2015年08月06日

安房直子さん語り

昨日、なんとなく娘と安房直子さん作品について何があったか語り合いました。

娘「森野屋のジャム、あれ、瓶に『レッテル』を貼るんだよね。『レッテル』って言葉がなんか凄いよね」

これは『あるジャム屋の話』。鹿がジャムの「ラベル」ではなく「レッテル」を描くという表現が安房直子さん独特な感じ。

「おばあさんが針刺しをくれる話。これを投げて、みたいな内容でさ」
わたし「亀がお嫁さんにするとか言って、女の子をさらってきたっていう話じゃなかった?」

『日暮れの海の物語』です。読み直したらちょっと違ってました。女の子はさらわれたのではなく、亀に追われていました。人魚姫を思い出す悲しい話。昔話なら亀は王子だったかもしれない。安房直子さんの物語は切なく悲しく終わる。

「バームクーヘン焼いてたよね、べにばらホテル」

『べにばらホテルのお客』は少し長めで、確かきつねが出てくる。自分のブログに感想がありました。読み直したいけど、家にないのが残念。

娘「暖炉でスープ作る話あった」
わたし「違う違う、暖炉じゃなくてストーブ」
『火影の夢』は一番好きな作品。異国の不思議なストーブを燃やすと女の人が現れ、スープを作ってくれる。全部飲んではいけないと言われているけども、飲み干してしまって...。この作品に出てくる魚の首飾りにずっと憧れています。腕輪でもいいな。


わたし「『雨の日はレモン色のかさをさしましょう』って、青いかさ作ってたけど売れなくなった話とか」
『青い花』は教科書に載っていたはず。一生話とタイトルを忘れない。


娘「鍋持って豆腐買いに行きたかったな。それだけがしてみたかった」
わたし「油揚げですずめがお稲荷さん作ったの覚えてる。あれが一番良かった」
わたし「豆腐で鍋やるのもあったね」
娘「『ひぐれのラッパ』、怖い話だった」
娘「高野豆腐の話もあった」
『ねこじゃらしの野原ーとうふ屋さんの話』(『すずめのおくりもの』、『ねずみの福引き』、『ひぐれのラッパ』、『星のこおる夜』)。連作短編で、それぞれとうふ屋さんの家族が出会う不思議な話。とうふ料理が美味しそう。ラッパだけはぞっとする怖さ。灰色の世界と金色のラッパのコントラスト。『星のこおる夜』はタイトルも素敵。お礼にもらった凍った星のかけら、欲しい。

娘「いたちがローラスケートするやつ」
『風のローラースケート』も連作短編。いたちとローラースケートという面白い取り合わせ。ローラースケートを履いて逃げるいたちが盗んだ手作りベーコンが美味しそう。ゆきのしたホテルの話もいいですね。


わたし「青いアイシャドウ塗ると花畑が見える話、知らない?」
『夢の果て』。この終わり方、安房直子さんらしい感じがします。すーっと異世界へ行ってしまう。夢中になっていつのまにか違う世界へ踏み込んでしまい、それっきりというお話は幾つかあります。

わたし「うさぎのぬいぐるみとエレベーター乗る話」
『空にうかんだエレベーター』。これ、大好きです。うさぎのぬいぐるみが女の子のものになって嬉しい。汚れても大切なもの。

娘「木の穴みたいのに吸い込まれちゃうのもあった」
『野の音』。これは怖いお話。

娘「あやとりの話、あったね」
「なんか暗くて悲しい話多いよね」
『青い糸』もよく覚えている。『夢の果て』も青だったし、憧れは青い色で描かれるのだろうか?  憧れた空想の相手の元へ取り込まれて行ってしまう。それがごく自然に行ってしまう。そういう世界へ行ってしまうと戻ることはなく。安房直子さんの世界。

娘「帽子屋の話、覚えてる」
「トルコ帽でしょ」
『ライラック通りのぼうし屋』。トルコ帽というのがなんだかいい。実際トルコ帽なんて見たことないです。


娘「女の人が窓を磨く話、そこしか覚えてない。なんだっけ」
これ、わかりません。あったような感じもする。娘が「安房直子さんじゃないかも」と言うけど、窓を磨く女の人というキーワードしか思い出せないとのこと。ああ、気になる。なんだっけ。
久々に安房直子さんの本出してきて、読んでます。美味しそうな描写がたくさん。家にないのは今度図書館で借りてこよう。





posted by kmy at 19:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 安房直子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする