2014年06月14日

語学学習

語学学習の当面の目標は「ペンギンの憂鬱」続編を読むこと。でも、やっぱり聴いてわかるというのも目指したい。というわけで聴き取り学習を4月から始めた。簡単なものを聞き取る方法がよいと学習法のサイトで読み、確かにと思ったので、ラジオ講座を活用することに。
昨年もラジオ講座を聴いていたものの、テキスト見て分かった気になっていた感じ。というわけで、今年はあえてテキストを見ないで聴く方法を取ることに決めた。

ラジオ講座の木・金曜分を録音して、40秒ほどの会話を聴いて書き写す。この40秒会話を仕上げるのに、結構時間がかかる。発音から推測し、文法から推測し、先生の説明と訳から推測してノートにまとめる。15分の講座中の説明や応用もまとめる。40秒スキットを編集してスマホで聴く。昨年の、とりあえず聴いてテキストを見るという方法よりは、ずっと熱心にああでもない、こうでもないと繰り返し聴く。これが意外と楽しい。時々、あっさり分かるときがあれば、昨日の閃きは何だったのかというほどわからないこともある。そのうちすらすらわかる日が来るのだろうか、と思いつつ、気長に続ける予定。

それにしても、録音とか繰り返しスマホで聴くとか、学習法の進歩は目覚ましいし、便利になった。後はやる気。続けること。それが一番大事かな。
posted by kmy at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック