2013年05月20日

化石発掘

先日、瑞浪で化石発掘体験をして来ました。毎月一度行われているとのことで、快晴の日曜日は凄い賑わいでした。
やはり、化石に興味があるのはうちと同じく小学生男子をメインとした家族連れ。私は行かないと言った娘のような、中高生の女子は全然いませんでした。

説明を聞いて化石が出るという河原に。

image-20130520203211.png

ごちゃごちゃと散らばり、ハンマーとタガネで発掘開始。この河原はだいたいどこでも化石が出るとのことで、私たちでも貝の化石はたくさん見つかりました。レアなのはサメの歯の化石。うちの子もサメの歯狙いで頑張っていましたが、残念ながら見つかりませんでした。

それでもたくさんの化石を持ち帰ることができました。


image-20130520203711.png


posted by kmy at 20:37| Comment(5) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は恐竜や、宇宙も好きでして…

太古の海には、20M以上もある『メガロドン』なる、サメの『親分』みたいなのもいたそうです。

船ごと丸飲みされそうです。
イエネコの歴史は浅く、ニャンコさんの化石は無いそうです。

あれば、可愛い化石だと思います。
Posted by おにゃこ at 2013年05月24日 18:25
化石の発掘、やってみたいです!
子どもの頃から化石発掘に興味があったのに一度も機会に恵まれませんでした。
このように、種類を選ばなければ化石がたくさんみつかる場所があるなんて!
あと十年早く知っていたら、うちの子どもたちも連れて行っただろうに、と思います。
Posted by 二尋 at 2013年05月24日 21:29
おにゃこさん
ねこの化石があれば、きっと面白いでしょうね。
息子がいないと、恐竜にも興味がわかなかったと思います。
サメの歯が見つからず、残念でした。



二尋さん
男の子はこういうものに興味を持つということで、面白いものですね。
娘は全然いく気なしでしたが、女の子が少ないのも意外でした。
二尋さんもお子さん小学生だったら、ぜひとオススメしたいところです。
Posted by kmy at 2013年05月25日 19:04
恐竜の分野でも、パラダイム・シフト(常識の変動)なるものがあるそうです。

私が子供の頃に大変に有名だった恐竜に『ブロントサウルス』という、大きな草食恐竜がいましたが、今は学術名としては無くなり、『アパトサウルス』となっています。

『パラダイム・シフト』はどの分野でも起こり得る事でして、今の常識とされる事も数年後には変わっているかもしれません。

諸行無常…
Posted by おにゃこ at 2013年05月26日 17:37
おにゃこさん
パラダイム・シフトとは、面白いですね。
子どもに聞いたら、「アパトサウルス」知ってるといって、昔集めていた恐竜のカードだしてきました。
わたしは全然知らないのですが・・・。子どもはよく覚えていますね。
Posted by kmy at 2013年05月27日 16:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。