2007年03月20日

パソコンがなかった時代

 3月24日はシャットダウンデーだそう。何かを検索していたら――たいてい、その検索目的は忘れて気になることを調べるもので、だからパソコン使用時間が長いのだ――「パソコンや携帯のなかった時代は」という記事に当たって知ったのです。シャットダウンデーはともかく、パソコンや携帯のなかった時代、何していたんだろう?と思いました。

 このパソコンがなかった時代、まったく生活とは無関係だった時代はきっと高校生くらいかな、と思います。パソコンは家で使うものなので、そういう「家で何をしてすごしていたか?」を考えると、うーん、何だろう? いったい何していたんだろう? そもそもあまり家にいなかったのかもしれないです。バイトとか、友人の家とかにいたりして。一人でいるときは音楽を聞いたり(今は全然ですけど)、本を読んだりくらい? 本も物語は全然読みませんでした。新書か評論、エッセイが好きでした。何をしていたという具体的なことはよく思い出せないものです。断片的に覚えているくらいです。やっぱりこの時期は音楽を聞くのが好きだった気がします。当時流行っていたものを。

 その後の大学時代はゲームばかりしていました。大学の研究室のパソコンでゲームしていました。そこの研究生ではないのに、先生と仲良くなってゲームさせてもらっていました(笑)それが高じて(?)ゲーム機を買い、そこからまたパソコンに戻るわけですが。パソコンの最初の目的はゲームでした。文章はワープロで十分でしたから。それでもゲームが楽しかったのはその時期だな、と思います。今はほとんどしないので。

 パソコンがなかった時代にも生きていけたはずなのですが、ちょっと気になることがあるとすぐにパソコンに頼ってしまいます。たまにはパソコンに頼らずに過ごしたほうが、買ったままの本が減っていくはずだし、手の込んだ料理も作れるかもしれないし、掃除も片付けもはかどるかもしれない――けれども、パソコンがやっぱり好きなのは、自分の考えていることをまとめるために検索したり、文章を書いてみたり、感想を書いたり、そういうことができるからなのでしょう。自分の中身を取り出して整理するのに便利な道具がパソコンなのかもしれません。パソコンのなかったときは、個人的な文章をたまにノートに書きとめていましたが、本当に字が下手なので、自分の字に嫌気がさしてかけなかったし読み直すの嫌でした。パソコンがあってよかったと思うのは文章を書きたいと思うときに、自分の下手な字を気にしなくていいというのが一番かもしれません。


posted by kmy at 21:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何してたかなぁ。
そうですねえ。よく友人とコンサートに行ったりはしてましたね。
あとは漫画読んだり描いたり。
いまよりもっと手作りはしていたかもしれません。
TVドラマは見てたでしょうね。
いまはそれだけに没頭する時間がもったいない。
PC開きながら、目の端っこでTVを見るという感じでしょうか。

一日くらいPCを開かなくても生きては行けますが、すぐに知りたいことが出来た場合には、誘惑に負けてしまいそうです(笑)。
Posted by ヤヤー at 2007年03月20日 22:37
ヤヤーさん
漫画読んだり描いたり!というのが意外でした。
ヤヤーさん、実はイラストも得意なのでしょうか。予想は裁縫関連かと思っていました。
ドラマは昔からあまり見ません。映画と同様(?)、なんとなくストーリーを追えないのです。
知りたいことができたときって、検索すればきっとわかるはず、と思ってしまっているので、わたしも辞書引いてダメなら、とついついパソコンに頼ってしまいます。些細な事でも結構気になりだすとそのままにしておけないものです。
Posted by kmy at 2007年03月21日 20:44
私はkmyさんの もうひとつ上の世代ですから 大学時代もパソコンなかったですね。やっと卒論にワープロ使いはじめた頃です。そのころ なにやってたかなあ?映画館 通ってましたね。ゴールド劇場 シルバー劇場、今もあるかな。おっとひとりごと・・・。
あと 今よりぼーっとしてる時間がながかったような気がします。あれはあれで 私には必用な時間だったかも。今は映画みても本読んでも ついパソコンにむかおうとするので 本や映画そのものに集中できないことがたまにあります。
でもkmyさんがおっしゃるように 私もパソコンがなかったら 日記や文章を書くことがここまで続かなかったでしょうね。気持ちの整理にもなるし 今のわたしには必需品です。
Posted by めぐりん at 2007年03月24日 15:42
めぐりんさん
大学時代のパソコンはMS−DOSでした。理屈は分かりませんでしたが、ゲームだけは好きでした。
なので、実用(?)というか、個人的に購入して使うようになったのは就職して、どうしても欲しくてボーナスで買いました。(目的はチャットでしたが)
めぐりんさんは映画好きでいらっしゃるので、いろいろな名作から話題作まで鑑賞されたんだろうな〜と思っています。
パソコンというか、やはりネットの影響は大きいですよね。こういう文章を書く、読んでもらえることがある、コメントをもらうことがある、という一連の流れが自分にフィードバックされて、より「自分」を考えたり見直したりする機会があると感じます。もともと字があまりきれいでないので、日記を書くのは苦手でしたし、パソコン購入直後など、フリーの日記ソフトを入れても続きませんでした。タイピングの練習に少し貢献したくらいで。
やはり機械ではあっても、人間同士のつながりを得ることができるからこそ、パソコンっていいのでしょうね♪
Posted by kmy at 2007年03月25日 13:29
24日は土曜日で仕事も休業だったので、シャットダウンデーを実行できるかなと思ったのですが、電車で出かけようということになって、時刻表を調べるために、スイッチオンしてしまいました。(1時間に1本しか電車の便がないので、調べずに家を出たら、とんでもない時間の無駄になりかねません。)

わたしがパソコンに向かっているのを見て、うちのだんなはわたしのことをパソコン好きといつも言っていましたが、パソコンが好きなのではなくて、パソコンを通じて、いろいろな情報を得たり、ほかの人と意見交換するのが好きなのだと説明しても、今まではわかってくれませんでした。が、最近は、その夫も中古自動車の売買サイトにはまっており、「ふと気がついたら1時間も無駄にしていた」という彼の友人の言葉に納得していました。これで、わたしの言っていることがわかってくれたと思います。
おっしゃるとおり、パソコンは単なる媒介で、本当のパソコンのよさは、それを通じて得られる人間同士のつながりだと思います。

Posted by みちえ at 2007年03月27日 17:24
みちえさん
ちょっとしたことでもすぐに調べられる利点があって、パソコンは便利ですよね。
携帯世代ではないせいか、携帯ではほとんどネット接続はしていませんし、時刻などを調べたりもしたことがないですが、パソコンを通じてあれこれ調べさまようのは楽しいです。逆にお店に出て行かなくなりました。
パソコンそのものに興味を持ったのは買った当初だけですし、その目的もパソコン通信、インターネットのため、という感じでした。
現在は他のことにはあまり利用しなくなりました。
このように、何かしらの共通点でつながった人との時間を煩わせないお話というのや、自分の考えをまとめて読んでもらう楽しみはなかなか飽きそうにはありません。
Posted by kmy at 2007年03月28日 14:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。