるといっても過言ではないでしょう。
 従量課金の時代はモデム速度も遅く、インターネットといってもページを見ることがメインではなかった(少なくともわたし自身は)ものです。ほんの数年前までは、コミュニケーションとしてもっとも手軽で時間とお金の節約にも長けていたのがメールを使ったサービスでした。何か趣味の集まり、といえばメーリングリストだったと思い出します。わたしが最初に利用したメーリングリストは1997年のことです。当時はメーリングリストは個人で開設し、プロバイダもメーリングリストを開設できるとかできないとか、そういう基準が設けられていたように思います。ボタン一つで登録できる便利なシステムに変わったのは少し後のことで、当時は管理者側でも知識を求められました。だからこそ、誰もがメーリングリストを開設するというのではなく、技能のある人がMLを開設し、人がそこに集まる、という感じでした。同じ趣味をめぐって数ヶ所の特別な牽引力のある場所(サイト、ML)が存在し、まずはそこに登録することで、共通の趣味を持つ人々が見つかりました。
 ハリー・ポッターのファンサイトで言えば、圧倒的な利用者層を誇る公認サイト友の会があり、いくつかの人気のある個人サイトがありました。ネットのファンの多くはハリー・ポッターの公認ファンサイトの利用やメーリングリストが中心となっていました。今も続いているわたしのハリー・ポッターのファンサイトも、このメーリングリストで駄文を発信し始めたことに端を発しています。
 だから自分で始めたサイトでもBBS兼メーリングリスト機能というシステムを利用しました。まだまだ接続環境に差があったから、メールのほうがBBSより便利な部分が多々あったと思います。しかし、そのシステムも開始から2年ほどでなくなりました。それ以降は積極的にメーリングリストを利用することがなくなりました。
 今回、melma!のリニューアルでメーリングリストが廃止という記事を読むと、懐かしさと寂しさを感じつつ、終わるのももっともなのかなと思いました。先日melma!にアクセスしてみて、現在のメーリングリストの利用者の激減を余計に感じました。一日あたりの配信メールランキングの一位のメーリングリストでも0.6通。melma!のメーリングリストはまもなく終焉を迎えるのも仕方のないことなのでしょう。
 メーリングリストよりも気になるのが、メルマガのことです。メルマガのシステムはここ2年半ほど利用しています。メルマガはブログに吸収されて「希望すればメールで内容を知らせるブログ」(Seasaaでも同様のシステムがあるようです)になるのでしょうか。RSSが一般的になれば、メール通知機能は必要ないかもしれない、そんな気もします。
 わたし自身が発行しているメルマガについても、サイト、ブログとどの程度重複するか、別個にするかということで頭を悩ませていますが、なかなか結論はでません。「読んでもらう」というのは相手の自由なので、強制できませんし、たとえメールを送っても読んでもらえたかどうかは本当のところはわかりません。やめてしまったらやめてしまったで、「やめちゃったんだな」と思うくらいなだろうな、とは思います。思うんですけど、適当に登録したにせよ、現在1200人くらいにメールが配信されています。メルマガというつながりはわたしには相手のことがあまり見えません。しかし、まったく知らない方が大半だとしても、一度は楽しみに登録してくださった読者の方とのつながりがこのメルマガなのだなって。「ブログに移行したので、そちらへ」「サイトをご覧ください」と書いても、メルマガとしてのよさはまだ別のところにあるのかもしれないも思います。特にハリー・ポッターの世界の「ふくろう便」を想起させるので、そのイメージを持ったものとして作れれば楽しいのではと思ってしまいます。(実際には発行そのものが四苦八苦なのに!)システム変更の様子をみて、メルマガのことはまだまだ考えていこうと思っています。
posted by kmy at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | PCとネットと、ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5222474

この記事へのトラックバック