2011年05月31日

ケーキを作る

 今日は息子の誕生日でした。娘が「ケーキを作りたい」というので、昨日から一緒に作ることにしました。

 まずはスポンジケーキです。オーブン付属のレシピの作り方で自動メニューのケーキを使ってみることにしました。予熱を入れて、卵を泡立てます。そこに小麦粉を振り入れ混ぜ、溶かしバターを加えるというものですが、ここで問題が発生。溶かしておいたバターがマヨネーズ状に固まってきていました。慌てて湯煎にかけて溶かしていたら、娘がどんどん混ぜていて、結局泡立てたはずの卵の泡が消えていました……。それでもと思い、一応焼いてみたのですが、予想通りぺしゃんこの出来栄え。これではちょっとデコレーションは無理かもという感じです。ホットケーキくらいの厚さになっていしまったし、多分食べたら固いだろうと。仕方がないので、もう一度作ることにしました。失敗の原因のバターは湯煎にかけておき、あまり混ぜすぎないでね、ということで再チャレンジしました。一回目に比べたら膨らんで、なんとかスポンジが完成しました。

 今日はデコレーションをすることに。シロップを塗って、生クリームを泡立てます。珍しくイチゴのケーキが食べたいと息子が希望したので、イチゴを挟んでクリームを塗り、買っておいたチョコプレートなどを飾って完成しました。

2011cake.jpg

 さて、味のほうは――わたしと息子は結構おいしく頂きましたが、娘とだんなは「スポンジがぼそぼそしてる……」と少々辛口。デコレーションはきれいにできたし、イチゴも入ってなかなかよかったと思うのですが、やっぱりスポンジが一番難しいです。ややふくらみ不足と、粉が残っていたところもあったので、混ぜ方なのかな、と思います。ときどきしか作らないので、あまり上達しませんが、また作りたいです。


posted by kmy at 20:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ケーキ、「ふんわりほわっと」。これが一番難しいです。わかります。
私も下手くそなので、つい果肉などを入れ込むパウンド系のケーキにしてしまいます。空気が入るように混ぜるコツなんでしょうね。
上手な友だちに言わせれば、「混ぜるだけよ。誰でも出来る。」と言うのですが…出来ません。

おいしい煮物をつくる人が「火にかけてほっといたらいいのよ。」というのと似ています。
ただほっておいても、それはおいしい煮物には永遠になりません(泣)

でも、息子さんにはお母さんと一緒に手作りしたケーキが一番なのだと思いますよ。
ハンス・フィッシャーの「たんじょうび」も、そんな思いのあふれる絵本です。
Posted by ネムリコ at 2011年06月05日 09:33
ネムリコさん
ケーキは難しいですよね。なかなかお店みたいにいきません。
自分で作ってみるのは楽しいものではあります。
でも、作ってもらったほうが美味しく感じる気もしますよね。
料理は同じようにやっても美味しくない場合もありますし、難しいものです。食べるのは好きですけどね♪


フィッシャーの絵本、数年前に読んだ気がしますが、すっかり忘れてます。また読んでみますね!
Posted by kmy at 2011年06月06日 10:44
kmyさん、お久しぶりです。
ブログも長くなると、変なものが入りこんできたりして、コメントを閉めています。
閉め忘れた時に、kmyさんが訪れてくれたのですね。ありがとうございます。今頃気がついてごめんなさい。うれしかったです。
父の事や、今年は地区の組長を引き受けたりで、ブログも停滞していましたが、6周年を迎えたことに気がついて、細々とでも続けられた事への喜び、kmyさんのように訪れて下さる方がいる喜び、うれしいです。
まめにチェック出来ずにいるので、コメントは閉めたままですが、これからもよろしくお願いしますね!!!
いちごのケーキおいしそうです!
スポンジは、重曹を入れるといいと聞いた事があるけど、やったことがなくて。。。
手作りのスポンジのぼそぼそは、また、それが懐かしい味になる気がしますよ。うん。そうだと思いますよ。
Posted by noel at 2011年06月09日 18:41
noelさん
コメント欄、再開されたのかなと、勝手に思い込んでコメントしてしまいました。すみません!
noelさんのブログも更新されると拝見しています。
見ているほうも長くなると、お子さんの成長とか、家族のこと、身の回りの変化など感じられて、実際お会いしたことはありませんが、親しみを感じつつ、楽しませて頂いています。

ケーキは難しいです。お店のケーキのふんわりはどこから来るのか、いつも不思議です。
懐かしい味になって、思いだしてくれる日がくるかな、と思いつつ。
Posted by kmy at 2011年06月09日 20:16
たいへん遅くなりましたが、息子さんのお誕生日おめでとうございました♪
いつものことながら、ケーキを手作りするkmyさんに脱帽です。

スポンジは、結局たくさん焼くしかないのです。
でも、ボソボソっとしちゃったときのお助けワザをひとつ。
ガムシロップを作って、刷毛で塗るのですよ。
これだけでしっとりしますし、クリームのなじみがよくなったりします。
お試しください。

皆さんも仰ってますが、子どもにとっても親にとっても「いっしょに作った」ことが大事なのだと思います。
こうやってこころが育って行くのですね。
Posted by ヤヤー at 2011年06月11日 23:08
ヤヤーさん
ありがとうございます!
いつのまにやら、子どもも大きくなりました。自分が作りたいというのが嬉しいです。
やっぱり数をこなすというのが上達への道なのですね。
アドバイスを生かして、次回はもっともっと美味しくできるといいのですが。
思い出として残るケーキかもしれません。それはそれでいいかもと思います。
Posted by kmy at 2011年06月13日 07:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。