2006年05月08日

スパゲティの友?

タバスコ ペパーソース【60ml】

 お休みのある日、お昼はトマトスパゲッティを作りました。トマトの水煮缶を煮詰めた簡単なソースです。たいしたものではありません。食べるときにタバスコを粉チーズを用意しました。お決まりですよ、ね?

 辛いものと酸っぱいものがあまり好きではないわたしは「タバスコ」が苦手です。自分ではかけません。でも、何となく買い置きしてあります。家族が好きかもしれないなと思っているので。ナポリタンといえばタバスコ。高校生の時にアルバイトしていた喫茶店でも、必ずテーブルにありました。
 この日にふと思ったのですが、タバスコって“MADE IN USA”って書いてあります。アメリカ産なんだ、ということは、スパゲッティにタバスコをかけるのはイタリアではしないのかも? 今更かもしれませんが、この日初めて「タバスコ」に疑問を持ちました。そこで調べてみると――「ピザにタバスコソースをかけるのは日本人だけの習慣。日本に上陸したのは昭和20年代,日本の輸入代理店がコーヒー店を中心に売り込み,ピザの普及とともに定着した」(【グルメぴあ用語辞典】)だそうです。そうだったのか〜タバスコ=スパゲティという図式が昔から刷りこまれていただけだったんだ。そもそもイタリアに「ナポリタン」だってないでしょう。それはわかっていたのですけど。バイトしていた喫茶店のメニューには「イタリアン」もありました。これは塩・胡椒味で粉チーズをかけたもの。刷り込みでみんなタバスコをかけているのね、と気がついた連休のある一日でした。
(こんなことだけで連休を過ごしたわけでもないですよ、あしからず)


参考になるページ
タバスコのウェブサイト
ニノ・ペペローネ
 ローマにジャポネーゼというスパゲティがあるそうで、日本風の味ということですがしょうゆ味ではないそうです。日本人がスパゲティにやたらにかけることから「タバスコ」味だとか(笑)

タバスコ ガロンボトル【3.8L】
とっても大きなガロンボトル。値段は9800円。3.8リットル入り(笑)お好きな方はどうぞ。


posted by kmy at 11:58| Comment(10) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほうほう。
うちの義父なども刷り込まれているせいか、必ずつきものだと思っています。
なくても充分美味しいのになあ。
本場イタリアではやはり香辛料やハーブが効かせてあるそうですね。
にんにくとか生姜、オリーブオイルだけでも良いなんて、日本では考えられないかも(笑)。

