2010年03月31日

慌てる送別会

 参観日の懇談会が終わって、これで役員も終わり!とほっとした気分になったのも束の間、終業式の日に子供が帰ってきて言いました。

「S子先生、転勤するんだって」

 ええっ! わたしが役員やっているクラスです。この先生は新卒で入った先生で1年目だったので、まだ2,3年はいらっしゃると思っていたのに。県で採用になって異動されるそうです。若い女の先生で、子供も名前でS子先生と呼んでいる、明るい可愛い先生でした。そうなると、先生の送別会をしたほうがいいのかも、と。慌ててもう一人の役員さんに連絡。大慌てで送別会を行うことに決めました。

 送別会ということで、子供を集めて先生に何か記念品を渡して、おやつを食べたりするくらいになりますが、そんな感じでやろうか、と話がまとまりました。問題は場所と記念品。よくあるのは色紙に寄せ書きですが、全員集まるかどうか難しそう。そこで、一人ひとりの似顔絵と自己紹介(好きなこと、好きな科目、将来の夢、メッセージ)を書いてもらうということにしました。これをファイルに挟んで渡せばかさばらないしいいのではと。
ただ、統合して学区がかなり広いため、各々の家があまりよくわかりません。特にこの地の出身でないわたしは場所がわからない上、ナビがあっても迷います。もうひとりの役員さんが分かる人に配ってもらうように手配してくれるとのことでお願いしました。記念品も引越しされることを考慮して、花束はやめにし写真立てにすることにしました。100〜200円程度の集金なら応じてくれるのではと予想し、高額なものを避けました。おやつ代も500円くらいに収まるように買うことに。

 場所で大問題が起こりました。町の会館を借りれば無料ですし、みんな来易いよね、と。和室が2部屋、会議室もあるので、どれかは使えるに違いないと。肝心の先生の予定を聞けたのが夜の9時なので、朝一番に会館で電話してみたのです。ところが「その日は全館クリーニングで使用不可になっています」との返答。まさか、まさかの大誤算です。場所はもう決まったも同然だったので使えないとなるとどこがいいのか悩みます。みんなが集まれて、利用料が無料か格安でおやつを食べながらのんびりできるところ……。

 思い出したのが学校下の公民館。さっそく電話してみると「Tさんという方で予約が入ってます」と言われました。Tさんは別の学年の役員さん。そちらも送別会でしょう。それなら公民館近くの集会所があったと連想して思い出し、集会所の管理人さんに知り合いから問い合わせてもらいました。ところが、「Aさんが予約入れてます」との返事。Aさんは高学年の役員さん。今年は異動の先生が多く、同じ日に送別会が重なった上、会館が使えないのでよさそうなところは既に押さえられていました。みんな早い、早すぎる……どうしよう……。他の場所だと集まりにくいし、わかりにくいし。家の近くの公民館は空いているけど、結構中心部から離れていて来ない人も多くなりそう。だとしたら学校近くでいいところ――学校を借りればいいのかも! そう思いついたので学校に電話しました。相談したところ、来年子供たちが使う教室を使ってもいいという返事が! よかった。これでなんとかできると安心しました。寛げる感じはないのと、床に座る事になったりテーブルがなかったりと、あまり集会向きではないけども、どうにかできるでしょう。お場所が決まっておやつを買いにいって、内容を決めました。役員同士の2人の子供で司会をすると言いました。

「はじめのことばって言ったら、これからS子先生のお別れ会をはじめます、って言うんだよ」

 子供同士で言う言葉も考えました。ゲームはハンカチ落としをやることにし、歌は6年生を送る会で歌ったいきものがかりの「YELL」に決定。

 当日、全員が出席できるという返事ももらって、お茶用のポットを持参して学校に着くと――停電! 強風でどこかの電線が切れたとかで、いつ復旧するかわからないそうです。仕方がないので、学校のガスとポットを借りてお湯を沸かし、机を動かしていたらなんだか手が真っ黒に! その日ストーブを取り外したそうですが、煙突のすすがそこかしこに散っていました。机や床はすすだらけです。大慌てで雑巾を持ってきて机を拭き、体育館からモップを持ってきて床を拭き――思った以上に準備がかかりました。しかも電気が点かないし。予定していたハンカチ落としはすすだらけになりそうなので、椅子取りゲームに急遽変更。なんとかはじまりました。
 子供たちはおやつの時間を一番楽しみました。子供が書いてきたメッセージを一人ずつ渡して、「YELL」をCDなしで歌い(相変わらず停電)、最後に写真を撮りました。そのころにようやく電気が点きましたが、なんとか終わってほっとしました。

 大慌ての送別会でしたが、無事終わってよかったです。準備に停電にトラブル続きでしたが、一緒の役員さんがとてもよい方でしたし、送別会は心に残る役員最後のお仕事でした。


posted by kmy at 16:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kmyさん、お久しぶりです。
すごいハプニングの連続だったんですね。

でもS子先生には、kmyさんたちの誠意が絶対伝わったと思います。
そして、それはすごくすごくうれしかったと思いますよ。

私も経験ありますが、普段の日常だったら「ああ、もうだめ。」とくじけてしまうことでも、そんな時は相手があることだし後へは引けなくなって、思わず力が出るんですよね。
kmyさんの大活躍ぶり、とても暖かく読ませてもらいました。

きっと何年たっても、アカペラで「YELL」を歌ったことよい思い出になりますね。
Posted by ネムリコ at 2010年04月03日 09:59
ネムリコさん
ありがとうございます。先生が喜んでくださって、思い出に残るクラスになれば嬉しく思います。

後日、引越しの見送りにクラスで行ける家庭で伺ったのですが、急だったためか引越し屋さんが夕方6時に来るという予定が夜8時になり、8時に集まったものの、作業の遅れなどから結局出発が10時になって……集合10時だったら殆ど子どもも来なかったでしょうが、8時ということで、8割くらい来てくれてよかったというか、なんというか。こちらも思いがけず遅くなり、驚きました。

新年度でネムリコさんも忙しいでしょうね。本の紹介も楽しみに読んでいます♪ 上の子は勝手に選びますが、下の子は絵本から童話のようなものに移行しつつある時期ですが、図書館の本が絵本は絵本コーナーで、あとは児童書のくくりで本を選びにくいみたいで。まだ絵本でもいいのかな、と参考にしてます。いとうひろしさんの本とかいいかな〜と思って今度借りて見せてみようかな、と思っています。
Posted by kmy at 2010年04月03日 20:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。