2011年04月25日

懐かしい曲

 昔々のことって忘れているようで覚えていて、ふとしたときに思い出したりします。そのきっかけになったのがこちらのエントリー。吹奏楽部に入っていましたが、なぜか、中2のときの自由曲がどうしても思い出せずにいました。中2というのは微妙な時期で、先輩との軋轢があり、友人が部活をやめたいといい、慣れてきたところで怠惰な部分がでたりと、なかなかすんなりと楽しんでやっていたとはいえない時期でもありました。それは関係あるのかないのかわからないのですが、とにかくどうしても思い出せなかったのですが、『バンドのための民話』というタイトル、どこかで聞いたことがあるような、無いような。YoutubeにUPされている演奏があったので聴いてみたら、知ってる、聴いたことがある!と。 しかもメロディが浮かんで、指が動く部分もあります。ということは、この曲は吹いたことがあるはずで、しかもこの長さといい感じは、忘れていた自由曲でした。懐かしいです。必死で練習していたのですが、コンクールには出れなくて、それが悔しくて、結構嫌になって。そういうのも含めて思いだします。でもこの曲は物語のような雰囲気があって、勝手にイメージする風景とか流れていきます。10代のころに聴いた曲というのはやっぱり特別の気がします。久々に聴いた吹奏楽のメロディ、思い出しつつつい吹いてしまいました。
posted by kmy at 20:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は今日、この曲を流しながらブログを更新しました(笑)
確かに、物語のような雰囲気があって風景を思い描いていました。
演奏していない私でさえ、懐かしくて胸が痛いこの曲、部活での様々な体験が蘇るkmyさんなら、なおさら懐かしいことでしょう。
中学生の頃に聴いた曲には、胸の痛みを呼び起こす不思議な効果があるような気がします。
Posted by 二尋 at 2011年04月26日 22:14
10代のころに聞いた曲というのは特別ですね。
想い出やそのときの感情、情景などが入り交じってきます。この曲は、思いがけず再会できて嬉しく思います。
二尋さんのおかげですね♪ありがとうございます!
ちょっと最近ご無沙汰のフルート、連休中に吹いてみます。
Posted by kmy at 2011年04月27日 21:53
三冠牝馬誕生なるか!第15回 秋華賞!!コースが複雑なため、たとえ強豪馬であっても逆転できない状況がしばしば見られる秋華賞。予想は困難を極めますが、過去のデータを分析していくと面白いことになるかも?
Posted by 秋華賞 at 2011年10月05日 01:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック