2014年01月23日

向上心とか、貪欲さとか

今年は"Пикник на льду"(「ペンギンの憂鬱」)を必ず読み終えると決めました。できれば、いえ、絶対今年度中に! 全然伸びない語学力は、取り組む姿勢に問題あるんだろうなと思うのではあります。必要性もないし、どうしてもという気持ちが薄い。面白いけど、そこそこわかると自己満足。向上心とか貪欲さとか足りてないです。

これは、と思って凄い努力してといのがあまりないまま来ている気がしてます。今年は時間大切に過ごしたいと思います。向上心を持って!やれることを真剣に、やってみることを大切に。
posted by kmy at 19:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに必要性といいますか、逼迫したところがないと習得の速度も違うかもしれませんね。

でも楽しむのも重要ですょね。

私も毎年、年初には色々と目標を立てるのですが、達成度合いは…です(T-T)
Posted by おにゃこ at 2014年01月25日 21:35
おにゃこさん
なかなか、年頭に張り切っても、中だるみしたり、別のことに忙殺されたりで、うまくいかないこともありますが、やれることを大切に、真剣にと思う年初めです。

楽しみながらは大事ですね。
実際、ロシア行くとかないですが(小説の舞台はウクライナだし)、文法や表現を楽しみたいと思います♪
Posted by kmy at 2014年01月26日 11:08
当地ではロシアの某都市と姉妹交流をしており、それが熱心だった二十年前は、市主催のロシア語講座なども開かれておりました。
いまもあるのかしらん。
仕事で必要な人よりは、趣味で通っていたひとが多かったそうな…。
仕事で必要な人は、そういう相手と話したほうが早く覚えますもんね。

ロシアからの船が来ると、たまに当店にもお客さまとしていらしたものです。
子供用のチューインガムとか、大人買いして行きました。
おたがいに片言の英語で会話ですよ。
最近はコンビニとかに行くことを覚えたのか、全く見えません。
ちょっと残念です。

『ペンギンの憂鬱』は、翻訳を面白く読んだことしか思い出せないです。
世の中に読みたい本が溢れ過ぎてます。
Posted by ヤヤー at 2014年01月27日 01:34
ヤヤーさん
本を解読するのが目的になっていて、実用は程遠い感じですね。
本の続編を読むのが目的で、すでに購入済なのですが、娘に5年後も読んでそうと言われ、やる気になってます。

ロシアの方が来られる地域なんですね。
それなりの意思の疎通というのは、語学力とは別のところにあるかもしれないですね。
この辺りにも外国人観光客は来るけども、結構無縁です。自分にそういうコミュニケーション取りたい欲がないからかもしれないです。
わたしも今年はもっと本読もうと思ってます。
Posted by kmy at 2014年01月27日 13:12
タイトルのロシア語が読めるだけでもすごい!と思ってしまいました。
何かアルファベットとは違う文字ですよね。これをとりあえず辞書を使えば理解できる、ということに驚きます。
母国語の他に英語とロシア語とドイツ語も読めるのでしたっけ?実践する機会はなくても、誰も介さず書かれたままの言語で読もうとする姿勢は、誇って良いと思います。
目標達成できるように、頑張ってくださいね!
Posted by 二尋 at 2014年01月27日 17:17
二尋さん
読めるというか、解読レベルで、会話はしたことないし、実用的ではないのです。
英語、ドイツ語も同じく...。
ただ、ロシア語は英語と意外に似てないところが面白いです。時制の一致もないし、主語なし文もOKです。
キリル文字は結構すぐ読めるようになります。でも巻き舌ができません。
趣味として語学は楽しいものです♪
二尋さんのお菓子教室参加は凄いなって思いました。
Posted by kmy at 2014年01月28日 17:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/385934555
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック