2015年07月28日

鳩の卵のスープ

『細雪』で気になること。四女妙子の奢りで次女幸子、その娘の悦子、三女雪子で南京町の東雅楼で広東料理を食べるシーンがある。そのメニューは「悦子の好きな蝦の巻揚げ、鳩の卵のスープ、幸子の好きな鶩の皮を焼いたのを味噌や葱と一緒に餅の皮に包んで食べる料理」だった。「鶩の皮を焼いたのを...」はいわゆる北京ダックのことだと思うが、広東料理とのことなので、広東ダックが正解なのかもしれない。皮を食べるとあるから、肉は食べないのかもしれない。残念ながら、わたしは北京ダックを一度も食べたことはない。知っているだけ。あまりに有名なので、なんだか食べたことがあるような気がするものの、なかったはず...。南京町では食べたことがないのは確実だが、大昔に横浜行ったときは...やっぱり食べなかった気がする。「蝦の巻揚げ」は検索してみると、蝦をライスペーパーで巻いて挙げた春巻きのよう。問題は「鳩の卵のスープ」。これが謎料理。東雅楼というお店は実在したのかどうかは不明で、鳩の卵のスープも一般的な中華料理ではないようで、検索してみても出てこない。好吃!点心料理!によると、鳩の卵は高級品で、普通茹で卵にして付け合わせにするとのこと。茹でた鳩の卵の白身は透明で食感はもちもちしているそうだ。初めて知りました。昭和10年代に神戸の南京町にはこんな料理をだす「一膳飯屋」があったのだろうと思う。北京ダックといい、鳩の卵のスープといい、本格的な高級料理の気がする。神戸の南京町で食べれるところはあれば、この三品を食べたいな。
posted by kmy at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック