2011年08月13日

『オルゴォル』

オルゴォル
朱川 湊人
講談社 ( 2010-10-08 )
ISBN: 9784062165693


 素直に「いい物語だなあ」と思いました。嫌味な感じが無く、現代的な問題から戦争まで扱っているのに、感動の押し売りとか、涙なしには読めないとか、教育的とか、そういう陳腐な仕上がりでではなく、「面白い」物語というのが先にあって、それでいて「いい話」です。朱川湊人さん、好きなのですが、「少し不思議な感じ」はなく、ちょっと違うけどもベスト3には入る話。今までで一番かも?とも思います。

 主人公は典型的な現代っ子で、その場の雰囲気に合わせてみんながふざければふざけたり、もらったお金でゲーム機を買ってしまったりするのですが、それでも子どもには可能性があり、変化するしまじめに捉えることもできるという、その成長もいい感じです。離婚、給食費未払いから始まり、老人の独居と死、実際に起こった事故、災害などに触れ、そうした事故は遠い出来事ではなく、そこに関わった人々、その家族があるんだという、自分とは無関係と思っていた世界へ考えを広めていく、という内容でしょうか。近所の老人から託された「オルゴォル」を届けるということから、広がっていく世界がとても面白く、興味深く。少年ハヤトは決して善意からオルゴォルを届ける約束をしたのではないあたりにも、リアリティを感じます。大阪が出てくるあたり、親近感が沸きました。

 凄くいい話で嫌味な感動は無いので娘に読ませたいと思ったものの、どうも「お母さんの勧める本は趣味が違う」と断られました……残念。これを読むと広島とかまた行ってみようかと思う気になりました。時期も時期で夏休みの読書にはいいと思うのでした。

posted by kmy at 19:57| Comment(2) | TrackBack(1) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
Posted by 藍色 at 2012年03月16日 17:59
藍色さん
TB、コメント、ありがとうございます。
児童書として、いい話すぎるのに素直に感動しました。これをよんで広島にも行きたくなりました。
Posted by kmy at 2012年03月18日 07:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/220082970
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「オルゴォル」朱川湊人
Excerpt: 「実は前から、ハヤ坊に頼みたいことがあってなぁ」東京に住む小学生のハヤトは、トンダじいさんの“一生に一度のお願い”を預かり、旅に出る。福知山線の事故現場、父さんの再婚と新しい生命、そして広島の原爆....
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2012-03-16 17:25