2015年06月10日

クルコフ氏インタビュー

3月の記事ですが、朝日デジタルにアンドレイ・クルコフ氏のインタビューが掲載されていました。15歳からずっと日記をつけているというクルコフ氏は、ウクライナ、キエフ在住でマイダンにお住まいだとのこと。ウクライナ危機の暴動について、つぶさに感じ捉え綴った「ウクライナ日記」が欧州でまず出発され、ロシア語版も最近出発されたとのことです。日本語版も予定されているそうで、小説ではないですが、心待ちにしています。
ウクライナとロシア、欧州の関係というのは理解するのが難しいと言うか、はっきり言ってわたしには遠い国であり、ウクライナと密接に関わりあっていたのは旧ソ連圏のロシアというイメージでしかありません。しかし、インタビューでクルコフ氏はウクライナの欧州志向について触れ、ロシアはウクライナを支援しつつ自分たちのものとみなしていたと言っています。この「奴隷状態」にはもう戻らない、ロシアとは戦争している状態と語っています。ロシアとの関係修復には一世紀半かかると言っています。

ウクライナとロシアは異なる、クルコフ氏のノンフィクションでさらに詳しく知りたいと思います。


本を読むために始めたロシア語ですが、ウクライナ人が主人公のウクライナの小説だな、と続編ではさらに強く感じる場面もありました。読んでいるのはロシア語だけど、ロシアの小説ではないのだと思いました。それでも、国がどこだからということを抜きにして面白く心に残る小説だからこそ、多くの国で翻訳され、愛読されているのでしょうね。

(有料記事ですが、無料会員登録で読めます。2015/6/10現在)
posted by kmy at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。