2007年01月05日

思いがけない贈り物

 いとこたちが実家(歩いて10分くらいの距離です)に泊まりに来ていたので、わたしも泊まりたい〜、と言い、娘も一緒に2日間泊まって行きました。そしていとこたちが帰るという前日、近くにお土産を買いに行くというので一緒についていったそうです。娘はついていっただけだと思ったのですが、お土産買ってたよ、とわたしの姉がいいました。また無駄なおもちゃをねだってきたな、と思ったのですが――。

 
「お父さんとお母さんに」

 小さな紙包みを手渡してくれました。あけて見ると金色のりんごがついたストラップ。主人には白いりんごのストラップ。わあー、ありがとう。娘が初めて選んでくれたプレゼントです。お土産なんて買う相手なんていないと思っていたのですが、思いがけずお土産の相手は留守番のわたしたち夫婦にでした。祖母に頼んで買ってもらったといことですが、うれしかったです。大事に使うね。
 プレゼントについて、サンタクロースがらみもあって年末からいろいろ考えていましたが、欲しいものをもらうというよりは、やっぱり相手の気持ちを頂くということが嬉しい、と実感しました。「選んでくれた」というのが嬉しいのです。
 それにしても、主人のは「幸運のお守り」とありますが、わたしのは「金運」と書いてありました。わたしが黄色とかが好きだと思って選んだのかな?と思っていたら、わたしの姉が言いました。

「Nちゃんね、お母さんは貧乏だから金運がよくなるようにって選んでたよ」

 娘にとって家族で一番貧乏なのはお母さんのようです。よくご存知で(笑)


posted by kmy at 16:18| Comment(10) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わお!
kmyさん、よかったですねえ。
特に子どもからって、親は与えるのが当たり前で、子どもからは何かして貰おうなんて思っていないから、なおさら嬉しいのでしょうね。
きっと金運があがりますよ(笑)。

我が家もそろそろ夫の誕生日が近いので、準備しておかなくては。
って、いつもあげてばかりですが、自分はあんまり何か買って貰おうとは思わないんですよねえこれが。
やっぱり、プレゼントをあげたときの相手の表情が楽しみで、それがわたしにとってはいちばんの贈り物なのかなと思います。

てことはなんだ。
自分で自分に贈り物をしてるのか・・・まあいいか。
嬉しくて楽しいから♪
Posted by ヤヤー at 2007年01月05日 20:32
子どもからの贈り物って、本当にうれしいものですよね。
きっと去年、体調が優れなかった様子から、娘さんはお守りを選んだのではないでしょうか。
今日は、夫の誕生日で、うちでも息子が交通安全のお守りを買ってきました。やはり去年からバイクに乗るようになった父親を心配していたのだと思います。

私も、いつも「選んでくれた」「贈りたいと思ってくれた」ということを嬉しいと感じます。何をくれたか、ではなく、その時、贈る人のことを思い浮かべていてくれることが嬉しいです。
Posted by 二尋 at 2007年01月05日 22:50
言い忘れました。
あけましておめでとうございます。
今年も、よろしくお願いいたします。
Posted by 二尋 at 2007年01月05日 22:53
ヤヤーさん、きっと金運があると思っています(笑)
プレゼントをもらうというのはいいものですね。それが思いがけず、というのがまたうれしいものです。
自分にプレゼント、これも楽しいですが、ご主人にはどんなものを贈られるのでしょうか? お誕生日ケーキもあるのか少々気になります。


二尋さん、今年もどうぞよろしくお願いします。
「何」をくれたかというのは本質ではないのだな、と改めて感じました。
贈ると考えてくれたこと、贈ってくれたことというのが贈り物の本質なのですよね。
二尋さんのお子さんたちのご様子はいつも楽しくて思いやりも感じます。お守り、きっと大事にされているでしょうね。(余談ですが、バイクでトンネルめぐりをされているのでしょうか。気になる〜。斉藤洋の話で怖いのがあったので)
Posted by kmy at 2007年01月06日 17:56
kmyさん、こんばんは。
今日は、こんな話しを思い出してしまいました。
子供の小学生のときの懇談会でのこと。
子供だけで買い物に行きたがるようになってくる頃、そのお母さんは、まだ子供だけの買い物は禁止されていました。
でも、どうしても 行きたがるので、どうしたものか・・・という話になって。
わたしは、それもまた勉強じゃないかって言ったんですけど。
結局、その子は 母の日に贈るプレゼントを買いにいきたかったのだということを後で知って、反対したことをちょっぴり後悔されていました。
贈りたいという気持ちと、それを受け取る気持ち。
子育ての中で、いろいろ 思うことありますね。
Posted by noel at 2007年01月06日 20:18
noelさん、なんだかしんみりするお話です。プレゼントはその場で買って渡すといよりも、「用意する」という要素があると感じました。前もって考えて、そして贈るものなのかもしれませんし、クリスマスや誕生日などの記念日だから期待させるというのもありますが、そういう日に相手を想って用意するということがプレゼントのうれしさなのでしょうね。
子どもだけで何かしたい、というときってもちろん危険も伴うわけですが、その気持ちもきっと大人になる上で重要なのだと思いました。
エピソード、ありがとうございました!
Posted by kmy at 2007年01月07日 20:24
わぁ!kmyさん本当によかったですねぇ!と
読んでて嬉しくなっちゃいました♪
心温まる素敵なエピソードです♪
(これこそホントの思いがけない贈り物。タイトルの通り、本のよう(笑))
それから、改めて本年もよろしくお願いします。

私がNちゃんくらいの頃は、
もらうことしか考えてなかったような・・(笑)。(Nちゃん、ホントにいい子だわ。やっぱり教育ありきですね〜!)
バイトするようになってから、映画鑑賞代(まあこれは私が行きたいからメインですが(笑))を出したり、ごくまれに4、5千円の
プレゼントをするようにもなりましたが・・・

でも、そんなのは本当に
ごくごくまれでございます。。

でも、「贈り物」って確かに、記念日とか
関係なく贈りたいときがあって、それは
大事にしたいし、そういう感じ・そういうときは自分でもすごく好きだったりします。

値段や日付ではなく、その人に贈りたい物を、その人に「贈りたい」と思った
自分の気持ちを、「見つけた」ときの感じ。

3、4年前、たまたま行ったショッピングモールで母の好きそうな置物を見つけ、一回りしてからやっぱりあれをプレゼントしよう!
と決めて、閉店間際の店内を走って戻り、
急いでプレゼントにしたことを、
不意に想い出しました。

その時、自分の物は何も買わなかったのに、
なぜかとても満足感があって。
800円のちいさな置物でしたが、とっても
喜んでくれました。

親としては、ほんの時々でいつもある物じゃ
ないからこそ、それこそ「思いがけない」
贈り物だからこそ、余計に嬉しい、って
感情がわくんでしょうね。

色々想い出しました♪
Posted by みずき at 2007年01月08日 13:52
みずきさん、「思いがけない」からこそうれしさも大きいですよね。
よくクリスマスシーズンで恋人に何を贈るかというランキングや、いくらのバックを買って欲しいか話している女性が出たりしますが、違和感を感じます。
欲しいから「もらう」のではないですよね。贈りたいと思うその気持ちをもってくれたということが最大の贈り物なんですよね。
きっとみずきさんのプレゼントにお母様も喜んでくれたと思います。それをプレゼントしたいと想ってくれていた、ということをきっと想ったと想います。
受け取ったときに「想ってくれたんだ」ということ、それが本当にうれしいです。いつもありがとう♪
今年もよろしくお願いします。
Posted by kmy at 2007年01月08日 14:45
新年早々いいお話ですねえ。
例えどんなにつまらないものであっても子どもからの贈り物が嬉しいですよね。ブサイクなママの似顔絵でも・・・

この記事を読んでいて、結局プレセントって贈る人と贈られる人のリレーションシップがかなり重要な役割を占めてるんじゃないかと思いました。

極端な話、彼氏がお尻を触っても愛情表現になるけど、単なる知り合いの男の人だとセクハラになっちゃうくらい日ごろの関係の深さが係っていそうです。

私もクリスマスプレゼントを彼氏におねだりする女性ってあまりいい印象受けません。「そんなに欲しかったら自分で買え!」って言ってやりたい。
Posted by ぴぐもん at 2007年01月10日 17:51
ぴぐもんさん、わたしも贈り物というのはお互いの相手の関係が一番重要な要素だと思いました。日ごろの関係の深さがあってこそ伝わるものだと思います。娘からのプレゼント、お手紙や絵は今までありましたが、初めて選んでくれた(買ってもらったとはいえ)というのがうれしかったです。
おねだりする女性に「自分で買え!」と言いたいぴぐもんさんには同感です! 
もらうことに慣れすぎて「欲しいものはもらう」と思うようになると、心はもうどこにもない、と感じます。
Posted by kmy at 2007年01月10日 20:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。