2010年05月19日

『東京日記』

 『1Q84』のBOOK3で主人公が本を朗読する場面がありますが、その中ですぐに引用元を確認した文章があります。それが内田百閧フ『東京日記』。やっぱり百關謳カの文章だとなんだかほっとしたような嬉しい気持ちになりました。なので、改めて読み直してみることに。


 『東京日記』というタイトルから連想される日常の出来事を回想するものとは全くことなり、原因、結果、説明がまるでないと言っていいような、不思議な断片というような連作(?)小説です。主人公(百關謳カかな)が暮らしている東京での日常生活の中に見える、ふと気づくとどこかおかしい、どこか妖しいある場面。それがどういうことだったとか、どうなったとかはありません。こういうことがあったのだけど、どこか夢のようで、でも本当にそんなことがあって……という感じです。

 「その四」に丸ビルの話があり、これは分かりやすいというか、不思議さがすっと入る話です。あるときに丸ビルのある場所にいったのだが、丸ビルがない。人に尋ねると「一寸私には解りませんね」と丸ビルが解らないのか、丸ビルがどこにいったのか解らないのか、府に落ちないような返事。そのビルにいた人はどうしたんだろうと思っていたのだけども、翌日訪れると丸ビルがあり、そのビルにいた人は昨日は休んでいたというというそれだけの話。その不可解さに惹きつけられます。内田百閧フ他の短編もこうした雰囲気に溢れていて、なんとなくわからない、ちょっと気味が悪い、どうなったのかよくわからないという感じです。そこが面白いのです。

内田百 [ちくま日本文学001]
内田 百けん
筑摩書房 ( 2007-11-20 )
ISBN: 9784480425010
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

posted by kmy at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150404838
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック