2007年05月15日

気になる曲

 なんとなくテレビがついていて、「チャーリーズエンジェル」がやっていました。日曜日の話です。そこで妙な日本風のパーティー?が行われているシーンがあって、これが日本のイメージなんだ〜と思いつつ、流れている曲に聞き覚えがある! えーっとえーっと、何だっけ?と気になっていたら、曲が変わってしまいました。「スキヤキ」はわかるんだけど、最初の曲何だった?

 というわけで、ネットで調べてみることに。いくつかキーワードの組み合わせで「ピチカート・ファイヴ」に行き当たりました。そうそう、ピチカートだった♪
 でもって、曲名も行き当たりました。「トゥイギー・トゥイギー」。あーよかった!と思ったら、映画はどんどん進んでいたので、結局よくわかりませんでした。チャイニーズ美人の作ったマフィンは固いということだけはわかりましたが。
 こんな調子だから映画に集中できないのかもしれません。どうも、映画の中に入り込んで見れないようです。気になることがあると、引っかかってしまいます。本だと一時中断でも大丈夫なのですが。(辞書引いたり、調べたりと)

 ところでピチカート・ファイブ、懐かしいなあ。よく20代のころ聞きました。とても好きでした。HMVの視聴でいくつ聞きながら、なんとなく思い出したり……。何枚も持っていたはずなのに、いつの間に処分したのか、家にはありませんでした。
 もう長いこと音楽とは疎遠になっていました。新しい曲はさっぱりだけど、何か「いい」と思えるものがどんな音楽だったかもすっかり忘れてしまいました。「陽の当たる大通り」「東京は夜の7時」、好きだった〜。古い音楽を聞くと、その当時の場所、人、もの、いろいろ思い出します。

singlessingles
pizzicato five 小西康陽 福富幸宏

by G-Tools


視聴のできるHMVへのリンク → Pizzicato Five Singles


posted by kmy at 20:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひゃ〜、懐かしいです。
いまだってピチカート・ファイブが流れて来るとすぐにわかります。
もうこのひとだけ、このバンドだけという聴き方はしなくなったので、なおさらラジオから流れて来る曲がきっかけになって昔のことを思い出すようなトシになりました(笑)。
音楽を求めて聴かなくなったのは、どうしてなのかなぁ。
環境の変化?
魅力的な本?
不思議です。
Posted by ヤヤー at 2007年05月21日 21:17
ヤヤーさん
懐かしいでしょ♪ わたしもとても懐かしい。
音楽は10〜20代のことは必須でした。
「音」を求めてはレンタル、CDショップ、ラジオ……友人の家にあるCDを聴き、借り……としていたはずなのに、すっかりご無沙汰。
突然にやめたわけではないけども、求めなくなると自然と遠のいて、疎くなってしまいました。
ピチカートを聴くと、都会の雑踏のような、新幹線から降りた東京駅のような、そういうことを思い出します。
Posted by kmy at 2007年05月22日 09:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。