2008年12月18日

出来ないのはなぜ?

 クリスマスが近づいてきました。友人が以前「シュトーレン」を食べたいと言っていたので、作って送ろうと思いました。いつも作るレシピでは卵黄を使うので卵白が余ります。この余った卵白というのに悩まされますが、ついでにシフォンケーキを作って、一緒に送ればいいのでは?と思いついたのです。
 シフォンケーキの型は17cmで、あまり大きすぎず作りやすいサイズです。卵も3個で出来るので、ここに卵白1個分を足せばいいのでは、と思いました。まずシュトーレンの生地を作り、その後予熱を入れてから残りの卵白を足してシフォンケーキの生地を焼きます。今回はアールグレイのティーバッグがあったので、紅茶シフォンにしました。メレンゲを作って粉を混ぜて型に入れる。焼き上げること約30分。しっかり膨らんだようで、まずまず大丈夫そう。しかし、この後が一番問題なのでした。

 シフォンケーキを型からはずすことができない――これがわたしの最大の難点なのです。器用さに問題があるのか、どうしてもできません。いつもケーキまで切っています。もう一度本も確認し、そういえば今なら動画なんかもあるかも、と調べてみたらありました。



 凄いな〜。しゅるっと抜けてる。コツを読みつつ自力でやってみようかとぺティナイフを用意してそらせるようにして型を一周させる、真ん中は竹串で……と書いてあるとおりやったつもりがこの結果です。

siffon.jpg

 これはひどい。いつもよりひどいかも。大きくえぐれて、殆ど分解されていました。なぜでしょう? シフォンケーキ自体を失敗したことはなかったと思うのですが、自分で型から出して成功したことは一度もありません。というわけで、適当にちぎって、我が家のおやつになってしまいそうです。
 いつもは主人が型からぬく係なのですが、思い立って自分でやったのが間違いでした。今後、さらに自分でがんばるか、やってもらうか、いつも悩みます。何回かやったらコツがつかめるのかどうか、まったくわかりません。わたしとしては書いてある通りにやっているつもりなのになあ。

 「手はずし」というナイフを使わない技があるようです。今度それに挑戦してみようかと思います。ナイフがダメなら、別の方法で、それで出来ればいいのだけど……。

 というわけで、友人へシフォンケーキを送るのは不可能です。再度作り直してからになりそうです。


posted by kmy at 13:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょうど昨日、近所のスーパーでシュトーレンを買ってきました。このあたりはスペインでもドイツ人が多いので、わりと手軽に手に入ります。シュトーレンのほうも、ぜひ写真を公開してくださいね。
kmyさんにも苦手技があるなんて、ちょっとほっとしたような。なるほど、その形では抜くのが難しそうですね。
わたしも今年のクリスマスはダンディーケーキを焼こうと思い立ったのですが、スペイン人は家でケーキを焼かないのか、材料を揃えるのが難しくて断念しそうです。
Posted by みちえ at 2008年12月18日 21:44
みちえさん
ドイツ人がたくさんいらっしゃる地区なら、シュトーレンも本場の味付けかもしれませんね。
わたしが作るのは日本人向け(?)にアレンジされているレシピだと思います。
どっしりとした感じではなく、割と軽くて、あっさりめのバターケーキのような感じがします。
お酒に弱いのと、子どもが食べれるように(といってもうちの子はあまり食べません)、洋酒もあまり使わないので日持ちがしないかも?
たまにはおいしそうな写真をアップしようと思います。

ダンディーケーキというのは、いろいろなフルーツと洋酒たっぷりのイメージがします。少しずつ紅茶と食べるというのが合いそうなイメージですが、食べたことがありません。
クリスマスプディングよりおいしそうな気がしますが、こういう本格的なイギリスのものは買うことは難しいので、やはり自分で作って食べてみるのがいいのかもと感じます。
ただ、それが本場の味とどれだけ近いかというと疑問になりますね。(シュトーレンもそうですが)
楽しく作って、おいしく食べれればいいかもしれませんね。
Posted by kmy at 2008年12月20日 13:11
始めまして。


白身は冷凍保存ができます。
今フィナンシェを作るため、白身を収集中です。

シュトレン(stollen)は今のところ、ビゴの店のものが気に入っています。
ビゴの店はフランス系のパン&ケーキの店ですが、シュトレンはアルザス風(ドイツとフランスの国境近く。現在はフランス)なのでドイツの伝統を受け継いでいます。
一部のお店ではパンのようなまがい物のシュトレンを売っていますね。
手作りするとは、私が検索したレシピでは到底素人では作れない様で諦めましたけど・・・・
Posted by Emily at 2009年01月15日 21:18
Emilyさん
はじめまして。
フィナンシェ、おいしそうですね。
作ったことがないです。白身を使いますよね。
シュトーレンは本場のものを食べたことがありませんので、きっとだいぶ違うと思います。
シュトーレン風と言ったほうがいいのかもしれませんが、これはこれで好きな味で、毎年作っています。
フルーツを漬けて、じっくり時間をかけて、食べるのにも時間をかけて……そんなイメージがあります。
Posted by kmy at 2009年01月16日 18:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。