2010年11月26日

櫻沢順さん、2冊







 前から気になっていたので櫻沢順さんの小説2冊読みました。『ブルキナ・ファソの夜』は第3回ホラー小説大賞の佳作だそうですが、『アウグスティヌスの聖杯』が先に出版され、後に『ブルキナ』が文庫として刊行されたようです。現実から続く不思議な(人間の意識を変えるような奇跡的な、それは神からの賜物であるという)世界は実在するというのがどちらの小説にも流れています。そして作者が旅行代理店勤務ということも大きく影響し、主人公は旅行会社の社員ということで話が進みます。小説で描かれる、生涯行くことはないであろう秘境やそこで見つかる変わったでは済まされない「モノ」に惹きつけられます。ストーリーとしては、余韻を残す感じですが、ちょっと物足りないような感じがします。その後を想像するよりも、少々突き放されてしまった感じです。

 中でも『ブルキナ』の書き下ろしとして書かれた『ストーリー・バー』が一番いいかもしれません。もしかしたら、ふと自分の思い描いている世界とは違うところへ踏み込んでしまうかもしれないという、自身の存在の危うさを感じさせる展開です。この自分自身の存在が当たり前ではなく懐疑的に感じるという物語にいつも惹かれます。

 この2冊以降は出版されていない作家さんです。略歴では旅行会社勤務を経て外国航空の日本代表、その後シネコンの運営会社勤務となっています。小説は趣味というか、小説一本という感じの方ではなく多才な方なのかもしれません。これ以降に書いたものがあれば読みたいな、と思いつつ。
posted by kmy at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170793171
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック