2009年08月31日

ひょうたんのこのごろ

 種を蒔いて、芽が出たのが3つ。そのうち育ったのはたった1本となってしまったひょうたんですが、8月になり、かなり伸びてきました。わたしの背の高さを超えました! つぼみがついて、これからひょうたんが実るかも!という期待をしていたのですが、このごろ凄いイモムシ大発生です。取っても取っても、数ミリの小さいものから2cmくらいの大きく育ったものまで、かなりの数が群がっていて、うんざりしています。このイモムシが葉を食べ、つぼみを食べ、どんどん成長しています。これではひょうたんを育てているのか、イモムシを育てているのか!しかも、雌花がなんだか少ない感じがします。一つは咲いたようなのですが、見ないうちに枯れていました。花の付け根にはひょうたんになるべく子房があったのですが、受粉がうまく行かなかったらしく枯れてしまいました(しかも、イモムシに食べられていたみたいです)。
hyoutan_hana.JPG
(枯れる前は期待していたのだけどなあ〜)

 今日見たところでは雌花があるのかわかりません。雄花はいくつか咲いていますけど。園芸って難しいです。植えれば育つというものではないですね。熱心にやらないと、うまくいかないものです。肥料とか、虫とか、温度とか、水とか、いまだに全然わかっていません。ひょうたんの花が白いことだけは分かりました。花が見れただけでもよかったと思うことにしたいです(半ばあきらめモードです)


posted by kmy at 21:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事を拝見して、昔、埋めた生ごみからカボチャが生え、雌花を見つけた時の喜びを思い出しました。(とりあえず育ったけれど、美味しくはありませんでした)
ひょうたんの花が白だとは私も知りませんでした。へちまやキュウリやカボチャなんかと同じ黄色だと思い込んでいました。
一つでも無事に育つといいですね。

それから、kmyさんも、楽器の練習に向けて準備が進んでいるようですね。ネットからたくさんの情報が得られるようになって、私も色々な発見がありました。
眠っていた楽器がよみがえるのってわくわくしますね。お互い楽しく演奏しましょう。
Posted by 二尋 at 2009年08月31日 23:21
イモムシですか〜。
うちにも出没してます。見かけたらこまめに手で取るくらいしかないんですよね。
消毒も効くのかも知れません。我が家の花たちはいまのところ週にいちどの割合でバラといっしょに消毒されてるので、大量に至らずに済んでいるのかも。

手間ひま掛かるものではありますが、やはり花が咲いたり実ったりすると感激します。
達成感、育てる喜び、何事もやってみないことには始まりませんね。
観察は次へとつながりますから、また報告を楽しみにしています♪
Posted by オカダ at 2009年09月01日 12:25
あっすみません。
名前を間違えてクリックしてしまいました。
実はヤヤーでした。訂正します。
Posted by ヤヤー at 2009年09月01日 12:27
二尋さん
ご近所の畑のかぼちゃを見ると、それほど虫がついていないようで、ひょうたんの葉が好きな虫なのかなあ〜と漠然と思っています。収穫の望みが薄くなってきました。
わたしも以前、裏で勝手にかぼちゃが生えてきたことがあります。それが意外においしかったので、なんとなく勝手に育つように思っていましたが、難しいですね。
つるが巻くように棚を作りましたが、非常に不器用なわたしには困難でした。(網は主人が作りました)

楽器そのものがもどってこないので、練習にはならないのですが、昔に比べていろいろ知ることができました。楽器用品も簡単に買えますし!
9月下旬が待ち遠しいです。




ヤヤーさん
消毒するとよいのかもしれませんね。数が凄くて取りきれないです。最初は凄く小さい虫だったのに、数日で大きくなり、おぞましいです。
園芸は思ったより簡単ではありませんね。
今年はひょうたんの花の観賞で終わってしまうかもしれません。
子どもが学校から持ち帰った八重松葉ぼたん二株だけは、その辺の土を入れた植木鉢で咲きました。きれいで手のかからない花から育てるのがいいのかもしれません。松葉ぼたん見るもの久しぶりでした。
Posted by kmy at 2009年09月01日 16:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。