2006年01月07日

たまごに笑い、泣く

 昨年、サンタクロース氏は我が家に「たまごっち」というおもちゃをもたらしました。流行りものに弱いわたしは「えーっ! 今さらたまごっちなの?」と2005年を過ごしましたが、10年くらい前のブームのものとは違うことを知りました。以前のブームのころ、ちょうど勤め先のお店で抽選販売をしたり、店員は買えませんと言われたりしたことを思い出しました。調べてみると、当時とあまり状況は変わっていないようで、そのあたりのおもちゃ屋さんへ行ってすぐ買えるものではないみたいです。しかも、種類がいろいろあるらしくよくわからない〜。なんでもいいやと思っていたのですが、サンタクロース氏は11月に出た新製品を届けてくれました。オークションで買わなくて済んだのはきっとサンタクロース氏に願いが届いたからなのだ、と素直に感謝。そして迎えたクリスマスの朝、たまごが生まれました。


 順調に成長したたまごっち。そしてお見合いをして(お見合いって……と思ったけど、未来のたまごっちはもしかして「出会い系」機能に? あ、でもありそう。ネットで登録して相手同士のIDみたいのを交換するとか。ますます面倒にならないことを願います)子どもが生まれました。ここまではとっても順調。マニュアル通り。そしてたぶん、今日あたり子どもを残して親がたまごっち星に帰る(たまごっちが親から子どもの代に変わる)であろうというその晩、悲劇が起きました。
 突然ピーッと警告音らしき音がなり、「おかしっくなったー」と画面を見ると「ちょっとまってね」という表示。そのあとなぜか卵が生まれた?! ということは――どうも初期状態に戻ったようです。今まで集めたポイントもアイテムも全て消失……。「何いじったの?」「何もしてないよー。ふとんにおいただけ」せっかく育ったデータが消えて大泣き。仕方がないので今度は気をつけようと新しいたまごっちを育ててその晩は寝ました。
 しかし、翌日になると時計が止まっている! どうりでたまごっちが起きないはずだと、時計を合わせると動き始めました。しかし喜んだのも束の間。午前中に突然表示が消え、リセットするかどうかの表示が出ました。「ろーど」という方を選択すると元に戻るとのことなので「ろーど」を選ぶと、よかったよかった。なんて思ったのも一瞬でした。
 その後たびたび同じ状態になり、しばらくすると勝手にまたリセットされ、卵が生まれた……。電池切れマークも出るので電池も交換。今度は正常に動いているような気がする。「きっと電池が切れていたんだよ」と安心して就寝したのですが、翌日また時計が止まっている! たびたびリセット画面が出る! 「やっぱり壊れているんじゃないの?」 諦めて修理に出すことにしました。
 午前中に郵便局へ行って製造元バンダイの修理センターへ送付。修理センターは栃木県の「おもちゃのまち」にあるそうです。おもちゃのまち、何だかおもちゃが住んでいそうなイメージの名前ですね。おもちゃのまちで元気になって帰ってくるのを子どもは待ちわびています。

 やっぱりわたし宛にして選んだものって運がないみたい。そういえば友人の結婚式の引き出物で頂いたカタログから選んだものも結局廃止された商品だとかで、似たような別のものが年末に送られてきました。結構な割合で選んだ商品に難ありのわたしでした。


posted by kmy at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。