2009年11月12日

宇宙のお話

 先日、PTAの研究集会に出席しました。役員の方はなるべく出るようにと言われたからなのです。JAXAで宇宙について研究されている先生による宇宙のお話でした。帰ってきてからネットで少々調べてみると、さらに宇宙に興味が沸きました。

 物理とか天文とか苦手なので、大丈夫かな〜と思ったのですが、内容は子どもにもわかりやすくユーモアを交えたお話でした。宇宙旅行へも現実化してきているとのことで、現在6分間の弾道飛行旅行が2000万円からいける時代になりつつあるそうです。上空まで飛行機で運ぶ形のロケットだそうで、その旅行のプロモーションCGを見ました。2000万だと出せない額ではない、と先生はお話されていましたが、今現在、6分間で2000万払って、とは思わないわたしは夢がないのでしょうか。この旅行はヴァージン・ギャラクティック社で予定されているそうです。サイトを見てみたら、予約受付中だそう。ついでに宇宙旅行で検索してみると、SFとかではなくJTBの宇宙旅行がありました。そんな時代になっていたとは! もう過去の出来事(アポロとか)のような、昔のSFのようなことばかり想像していましたが、そうでもないというのが驚きました。しかし、高いですね(ロシアの宇宙旅行の安いほうで約712万円。そのうち安くなるのでしょうか?)
 宇宙開発というお話もあり、その際にこんなロボットを使うというの映像を見ましたが、中でも面白かったのがこの四足歩行のロボットでした。もともと軍事用だということらしいですが、とにかく動きが面白くて、子どもにも大うけでした。なんだか人間が入っているみたいで、動きがユーモラス。



 現代って疲弊している感じで、もう宇宙になんて行くのに莫大なお金もかかるし、大変だからそうそう無理なのかもなんて思っていました。でもこんなお話を聞いてみると、なんだかまだ宇宙という響きに夢を感じました。まだまだ人類、宇宙に向けてがんばっているんだな、まだまだ進歩するのかな、と思うこのごろでした。



posted by kmy at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は宇宙に強く憧れていました。
今もまだどこかで「チャンスがあれば行きたい」と思っていて、テレビなどで高額の宇宙旅行が紹介されると(kmyさんの記事と同じでしょうか?)、行きたい!と言っては家族に止められています(笑)
行きかねないと思われています。
しかし、さすがに6分で2000万円は高いですね。それだけの価値はあると思いますが、手が出ません。生きている間にもう一桁、いえ二桁少なくなってくれれば行きます!
Posted by 二尋 at 2009年11月12日 22:21
二尋さん
宇宙旅行にも行ってしまいそうな二尋さん♪
なんとなく納得する感じです。そういう行動力(?)のあるところがうらやましく思いつつ、わたしもちょっと行動的に、と思うのです。
宝くじでも当たったら、二尋さんなら行かれるかもしれませんね。
わたしはまだ「行こう!」というところまでは全然で、海外にすらなかなか出て行けないのですが、もう数年たったらもっと行動的になっているのかも?とときどき思います。
この宇宙旅行は昔風SFの星間旅行のような感じとは違いますが、そういうのに憧れるよりは、宇宙で事故にあったらまず助からないとか、筋力が衰えるとか、そういう怖いことばかり考えてしまいますが……夢が足りないです。
宇宙の話を聞いたら、SFが読みたくなりました。
Posted by kmy at 2009年11月13日 21:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。