2005年12月01日

カレーパンというシチュエーション

 よく2日目のカレーがおいしいと聞くけども、我が家の2日目のカレーは必ずカレーパンに変身する。カレーパンを作ってからいつも悩むのが晩ごはんになるのかどうか、ということなのです。

 カレーライスというのはカレーとごはん。これだけあれば十分晩ごはんになってしまうのに、カレーとパンを組み合わせると、あら!不思議。同じカレー+炭水化物なのにこちらは晩ごはんとしては不適切な感じが出現するのです。カレーパンは揚げたてがおいしいので作るのは午後から。夕方あたりに揚がってあつあつをみんなで食べるのです。飲み物は各自お好みで。でもこれは晩ごはんじゃない感じがする。なにか違うのです。おやつなのかな? 午後の5時過ぎに。カレーパンは揚げ物ですから当然おなか一杯になってしまう。すると、晩ごはんはなんとなくいらないような雰囲気になって――さて、ここからが問題なのです。このあと、ごはんと味噌汁、おかずに漬け物的な晩ごはんをさらに出すべきか、それとも晩ごはんのふりしてこれで済ますか。

 というわけで、昨日のカレーが本日カレーパンに変身しました。そして、晩ごはんは?「今、おなかいっぱい。いらなーい」。そうだよね、晩ごはんみたいものだよね。でも午後7時を過ぎると子どもたち「晩ごはんは?」――やっぱり「みたいもの」なだけであって、カレーパンは晩ごはんとみなされないらしい。ごはんって言われてもそんなにきちんと食べたい感じじゃない。ということはカレーパンが晩ごはんになれば何にも悩むことなんかないはずなのです。どうしたらカレーパンが晩ごはんになるのか、その雰囲気をいろいろ考えてみました。カレーパンをおかずにごはんを食べる。これは明らかにおかしいですね。では、カレーパンとおかずを食べる。これなら、どう?スープとか作って、サラダとか添えたら? うーん、何か違う。ロールパンとかフランスパンならそんなに変じゃないんだけど。カレーパンとスパゲティっていうのも変だし、カレーパンとおにぎりも変。カレーパンと漬け物、合わないなあ。カレーパンとええとええと……。
 カレーパンはどうやって食べたら晩ごはんになるのでしょう? カレーライスのように晩ごはんらしくどんと出せるシチュエーションを知りたいと思う、カレーライス翌日のわたしでした。


posted by kmy at 20:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
う〜ん。真剣に考えてしまいました。

カレーパンがおやつよばわりされるのは、手に持ってかじりつくからではないでしょうか。同じような食べ物でも、ピッツァならお皿に乗せてナイフとフォークで食べるから、食事として認められるのではという気がします。

焼き芋やとうもろこしの茹でたの、たこ焼きなどは、ナイフやフォーク、お箸を使わないからおやつで、お好み焼きだとお箸を使うからかろうじて食事!?

カレーパンもお皿にのせてナイフで切って食べれば晩ご飯になるかな?でも、やっぱりふうふういいながら齧りつきたいですよね〜。
Posted by ビアンカ at 2005年12月02日 13:35
ビアンカさん、真剣に考えてくださってありがとうございます!
ピッツァなら認められる、確かにそうですね。たこ焼きは微妙……お好み焼きは関西じゃおかずとして認められますよね!
軽食っぽいものを夕方に食べるのがそもそも間違いなのかもしれません。でも平日だとどうしても夕方になってしまいまって、結局また軽食に軽食を重ねたような夕食をとることになってしまいました。
熱々をかぶりつく幸せを満喫する、ということで家族は満足しているようです。
Posted by kmy at 2005年12月02日 14:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。