2011年07月31日

忘れたころに来たメッセージ

 先日、楽天から「お探しの商品が入荷されました」というメールが来ました。ときどき、楽天では買い物をしたり、比較するのにお気に入りに入れてみたりしますが、この「お探しの商品」メールというのが届いたのは初めてです。しかも、自分が何を探して登録したか全く覚えていません。いったい何が欲しくてアラート登録したのだろう?と見てみると斉藤洋さんの『旗本フライパン』でした。この本は絶版で探しに探して、結局アマゾンで購入した覚えがあります。2006年の記事にありました。定価より少し高く買ったのは覚えています。そのころに登録したものが、今ごろメールとして届くのがちょっと意外に不思議。自動的に送られてくるものだけど、5年前の自分を振り返るみたいで、面白く感じました。

 ところで、『旗本フライパン』が入荷したということは、再販されたのではと思いました。リンク先を見てみると品切。あっという間に売りきれなのだろうか?と思いつつ、アマゾンも見てみました。こちらも中古品のみの取り扱いで、やっぱり品切のようでした。ただ単に楽天サイトに商品として「登録」されただけで、取り扱いがあるわけではないようでした。なんだなんだ、ちょっとびっくりしちゃったよ。本当に欲しい人にとってはかなり期待はずれなアラートでした。

 アマゾンでの中古品、現在価格¥14,000に! もう手の届かない値段になってしまいました。確かに面白いし、「いらっしゃい」シリーズファンは必見の本ですけど、ここまで高くなるとは、5年の間にさらにプレミアがついたのかもしれません。久々に読み直してみようと思います。このところ斉藤さんの本もチェックしていなかったのですが、ここ最近の出版だと『アルフレートの時計台』と『遠く不思議な夏』が好みに合いそうです。図書館に入っているといいなあ。


posted by kmy at 20:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんだかタイムスリップしたみたいですね♪
忘れた頃にやって来るのは天災だけじゃなかったんですね。

斉藤洋さんは『ジーク』がすきですねえ。
あと何読んだっけ。
『ルドルフ』シリーズはどうしたんだっけ。
あぁもう記憶が曖昧…。
過去に戻って調べてみないと(笑)。

先日図書館に行ったら斉藤さんの新刊が入っていました。
いまのわたしには読む余裕がないけど(ほかの本で手一杯)、たくさんの大人と子どもに読まれるといいな〜と思います。
Posted by ヤヤー at 2011年08月01日 15:46
ヤヤーさん
ちょっと楽しいというか、面白い感じのする出来事でした。
斉藤さんの本も最近読んでいません。
多作な方ですよね。『ジーク』は確か読んでません……ので、そのうち読んでみようと思いました。

このごろ、どんな本を読むと自分として驚いたり感動したりするのか、手探り状態です。
やっと図書館に行ったので『TAP』は借りてきました。『跳躍者』は無かったの残念です。ちょっと面白いことに、この図書館の『TAP』には帯がなかったようでした。帯は切り取って、見開きに貼ってくれているのですが、なぜか『TAP』は無くて。本屋さんにはあったのに。このシリーズの他の本には貼ってありました。あの帯はこの図書館の本のためにあったのかも? それでもって、『跳躍者』の帯がついていて、図書館員さんが気づいて処分したとかだったら面白いですね。
同じ市内なので勝手に想像してしまいました。
Posted by kmy at 2011年08月02日 16:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。