kmyさんの記事読んでたら、トマトソースのが食べたい♪
調理実習でミートソースを作ったことが思い出されます。
Posted by ヤヤー at 2006年05月09日 13:27
ヤヤーさん、くだらないお話なのですが、コメントくださってありがとうございます(笑)
つきものだと思っていると違うというのは結構あるようですよね。餃子のにんにくもそうらしいですよね。
調理実習でミートソースは作ったことがないです。何作ったかな? キツネ丼を作った覚えがあります。油揚げの卵とじをごはんに乗せる、という簡単な料理でした。
Posted by kmy at 2006年05月09日 16:36
kmyさん、こんばんは。
わたしは、絶対 ピザにタバスコです。
これなくしては、食べられない。
でも、最近 おいしいピザ食べてない気がします。
かりっとした 煉瓦オーブンでやいたようなやつ。
そして、ガロンボトルには、びっくり〜!!!
Posted by noel at 2006年05月09日 21:18
noelさんはタバスコ派なのですね。辛いものが苦手なわたしです。高校生のときにバイトしていた喫茶店でピザを出していましたが、タバスコと塩を添えていました。(今考えるとなぜなのかわからないです)塩を振って食べるのが好きですが、これのほうがもっとおかしいのかもしれません。
おいしいピザ、かりっとしたものが食べたいです。でもお店が全然ない山奥に住んでいます(笑)
ガロンボトル、一生かかっても終わらなそう〜。
Posted by kmy at 2006年05月10日 09:54
わたしのイギリス人の友人には、ミートソースに酢をかける人がいます。が、さすがにこれはイギリス人の間でも異常なようです。
スペイン人経営のレストランでミートソースが出てきたときに、うちのだんながパルメザンチーズを頼んだことがありますが(これはイギリスでも常識)、スパゲティーに粉チーズという発想が理解してもらえず、やっと納得してもらうと、普通のスペインのチーズをおろして持ってきてくれました。
スーパーで粉チーズを売っているところを見ると、スペイン人も粉チーズを使うことは使うようです。たまたま、このレストランが変わっていたのか、ウェートレスの中国人女性がスパゲティーと粉チーズという組み合わせになじみがなかったのかも。
Posted by みちえ at 2006年05月12日 01:44
みちえさん
食べものの世界というのはなかなか「常識」と思っているとそうでもないことがいくつも出てきて面白いものです。
ミートソースに酢というと妙ですが、身近でラーメン、あんかけやきそばに酢というのはよく聞きますから、麺類に酢というのはそれほどおかしくないのかも、と思えてきました。
粉チーズの常識の範囲も意外と狭そうですね。普通のチーズをおろして持ってくるほうが手間がかかっていますね。実はわたしは焼きそばに粉チーズをかけるのが好きだったりします。これは常識の範囲からはずれますが。
Posted by kmy at 2006年05月12日 16:25
はじめましてkmyさん。
絵本「アルドわたしだけの秘密のともだち」
の画像を探していたら このブログにたどりつきました。
 わたしも絵本や児童書が好きです。スズキコージも安房直子さんも大好きなので嬉しくて!
時々 のぞかせてくださいね。わたしのブログリストに載せさせていただいていいでしょうか? あ、ちなみにわたしもタバスコ なくて
平気なんですけど ある日ピザを焼いたら タバスコがきれていて 「七味でいいじゃん」
と唐辛子を沿えたら 旦那にすんごく嫌な顔されました。
 
Posted by megurinn at 2006年05月16日 19:35
kmyさん!
なぜかひっそり、タバスココーナーへ。。。(笑)

突然申し訳ありませんが、ブログを閉鎖することにしたんです。
いろいろ家事の滞りだけでなく、自分の望む生活をもっとちゃんとしたい、と思い始めて。
もっと本を読んで、kmyさんとそういうお話もしたかったのですが、PCに時間を費やしすぎてそれも叶わず。
しばらくばっさりネットから離れることにしました。
いつも覗いてくださり、コメントのやりとり私の楽しみでした。
本当にありがとうございました!
Posted by あり at 2006年05月17日 09:28
megurinnさん、はじめまして♪
『アルド』は大好きな絵本です。この絵本に出会ったときから大切な一冊になりました。スズキコージさんや安房さんの本が好きと聞いて嬉しくなります。ブログリストに入れていただけるのも光栄です。リンクも解除もご自由に、という方針です。
タバスコの代わりに七味、わたしもいいんじゃないかな〜と思います(笑)こだわる方には耐えられないのかしら? 
Posted by kmy at 2006年05月17日 19:49
ありさん、ありがとうございます。PCは付き合い方が結構難しく、何度となく悩みました。ありさんはインテリアやお料理という素敵な趣味もお持ちで、きっとこれからはそうした部分が充実していくこと、そして自分自身にとって納得いく時間を注ぎ込めるもの趣味として続けられていくのではないかな〜と思っております。おままごとキッチンはぜひ完成させてくださいね。
可愛い娘さんの成長を見ながら、わたし自身の娘の幼かったころを思い出したり、昔住んでいた場所を思い出したりと、ありさんから頂いたものも多いんです。本当にありがとうございました。また機会があれば、いつでもお待ちしています。
Posted by kmy at 2006年05月17日 19:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。