2009年08月09日

フルートが吹きたい

 先日、吹奏楽部に入った中学生の練習風景に出会いました。友人の子がフルートを吹いていました。凄く懐かしい気分。前々から自分のフルートを修理しよう、しよう、と長年考えていたのです。それでもなかなか実行に移せずいましたが、この練習風景を見て、直すぞ!と決めました。

 わたしが持っているのは中学校の部活用に買ってもらったものですから、かなり古いモデルです。部活をやめてからはときどき吹いたりしたものの、いつの間にかコルクも取れていたし、接続管がたまに取れたりして、これはまずい!と思いつつも、修理に出せずにいました。その理由のひとつがどこへ出していいか分からない、ということ。フルートはミヤザワ製。見かける楽器屋さんはだいたいヤマハ。ヤマハのお店で出してもそれなりに修理してくれるのだろうとは思うのだけど、なんとなくメーカーが違うので気がすすまない。理由のふたつめにいくらくらいかかるだろうか?というのもありました。扱いが悪かったのか、取れた部分を直すのはどのくらいかかるのだろう? 長年使っていないから、取れた部分だけではなく、ちゃんと音が出るように(一応は出るのですが……)直すとなるとどういう修理が必要なのか、全くよくわかっていませんでした。

  思い立ってさっそく修理について調べてみると、近くの楽器店、専門業者に頼むなど、いろいろは方法がありますが、よくよく見ると製造元のミヤザワフルートでリペアが頼めることがわかりました。それなら製造元に問い合わせてみよう――サイトから修理についていくらくらいかかるものなのか聞いてみました。WEB担当の方が親切丁寧な返答をいただきました。これならよくなるかもと期待大です。オーバーホールも思ったよりは安く、フルート買いなおしたほうが安い、とはならないようでほっとしました。ただ、間違った手入れのおかげで「ヤスリで削ったような痕があります」と書かれていました……。シルバーポリッシュでごしごし磨いていたのがまずかったのですね。管のくすみやキズも気になっていたので、少し予算オーバー気味なのですが、再メッキもお願いしました。お盆と9月の連休があるので、いつもよりも納期に時間がかかるそうです。仕上がりは9月下旬とのこと。いい音がでるといいなあ。やる気も出して大事に手入れしようと思います。

 余談ですが、当時先輩方がヤマハのフルートを使っていたので、当然わたしもヤマハのフルートを買ってもらうつもりでした。顧問の先生に頼んだところ、一番安いものより、少しいいものを買ったほうがいいと勧められ、先生お勧めのフルートが届いたのですが、それがミヤザワのフルートでした。楽器と言えばヤマハと思っていましたから、聞いたことのないメーカーでどうなんだろう?と思っていました。中学生の知識はそんなものですね。フルート専門メーカーのものだと知ったのはかなり後になってからでした。ついでながら、リペアに出すに当たって、自分のフルートの材質とかも初めてしりました。古い楽器でも修理して使えるというのが嬉しいです。当時あまり顧問の先生は好きではなかったのですが、今ごろになっていろいろわかることもあるもので、秘かに感謝しているこのごろです。


posted by kmy at 18:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
家に楽器があって音楽ができるというのは楽しいものですよね。
わたしの場合は既に腕のほうが錆付いていて楽器をモノにできそうにありませんが(笑)。
戻ってくるのが楽しみですね。

子どものころってほんとうに何も知らないですよね。
自分が興味を持って始めたことであっても、それが楽器の演奏なら演奏にだけ興味があるのであって、こまごまと手入れしなくちゃいけないなんてゆめにも思ってない。
おバカな中学生だったわたしです。そのまま大人になったような…(汗

年をとって気づかされることもまた多いものですねえ。
Posted by ヤヤー at 2009年08月10日 14:20
ヤヤーさん
やっと修理する気になりました(汗)
ヤヤーさんのお子さんはきっと吹奏楽部で上達されたことかと思います。
わたしもかなり錆付いているとは思いますが……基本からやり直してみようかと思いつつ。
ヤヤーさんはサックス担当だったでしょうか。

中学生のころは、こういう手入れでOKと勝手に思い込んでいましたが、かなり間違っていますね。
改めて、ちゃんとした道具を買おうと思って眺めています。
そのうち曲が吹けるといいのですが。まずはロングトーンと音階からかもしれません。
Posted by kmy at 2009年08月10日 20:50
kmyさんがフルートの経験があったとは、全然知りませんでした!
楽器の演奏って、楽しいですよね。
一人で演奏しても、何人かで合わせても。

きっとすぐ勘が戻ると思います。
楽しんで続けてくださいね〜
Posted by 二尋 at 2009年08月12日 22:28
二尋さん
その昔、吹奏楽部だったのです。二尋さんは(娘さんも)マンドリンを奏でることができるのですよね。弦楽器は縁がないのですが、難しそうなイメージがあります。
誰かとあわせるというのがいいのかもしれませんが、なかなか周りにやってくれそうな方がいませんので、とりあえず一人で練習してみようと思います。直ればいい音がしそう、と勝手にイメージしていますが、練習を怠っているのでどのくらい音がでるか疑問ですが。
楽譜やCDも購入して楽しみたいと思っています。
Posted by kmy at 2009年08月13日 18:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。