2013年07月31日

四人称

今日、ロシア語のラジオ講座を聞いていたら、講師の黒田先生が、「四人称のある言語もあるけど、ロシア語にはないです」と言っていて、驚きました。確かに一人称、二人称、三人称とくれば四人称と進む発想があってもおかしくないはずですが、思いもしなかった! 四人称、不思議な響きだ......誰をさすのが四人称?

ネットでちらっと検索した感じでは、これが四人称という規定はないようで、談話の出現順や心理的距離、いろいろあるようです。ウィキペディア見たけど、よくわからない。

でも、今まで当たり前のように三人称までしかないものと思っていたので、ちょっと世界が広がった感じです。
posted by kmy at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
縦、幅、奥行き…色々な表記の仕方はありますが、物体は三次元です。

ドラちゃんは『四次元ポケット』を持っています。

ところが、お名前は失念してしまいましたが、ある高名な大学教授の先生曰く、物理の世界では、なんと『九次元』!まであるそうなんです。

量産型の凡人の私には訳がわかりません。

四人称なるものは、推測の域は出ませんが、『神の目線』ではないでしょうか?
その根拠は、『ソビエト・ユニオン』時代、ある種の『宗教弾圧』みたいなものもあったそうです。

ロシア正教なるものも、あったそうですが…

共産党は基本的に宗教は認めないので。

私は無宗教で、死んだら坊主は日蓮さんから呼びます。
あえていうなら『にゃんこ教』です(笑)
Posted by おにゃこ at 2013年08月01日 12:00
おにゃこさん
四人称って不思議な響きですよね。
「無人称文」の無人称には違和感なかったのですが。
四人称も難しい感じですが、日本語も人称による文法分けはない言語ですから、言語によるのですね。

それにしても9次元は凄いですね。理解を越えています。
ソ連時代は宗教を認めなかったというのは、少し読んだことあります。でもまだまだ不勉強です。

Posted by kmy at 2013年08月01日 19:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック