2010年01月20日

うちの中の秘密の場所

 ねこのことばかりで1月が過ぎていきそうなこのごろです。予防接種も済ませて、下旬に避妊手術も受けようと思っている我が家のねこたちです。先日、裏手の工事の隙間を縫ってニヤが外に出ていって、かなり心配しましたが無事帰ってきてほっとしたのもつかの間、翌日も隙間を見つけて外に出たので、このまま外猫にするわけにはいかないと、外に出ないようにしっかり戸締りをしました。

 そんなことがあってから数日、今度はクロがいなくなりました。

 まだ家に慣れなくて、いつもどこかに隠れているのですが、たいていベットの上か、押入れの中のタンスの上というのが多いのです。その部屋に入れないようにしてみたのです。居間に慣れるのではないかと思って閉めてしまいました。すると、どこに行ってしまったのか、全く見当たりません。よくいるのは電子ピアノの後ろなのですが、そこにはいないし、ニヤが来た当初に隠れていた隣の4畳の物置的な部屋にもいない。台所にもいないしと思って、二階も見に行きました。二階は今のところ使っていないのですが、先日クロが張り替えたばかりの障子を破って隠れていたので、一応直すつもりでありあわせの材料で塞いだため(プチプチのシートとか)入っていないようです。階段をのぼりきったところの物置にも隠れている雰囲気はなく、いったいどこに行ってしまったのだろう?と心配になりました。自分からご飯を食べに来ないので、エサ皿まで連れていったりしていましたから、「ごはんだよ」と呼んでも出てこないのは当然なのですが。先日二ヤが外に出てしまったので、もしかしたらどこかの隙をついて出て行ったのかもしれません。そしたら帰ってくるのでしょうか。まだこの家に慣れていないクロはもともと野良なので、行ったきりかもしれません。探しているうちに、パソコンがおいてある4畳の部屋付近で「みゃおーん」と聞こえました。もしかしたら、パソコンデスクからカーテンレールに移ってタンスの上にいるのかも、と思って覗いてみたところ、凄い発見がありました。タンスの後ろの壁と梁が平行ではなくかなり斜めになっていて、大きな隙間がありました! もともと祖父の家で、その大きなタンスも祖父が買って置いて行ったのでそのまま使うことにしたのですが、こんな大きな穴が開いていたとは。道理で隙間風が吹くと思いました。わたしの予想ではここにいるのではないかと思うのですが、タンスが大きくて重いので一人では動かせません。だんなに言うと「まさか、そんなとこにはいないよ」と一蹴されました……。

 ただ、クロは夜行性で夜になると結構動き回ります。ニヤに追い回されているのか、仲良くしているのか、ケンカしているのか、ばたばたと騒いでよく起こされます。しばらくすると、わたしのところに来て、布団の中にもぐってはまた遊びにいくというのが日課になっています。夜になったら出てくるかもと思って、早めに寝る事に。夜更け、11時を過ぎたころ、どさっという音がして猫が着地したのではないかと思いました。ニヤかもと思うと、ニヤは娘の布団の上で寝ています。探してみるとクロがいました。あーよかった、いたいたと思い、いれば大丈夫だと思って寝ることに。真夜中にわたしの布団に入ってきたりしたので、もう大丈夫、と思ったのです。朝方、娘とだんなが起きているのには気がついて、その後クロが出ていきました。娘もクロがいて喜んでいるだろうと思って、起きていき、「クロは?」と聞くと、「いない」というのです。さっきまでここで寝ていて、出て行ったから気がついたと思ってというと、全然見ていないというのです。いったいどこに? やっぱりタンスの裏側の隙間かもしれないというと、そこに行く戸は閉まっていたから、絶対違うと言われました。おかしいなあ。じゃあ、居間と反対側の台所かトイレか、風呂場? 玄関? 全部探したけどもいません。おかしい、おかしいとその日は日曜だったので、探し回りましたが、全然見つからないのです。やっぱりタンスの裏のあの隙間かも、とどうにか説得し、だんなに動かしてもらいました。上から隙間を覗くと床下に続くくらいになっています。ここから外に出て行ったという可能性もあります。その付近からりんりんと猫につけた鈴の音が聞こえました。やっぱりここなのかもと思いつつ、見ても出てきそうにないので仕方なく今度も夜を待つことにしました。

 その日の夜は思ったより早く出てきたのです。お腹すいたのか、夜7時過ぎくらいに突然息子が「クロがいた」と言って抱いて出てきました。あれ、いったいどこから出てきたのだろうと思って娘に聞くと居間は通っていないというのです。居間を通らないということは、タンスの裏の隙間から出てきたわけではないようです。じゃあ、どこから? クロは息子が抱き上げてから逃げたというのですが、探してみるとベットの下にいました。結局ベットの下に隠れていたのではないか?というのですが、でも、わたしは前の日に夜聞いた猫が着地する音は居間かどこかからだったし、自分の寝ているベットの下から這い出して来たのなら、鈴の音も聞こえたと思うし。じゃあ、本当はどこにいたのでしょう? あちこち探したのにに、クロはうちの中で見つからない秘密の場所を発見したのかもしれません。なんだか納得できないのだけど。黒くて分かりにくいとは思いつつも、あんなに探しているときはどうしてみつからなかったのだろうと思います。

 そういうことがあるので、ベットがある寝室にはいけるようにして、なるべくこたつの中に入れて出かけます。クロはこたつの中では人の目がないからか、結構寛げているようで、ここ3日ほど行方不明にはなっていません。ただ、夜中にばたばた騒ぐのは相変わらずですが。


posted by kmy at 21:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kmyさん宅の秘密の部屋がどこなのか、読み終わってもわからなかったことに驚いています。
二階を使っていないということだし、物置も多そう。随分広い家なのですね。とても想像できません。

住人も知らない場所があって、いたりいなかったりするペットがいて、まるでホグワーツみたい。羨ましいです〜〜
Posted by 二尋 at 2010年01月22日 21:34
ミステリーを読むようでした。
これは、どうしたことなんでしょう。

kmyさん、お話ひとつ出来そうですよ!




Posted by ネムリコ at 2010年01月22日 22:19
二尋さん
廊下がなく、戸を開け放すと全体が一間になる古い造りで、昔、冠婚葬祭を自宅で行ったからのようです。ある意味広いのですが、子どもは元仏間で寝ていて、子ども部屋という感じじゃないのです。部屋がないという感じ。
二階は直さないと使用に耐えうる感じなのです。凄く天井が低くて寒くて暑いのですよ。
こういう家はいまどき建てませんね。かなり古くて、曽祖父が建てたらしいです。あちこち直しています。居間の履きだし窓は木枠のねじ込み鍵で、ここも直したいと思いつつ。
ひとつ面白いのが、外側からしか入れない二階の部屋というか物置があります。ガラクタ置き場になっていました。ここも使っていないというか、使うのが逆に大変なスペースです。昔囲炉裏があったからこういう場所があるらしいです。


ネムリコさん
確かにミステリーです。いまだに腑に落ちないのですが、黒猫だけに全然見えなくて、最近、台所の棚の奥にいることがありますが、そのときは絶対にいなかったと思うのですが……。わからない謎で終わるのはそれはそれは本と一緒で面白いのですが、このごろは慣れてきたので見つかる場所にいます。いったいどこにいたのでしょう?
Posted by kmy at 2010年01月23日 10:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。