2009年04月19日

"Tales from Outer Suburbia"

Tales from Outer Suburbia
Shaun Tan
Templar Publishing ( 2009-03-02 )
ISBN: 9781840113136


 Shaun Tanの新作です。前回の"The Arrival"とはまた違った味わいのある、手に取るだけでも「おお!」と唸りたくなる装丁が魅力の本です。絵本といえば絵本ですが、全く文章のない"The Arrival"とは違い、短編的なお話が15編。
 写真では分かりにくいのですが、古びた皺のある質感を印刷で出していて、染みや汚れもあるような感じになっています。さらに、タイトルと作者の文字が型押しになっているし、犬の座っているテレビ画面の部分も加工が施してあります。それだけではなく、開いてすぐの中表紙や目次などもすべて工夫され、Shaun Tan氏のこだわりというか、本全体がデザインされていて本文だけでなく、奥付まで楽しめるという本はなかなかないのでは? これはいろいろな方にみてもらいたい!と思う本です。

 さて、肝心の内容はというと、郊外の町で起こる、ありそうな不思議なお話です。そのひとつひとつのお話ごとにイラストがカラーだったりモノクロだったり、コラージュだったりと話が変わるたびに驚きます。次はどんなお話で、どんなイラストになるのだろう?とめくるたびにわくわくします。ただ、英語で書かれているので、辞書引き引きになってしまいますが、それほど難しい感じではないので、毎日1話ずつ楽しみました。ほっとするもの、ちょっぴり怖いもの。日常の少し先にある、たぶんあるんじゃないかなと思わせる続きのファンタジーという感じです。あれは何だったんだろう?というその答えをいつまでも探してしまうような、その余韻が残るものが多いように感じます。"Undertow"、"Make your own pet"、 "Distant rain"が気に入っています。アメリカ版もありますが、装丁が違います。中身は一緒なのでしょうか。これはこれで気になります。


posted by kmy at 18:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっ、なんだかそそられる紹介ですね♪
本という形状を十二分に堪能できそうです。

Shaun Tanはkmyさんの紹介がなければ注意して観ることがなかったと思います。
ちょっと古ぼけた味のある(セピアがかったといえばいいのかしらん)イラストが何とも言えません。

ペーパーバックになれば安く手に入れられますが、そうなるとハードカバーと同じように楽しめるかは疑問ですね。
毎日チェックして円が高いときに買おうと思います♪
Posted by ヤヤー at 2009年04月19日 23:11
ヤヤーさん
本を手に取った瞬間にいい意味で期待を裏切られました。アマゾンでの写真ではわからない部分が素敵。凹凸や裏表紙、見返しなんかも凄く凝っています。それだけでもわくわくしますが、話も日常からほんの少し先には不思議なことがある、という感じ、タイトルもそうですよね。
円高傾向だからか、日本の絵本とさほど変わらない値段というのも嬉しいです。

桜のラングドシャ、楽しみにしています♪
Posted by kmy at 2009年04月20日 18:42
わたしはこの作者の名前は聞いたことがなかったのですが、kmyさんの「これはいろいろな方にみてもらいたい!と思う本です!」というお言葉にすごく惹かれました。イギリスに行ったときに絶対に手に入れたいと思います。
Posted by みちえ at 2009年04月20日 19:08
みちえさん
この作者の絵は線画だったり、アクリル画だったり、コラージュだったりとさまざまな作風を楽しめる上、ちょっと奇妙な話というのがまたわたしの好みです。
本という形を最大限に作者がデザインしている、という雰囲気がとても素敵で、かつ楽しいという本はなかなかないかも、と思います。
手書きの部分も多いので翻訳には向かないように思いますが、手書き文字がかなり読みやすいのでは、と思いました。
書店で見かけたら手にとってみてくださいね♪
Posted by kmy at 2009年04月21日 19:29
ホント、絵本の楽しみが、十二分に伝わってくる紹介で、今すぐにも手に入れたくなりました。
とにかく、捜してみます。ワクワク。
Posted by noel at 2009年04月21日 22:33
noelさん
型押し加工の文字をついつい触ってしまいます。
古びた雰囲気の印刷で、一瞬、あれ、汚しちゃったっけ?なんて思ったりするくらいよく出来ています。
どの話も短いので、英語とはいえ読みやすいのではないかと思いました。
とてもオススメです♪
Posted by kmy at 2009年04月22日 20:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。